2012年04月27日

プロジェクト・名もない絆』チャリティコラボ作品展開催

プロジェクト・名もない絆』チャリティコラボ作品展開催!!








とき:5月1日〜31日
場所:銀座(東京都中央区銀座5-2-1モザイク銀座阪急)

共演:shu(復興支援ソング『名もない絆』作詞)、
    REN(同曲タイトル書)、
    写真家山崎浩一郎、
    表具師高居茂雄

併設展示:SHASHINNOCHIKARA47+
日本赤十字社写真展
       タツ・オザワ写真展
       足立学園書道部作品展
       プロジェクト名もない絆支援地写真展 ほか       

みなさん、お誘い合わせの上、奮ってお越しください!!
情報拡散していただけると助かります。よろしくお願いいたします。
  
※入場無料
※展示作品は販売されます。売上は全額「あしなが育英会」に寄付され、東日本震災・津波で親を失った子供たちのための義援金となります。
  

2012年04月20日

日本の現状は世界の注目

原発に反対?それとも賛成?

原発は電力コストが安くなります(東電/政府)それが本当だとしても惨事を招いたら、とんでもないコストがかかる。人の命がもっとも優先されているけど、人は環境に生かされている。その環境そのものが汚染されていく。。奇形児も増えるだろうし、チェルノブイリ原発事故は5年後に甲状腺異常が急激に多発している。




災害コストは、消費税や環境税またはその他に新しく採択されようとしている税金などの増税から資金を捻出しようとされていますね。

原発マネーは日本を動かしている支配者階級にとってはどうみても金銭面や役職面で最上の打出の小槌。




交付金、固定資産税、広告料、出演料、研究費、どれをとっても莫大な費用が飛び交う。





ダム作りもこのような手順でしたがダムを造るには’土地’が必要です。日本のダムの数は建設中のを含めて約3200ヶ所。もう造る場所は限定されて来ていますし、反対派も多くなって来た。

では原発はどのくらいかと言うと、日本は、アメリカ、フランスに続いて、「54基」(世界第3位)もの原発を持つ国。特に福井、福島、新潟など限られた地域に集中して、すべて海沿いに立地されています。。





国民の為の政治と事業はどこに行ってしまったんだろう。。。
『いかにすぐれた才能があっても、

健康を損なってしまっては


十分な仕事もできず、

その才能もいかされないまま

終わってしまいます。


では健康であるために必要なことは何かというと

栄養であるとか、休養とかいろいろあるが、

特に大切なのは心の持ち方です。


命をかけるというほどの熱意を持って

仕事に打ち込んでいる人は

少々忙しくても疲れもせず、

病気もしないものです。』


日本は人材の宝庫。なのに箱である国そのものが、、

『現在与えられた今の仕事に

打ち込めないような心構えでは


どこの職場に変わっても

決していい仕事はできない。



ひとたちに良いようにされている。。

松下幸之助氏が生きていたら何て言ったんだろう。  

2012年04月15日

今日の第一原発報告

こんばんは。

いまさっきの事ですが福島の方のメールをシェアさせて頂きます。

『今日、第一原発の現場に入りました。

業務上の守秘義務もありますが、書けるだけ書かせて頂きます。

重要免震棟で説明を受け、骨組みだけになっている4号機、3号機を間近に見てきました。
本日の最高値は1,000μsv/h。異次元の世界です。

素直な感想としては、進んでいるが進んでいない。そして進んでもいるということ。
重要免震棟は線量の確保ができていますが、一歩外を出ると高い線量であることは紛れもない事実。

そのような中で◯◯くんをはじめ、最前線でこの事故を押さえていこうと、尽力している方々がいること、当然のこととして仕事をしている方々がいることが、自身にとって大きな励みになりました。

間違いなく言えることは、現場の支えがなければ、東日本は吹っ飛んでいました。
今でも千本近くの燃料棒がむき出しの燃料プールに残っており、格納容器よりも危険な存在です。
今回の事故は、いい意味では上澄みの爆発。燃料自体の反応で燃料そのものが飛び散っていれば、われらが八王子メンバーでさえも当事者になっていたという甚大さを実感しました。

そして、誤っていけないのは、今回の事故は最悪ではなかったこと。
重要免震棟がギリギリ半年前に完成していなければ、現地での対応は不可能であり、間違いなく今の日本はないということ。幸いなことに最悪を免れることができたという、恐ろしい事実をもっと皆で共有すべきと感じます。

いいですか、本当にぎりぎりの状態でした。今、それぞれの事業をどう展開させていくかといった議論をしていますが、それは奇跡的なラインが守られたから出来る話にすぎません。
隅田であれ、八王子であれ、日立であれ、東京全体であれ、おそらく西日本であれ、紙一重だったのです。そしてしっかり対応しなければ、これからも紙一重であり続けるのです。

ふくしまが当事者というのは明らかな誤解。本当に日本全体が当事者となるべき問題なんです。きっとこれを実感はできないでしょう。キツメのトーンになってしまいますが、共有できる皆さんだからあえて言います。
この重さを心に刻みつけてほしい。

その上で、当事者としてやはり皆さんにはかかわってほしい。
当事者として、外部支援者ではなく、自分自身が自分自身の仕事やライフスタイルをどう見直していくか、この原発に依存するエネルギー消費の仕事やライフスタイルの在り方を、真剣に考えるしかないと感じます。

むき出しの鉄骨を見て、改めて事態の深刻さを痛感しました。テレビとは明らかに違うのです。そして、その現場で体一つで作業している方々がいます。
その中には被災者がいます。
われわれ日本人はそういった方々に今この時も支えられているのです。

改めて福島を支援するということが誤解であることを実感しました。
逆に福島の地で今を支えていること、それによって日本が支えられているのです。

だからこそ、この問題は皆がまさに当事者なのです。
東京にいては分からない。福島市にいては分からない。

ゆえに分からないではなく、想像を働かせる、思いを巡らせるしかないのでしょう。

第一原発の構内でわれらの◯◯さんの伊達重機のクレーン車と運命的にすれ違いました。逃げない彼らがいる。そういった人がいるから、普通の生活が送れている。それは今も変わらない。

皆さん、原発が収束していないというのは事実。そして福島の問題ではないことを、しっかりと共有しましょう。ふくしまの問題と考えること自体が誤りだと、本当に痛感しています。

それが私の今日の報告です。』

以上です。
  

2012年03月29日

「子どもの健康相談会」いわき市相談会

いつもブログへの訪問ありがとうございます。「がんばろう!東北!!」根本 芳広さんからの情報提供です。

【拡散希望】福島県いわき市にて下記の要綱にて「子どもの健康相談会」いわき市相談会を行います。「子どもたちを放射能から守る全国小児医ネットワーク」の先生方のご協力を頂き、次の日程で「子ども健康相談会」を開催いたしますので、いわき市内のお知り合いの方々に、この胸の拡散をお願い申し上げます。宜しくお願いします。

========================

小児科や内科の先生方に個別に健康相談を受けることができます。(ただし、医療行為は行ないません。)総合磐城共立病院においてホールボディカウンタにより内部被ばく検査を受けた方、学校でクイックセルバッチによる積算線量(外部被ばく線量計)の測定で健康に心配や不安のある方は、この機会に健康相談を受けられてはいかがでしょうか。

日 時平成24年4月28日(土)  午前11時から午後4時30分まで(予定)

場 所:いわき市役所 久之浜・大久支所2階会議室

予 約:事前に予約が必要です。FAXまたは電話にて、4月16日(月)までに、いわき市 久之浜・大久支所にご連絡ください。申し込みにあたっては、お子さんの氏名、年齢性別、保護者の氏名、連絡先、希望時間、
      (希望する時間がとれない場合があります)

甚だ恐縮ですが、定数70名になり次第締め切らせていただきます。
その他:測定結果通知があれば幸いですが、なくても大丈夫です。

連絡先:いわき市久之浜・大久支所 電 話(0246)82-2111
                 FAX(0246)82-4412

相談時間:午前11時~、11時30分~、午後1時30分~、2時~、
        午後2時30分~、3時~、3時30分~、4時~

所要時間:1人20分程度   定数(面接できる人数)70人程度
協 力:久之浜・大久地区復興対策協議会 安全専門部会(事務局 久之浜・大久支所)

【担当】いわき市久之浜・大久支所 遠藤  

2012年02月18日

気仙沼地区への物資 至急募集! とシェア 依頼


皆様、おはようございますface02。以下の内容を読んで頂いて、この情報をシェアもしくは物資を出せるような方がいましたらぜひお伝え願います。温度差がひらかないように、ひらきすぎないように常に情報や何か出来る事を探す気持ちは持っていたいものです。



一般社団法人 東日本復興支援機構 平手FB係 , 〒981-3213  宮城県仙台市泉区南中山1-30-14  

2月16日 第二便気仙沼へお届けしました!ご協力ありがとうございます。
2月 8日 第一便気仙沼へお届けしました!ご協力ありがとうございます。

2月16日支援物資搬入時に現地からご要望がありましたので。何卒ご協力をお願い致します<(..)>

◎集会所に常備する備品
1.全自動洗濯機    2台(中古可できれば新品)
2.卓上ミシン      10台(中古可できれば新品)
3.子ども達が遊べるおもちゃ
4.子ども達が読めるコミック・書籍(コミックシリーズ物はセット物)
5.整理棚・パイプラック  3台

•全自動洗濯機は、ご高齢者が多い為にご自分で洗濯を出来ない方々の洗濯物を、集会所でまとめて洗濯を行う為
•卓上ミシンは下記で詳細説明を記載します
•子ども達が遊べるおもちゃは、週末に近隣で暮らす家族がおばあちゃん・おじいちゃんの元へ遊びに来ますが、近くに公演や遊戯設備が無い為
•子ども達が読めるコミック・書籍も上記詳細と同じ
•整理棚・ラックは、集会所内での湯のみや細かな備品を整理する為

◎卓上ミシンの活用方法
牧沢テニスコート仮設住宅は、ご高齢者の方が多い上に世帯数が少なく、年金生活をされて居られる方も多く居住されています。自治会費の収集も思う様に行かないのが現状です。
そこで自治会では《古着を使った小物作り》を始めて、出来上がった物は支援団体・ボランティア団体が買い取ります。その収益を自治会費にあてる事で、自治会の自立から生活再建へ繋げて行こうと頑張っています。
しかし、今の所ミシンが1台しかありません。そこで皆さまにご協力をお願いいたしました。
この様な【共同作業】が、孤立や孤独感の解消に繋がります。
何卒ご協力ください。<(..)>

◎卓上ミシンと合わせてご支援をお願いしたい物資
1.アイロン&アイロン台      10台
2.ミシン用糸 #30番手      各色
3.裁縫用品             各種


★2月16日 気仙沼搬入時に他の仮設住宅からご要望があった物資取りまとめ
1.空気清浄機         合計10台
2.子ども達が遊べるおもちゃ
3.集会所に置ける書籍

現地の方々も本当に前向きに、生活の再建に取り組んで居られますので、何卒ご理解の上 ご協力をお願い致します。

◎弊社Webページで詳細等を記載しておりますので、何卒語確認の上発想下さい
http://fukkou-shien.org/?cat=9
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は気仙沼からの支援依頼

TEAM HEART SAVERでは、いつも鈴鹿の倉庫でお預かりした物資を仕訳して、ニーズのある被災地へお届けしていたのですが、今回はこの極寒の中、リアルタイムに物資を被災地へお届けしたいため今回は仙台直送でまた皆様にご協力をよろしくお願いいたします。

お届けの地区は、気仙沼の18か所(800世帯強)の仮設住宅を予定しています。

この地区では、高齢者の一人暮らしの方が多く、買い物を行くにも雪道の林道を急勾配の坂道を登りさらに一番近いバス停まで、1キロ以上も歩いてバス停に行って、バスに乗って買い物に行かないと行けない地域もあり、生活消耗品、レトルト食品の常備が必要となっています。

また、この寒い中仮説住宅では、断熱・調湿状態が悪く家の中が湿気ってしまい、ふとんも不衛生な状態となっています。

週末などにボランティアが入り、布団乾燥機を使って対応していますが、布団乾燥機の台数が少なくてとても追いつかない状態です。

その為、今回はこの地区への支援を積極的に行ってる 【東日本復興支援機構 さま】直送扱いで物資募集をします。

ご指定させたいただいた物資以外で、ご提供いただける方は今まで通り【TEAM HEART SAVER】にてお預かりします。

いつも、お願いばかりですが、ぜひ皆様のご協力をお願いします


【ふとん乾燥機 情報】
http://ranking.rakuten.co.jp/rnk/navi/g208360/

【平成23年12月30日釜石市への被災地訪問活動報告】
http://teamheartsaver.blog.fc2.com/blog-entry-56.html
こちらもぜひご覧ください。

【東日本復興機構宛必要物資】 こちらは宮城県仙台市へ直送ください。

※カラーボックスは予定台数を確保できました。ありがとうございますV(^^)

◎現在 気仙沼市内で村上充さんが個人支援を行っている仮設住宅のリストです
 この他『在宅被災者』の支援もされておられます。

☆気仙沼仮設住宅リスト(村上充 支援巡回仮設)
1,気仙沼市赤岩牧沢138-6
  牧沢市営テニスコート 仮設住宅
2,気仙沼市赤岩牧沢44-180 
  気仙沼市総合体育館 仮設住宅 
3,気仙沼市田谷14-1
  田谷公園 仮設住宅
4,気仙沼市後九条281 羽黒神社敷地内
  後九条児童遊園 仮設住宅
5,気仙沼市大峠山1-305
  大峠山 仮設住宅上 
6,気仙沼市西八幡前217-2
  西八幡前 仮設住宅
7,気仙沼市松崎高谷298
  面瀬地区保育所用地仮設住宅
  (面瀬ふれあい仮設住宅)
8,気仙沼市赤岩老松133-1
  赤岩老松住宅南1-2  仮設住宅
9,気仙沼市下八瀬435-3 (170世帯)
  五右衞門ケ原運動場 仮設住宅
10,気仙沼市上田中2丁目9番
  反松公園 仮設住宅  (96世帯)
11,気仙沼市物倉山6番地
  水梨小学校 仮設住宅 (40世帯)
12,気仙沼市字岩月寺沢44
  面瀬中学校住宅  (156世帯)
13,気仙沼市長磯中原125
  階上中学校 仮設住宅  (96世帯)
14,気仙沼市松崎柳沢229
  松崎柳沢 仮設住宅(上)
15,気仙沼市笹が陣4-5
  気仙沼公園 仮設住宅
16,気仙沼市笹が陣4
  気仙沼中学校 仮設住宅
17,気仙沼市田中前4丁目8
  条南中学校 仮設仮設
18,気仙沼市田中前3丁目3
  田中公園 仮設住宅
19,気仙沼市長磯七半沢60
  長磯七半沢 仮設住宅
20,気仙沼市最知南最知304-12
  南最知東 仮設住宅 (40世帯)


☆引き続きお願いしている物資
・布団乾燥機
・加湿器
・白米・各種レトルト食品・各種缶詰

食料では、白米・各種レトルト食品・缶詰等を中心にお願い致します。
日用品では、歯磨き粉・シャンプー&リンス・洗濯洗剤等

〒981-3213  宮城県仙台市泉区南中山1-30-14    
一般社団法人 東日本復興支援機構 平手FB係  
TEL(022)779-7358  FAX(022)342-9477
http://fukkou-shien.org/?page_id=180


【TEAM HEART SAVER宛物資】

その他賞味期限の6か月以上の未開封乾物食品、食器類全般、タオル類、洗剤・石鹸・化粧品類
生活消耗品全般、生活備品全般、文房具、湯たんぽ、コタツ、アイロン、掃除機などその他被災地にて必要と思われるもの、
衣類については現在たくさんお預かりしているため新品下着、靴下、Tシャツ、トレーナーなど汎用のきくもののみお預かりします。

〒513-1123 三重県鈴鹿市下大久保町2486-2 四日市運送㈱ 内 FB係
TEL059-374-4116 FAX059-374-1412 宮 崎 和 弘 090-8952-1786
HP http://www.yokkaichi-exp.com/ E-mail spga2np9@coda.ocn.ne.jp





昨年まで7千人が暮らしていた場所。津波が来る事を予想するとここには建物が建てられないそうです。  

2012年01月27日

東日本大震災/大川村慰霊祭

内容をごらんになって頂いて、賛同していただけましたら拡散して下さい。ご協力宜しくお願いします。藤井慶輔

東日本大震災から1年目の大川村慰霊祭

日時:2012年3月9日~11日3日間
時間:日没開始
場所:宮城県石巻市長面湾周辺

人が住んでいるにも関わらずこれから先数年間、電気、水道等の復旧の見込みがないこの地域に『CHIKAKEN』の竹あかり(http://chikaken.com/)と福島県会津若松市のキャンドルアーティスト轡田ろうそく工芸のmasaeさんが綺麗な夜空の星の下に500メートルにわたり幻想的な灯りの世界を創りだします。
そこで竹あかりだけではなく、他のあかり(キャンドルやイルミネーション、雨や風に強いあかり)を使ってあかりの世界を創っていただける方を大募集します!







代表:羽石 友寛さん

https://www.facebook.com/profile.php?id=100003034506877

※地元の人にも作れるようなもの
協力いただける個人、団体の方お気軽にFBへコメント・メッセージお待ちしております(●^A^●)

★詳細★
日時:2012年3月9日~11日3日間
時間:日没開始
場所:宮城県石巻市長面湾周辺


募集内容
・「灯」の世界を創っていただける方(地元の人にも作れるようなもの)(どれくらいの範囲で何百メートル用意可能か)
・当日までに何度か現地まで足を運んでいただける方(地元の人に教えてもらう為)
※注※申し訳ありませんが、交通費、宿泊費、運搬費等のできる方でお願いします。

★同時にフラワーアーティストも大募集!!
竹あかりとコラボレーションで大きな祭壇を作りたいと思っています。
当日各地域の住職に供養のためにお経を読んで頂く為
※申し訳ございませんがこちらも費用は自己負担していただける方でお願い致します。


  

2011年11月27日

第2回 見でけらっせん気仙!募集開始!

第2回 見でけらっせん気仙!募集開始!

nature04
『見でけらっせん気仙!』とは?

岩手県沿岸南部気仙地区(大船渡市・陸前高田市・住田町)の方言で「見てください気仙を」と言う意味です。

被災地の現状を自分の目で見て、空気を感じ、自分に何ができるか?何をするべきかを考える旅。
作業服を着て長靴はいてスコップ持って!と言うスタイルの「災害ボランティア」でないと被災地入りしてはいけない・・と思っていませんか?

現地では「今の現状を多くの方々に見て皆さんで考えてほしい、忘れないで欲しい・・」という意見が多くでています。

この旅ではテレビ映像とは違う被災地の真の現状をしっかりと見て、その空気を感じ、市民の皆さんと交流し被災体験や現状の課題を直接うかがうことができます。
傾聴ボランティアとして被災された方々からのお話をうかがうことにより、今後の被災地支縁のあり方や自分や家族の命を守るための防災・減災知識を得ることになるでしょう。


※浜松出発便ですが東名高速・東北道まで来てくだされば乗車・降車いただくことも可能です。
(参加費・乗車場所は応相談)


企画名:第2回 見でけらっせん気仙!face01face01


日 時:平成23年12月9日(金)20:00出発~11日(日)20:00頃帰着
※お申し込み締め切り12月5日(月)

定 員:20名(53名乗り大型バス使用予定・最大定員30名程度・最小催行人員15名)

対 象:東日本大震災被災地復興支縁活動に関心のある方でしたらどなたでも
また長時間のバス移動に問題なければお子様も参加可能です。

持ち物:2日分の着替え・洗面道具・防寒着・クッション・ひざ掛け・毛布・耳栓・アイマスクなど

宿泊先:フレアイランド尾崎岬 コテージまたはバンガローにて男女別に相部屋

主 催:災害被災地支縁団体 えにしのざ

後 援:大船渡市・陸前高田市・住田町に承認申請いたします

旅行取扱:岩手開発観光(JTB)


『第2回見でけらっせん気仙!』参加費 ※代金はすべて税込

・「交通・宿泊費」
往復交通費+宿泊費+11日の朝食代
お一人31,000円(基本料金)※20名までは2名席を1名で使用できます

参加者の増加により参加費はどんどん減少していきます!
20名参加の場合:25,000円
25名参加の場合:21,000円
30名参加の場合:18,500円
35名参加の場合:17,000円
40名参加の場合:15,000円

・「交流会費」
交流会参加費(事前申し込み・参加自由)+タクシー代=6,000円

・「お申し込み方法ほか」
基本料金+交流会費(参加の場合)の指定口座への入金確認後にお申し込み完了となります。
参加者増加による減額分は車内にて返金清算いたします。
なお、ボランティア保険料490円・11日朝食以外の飲食費は別途実費です。

旅程概要

12月9日(金)
20:00 浜松駅付近出発
(車中泊)


12月10日(土)
8:30  陸前高田市視察
市職員または市民ガイドから被災体験談や現状の課題などもうかがえます

10:30 大船渡市視察
市職員または市民ガイドが同乗し市内視察・仮設店舗訪問などを実施

12:00頃 昼食

13:00 市民をお招きして「お茶っこ」と呼ばれる気軽なお茶会で傾聴ボランティア活動

15:00 お茶っこ閉会・宿に移動し休憩

19:00 大船渡市内にて市民との交流会開催

22:00頃 交流会閉会
タクシーに分乗して宿へ(泊)


12月11日(日)

7:00 朝食後大船渡市出発

20:00頃 浜松市着(解散)


第2回見でけらっせん気仙!についてのお問い合わせ、参加のお申し込みはenishinoza@gmail.comまたは080-5138-3411松井までお願いいたします。

支援から支縁へ!災害被災地支縁団体 えにしのざ 幹事/担当 松井伸行 


っということです。


詳しくはこちらから http://enishinoza.hamazo.tv/e2917420.html


拡散御願いしますnature16
  

2011年09月16日

告知:全国一斉ネイチャーゲームの日 

NPO日本ネイチャーゲーム協会からのお知らせですface01












全国一斉ネイチャーゲームの日 東日本大震災復興支援チャリティイベント開催




<チャリティイベント開催情報>(2011.9.5現在、把握してる会場情報を掲載しています)


東北

岩手県  10月15日 盛岡白百合学園小学校(盛岡市) もりおかネイチャーゲームの会
 (この会場は当HPでの参加者募集は行なっていません)

岩手県  10月16日 岩手県立花巻広域公園ぎんがのもり(花巻市) いわて花北ネイチャーゲームの会
(この会場は当HPでの参加者募集は行なっていません)

関東

東京都  10月16日 新宿御苑(新宿区) 社団法人日本ネイチャーゲーム協会
http://www.naturegame.or.jp/experience/event/tokyo/001291.html


神奈川県 10月30日 等々力緑地(川崎市)予定 かわさきネイチャーゲームの会 (掲載準備中)

東海

愛知県  10月16日 明徳公園(名古屋市) なごやネイチャーゲームの会 http://www.naturegame.or.jp/experience/event/aichi/001267.html

近畿

京都府  10月16日 京都御苑 御所(京都市) 京都府ネイチャーゲーム協会 http://www.naturegame.or.jp/experience/event/kyoto/001265.html

中国

山口県  10月16日 下関青年の家(下関市) 下関ネイチャーゲームの会 http://www.naturegame.or.jp/experience/event/yamaguchi/001298.html



詳しくはこちらのHPをご覧下さい。http://www.naturegame.or.jp/square/sinsai/cat514/001266.html


その他のイベント:

NPO日本エコツーリズム協会の全国エコツーリズム大会 in 岩手のご案内です。http://ecotourguidekei.go-jin.com/e25740.html

NGOホールアース自然学校が主催する『福島を元気にする子どもキャンプ IN栃木』の案内です http://ecotourguidekei.go-jin.com/e25224.html

どうか拡散/シェアをお願い致します。  

2011年08月29日

福島を元気にする子どもキャンプ IN栃木

ホールアース自然学校が主催する『福島を元気にする子どもキャンプ IN栃木』のPRです。


福島を元気にする子どもキャンプ IN栃木

9月17日(土)~19日(月・祝)


【対象】いわき市在住または、震災によりいわき市から避難されている
小学1年生~中学3年生

【場所】星ふる学校「くまの木」(栃木県)
http://kumanoki.or.jp/
【集合】
9:00 いわき市(福島県) 
※詳しい場所は後日ご連絡いたします。
12:30 現地
星ふる学校「くまの木」(栃木県)

【解散】
14:00 現地
星ふる学校「くまの木」(栃木県)
17:30 いわき市(福島県)

【料金】 3,000円
(交通費・生活費・保険代込み)
【定員】 25名


僕自身の経験ですが、ホールアースのスタッフは経験も研究も豊富、そして危険察知能力も抜群で国内でもトップレベル。そしてトムソーヤ、麦わらのルフィみたいなスタッフなので相当楽しめるはず。子供達を自然にかえしますよ〜!僕自身が参加したいです。





内容
・川遊び
・川の生き物探し
・食事作り
・ナイトハイク/生き物探し
・キャンプファイヤー など



ホールアース自然学校は震災直後より福島県いわき市での災害支援活動を行ってきました。
※詳細はhttp://blog.canpan.info/wens-support/ をご覧ください。

我々、富士山の麓で子どもキャンプ行う団体として本職の「子どもキャンプ」での支援を行いたいと考えキャンプを企画しました。

大災害という自然の脅威を目の当たりにした今だからこそ、自然の偉大さそして温かみをキャンプを通してお持ち帰りいただきたいと思います。





今回の舞台は栃木県の里山!
廃校となった小学校でのワクワクそして、ドキドキのキャンプです。
暑い昼間は川遊びをして、夕方は虫探し。
夜には肝試し(ナイトハイク?)キャンプファイアーもしちゃおう!!
里山の魅力を思い切り体験するキャンプです!!


という事です。お知り合いに『いわき市に住んでいる』キャンプが好きなご家庭がいましたらぜひ教えてあげて下さい。






詳細は、、http://www.wens.gr.jp/program/camp/2011/fukushima-camp.html

ホールアース自然学校は、その他にも様々なアウトドアツアーをしています。満月カヌーとか、富士山登山とか、トレッキングとかface01親子プログラムなども満載です。http://wens.gr.jp/program/outdoor/index.html

  

2011年08月12日

東松島 HANABI プロジェクト









1111発の花火を打ち上げる壮大な企画です!応援して下さい。

プロジェクトの概要 http://socialimagine.com/hanabi/

‎『2011年3月11日に発生した巨大地震、大津波・・​・東松島市では、1000人を超える尊い人命が失われ、浸水域は市街地の65%に達する大災害となりました。
あれから4ヶ月、震災被害の状況を踏まえ、全国各地で自​粛モードが拡がり、多くの花火大会や夏祭りの開催が見送られています。

そんな中、東松島市の皆さんが、3.11以降、支えてく​れた全国の皆さんへ感謝の思いを、元気に生きていること​を伝えたいと、
“ありがとう”「東松島 元気フェスタ」​を8月20日に開催することを決められました。私たちSocialTOURは、このフェスタを応援すべ​く、
復興支援協賛企画としてHANABIをプレゼントし​ます。

私達が、贈るHANABIは、打ち上げて終わるものでは​ありません。そこから、今後の支援が始まる内容にしてい​ます。  続きを読む

2011年06月20日

福島支援イベント:拡散お願いします。

‎山田 桂一郎さんと馬場 幸蔵さんが連携して、地元受け入れの準備をされているこのツアー。14日夜には、裏磐梯で前知事佐藤栄佐久さんの講演も予定しているとの事で、参加者は首都圏から募りバス2台を目標にしているとの事。

福島の「観光」が原発事故で予約キャンセル続出する中、エコツーリズム、新エネ視察ツアーなど「視察」文脈で「ふくしま観光」の経済復興の一助に首都圏にお住まいのお友達のみなさんへ、是非、情報を拡散してご協力を!






■ツアー企画のお知らせ■

NPO法人 日本エコツーリズム協会(JES)企画

【兼高かおる・山田桂一郎と行く!! 「がんばろう福島」応援ツアー】


この度の震災により風評被害で困っている福島県内の檜枝岐村、裏磐梯を応援するツアーです。 TBS の長寿番組として知られる「兼高かおる世界の旅」の兼高さんと一緒に行き、現地でエコツアーに参加します!観光で日本を元気にしましょう!

★お申込頂いた本旅行商品の収益の一部(ご旅行代金の3%相当額)を福島県へ寄付致します。
  続きを読む