2014年04月30日

ポールさん

知り合いの宇宙人ポールさん。

スプリングブルックオブサバトリーにいるんだけど、宇宙にめっちゃ詳しい方です。

ツアーでお世話になってます。 http://springbrookobservatory.weebly.com

まぁ初めて紹介した方は驚くけど、人類皆兄弟だよね。同じ原子だもんで。

ぜひ会いに行って〜〜


  

2014年04月12日

庭に来るカンガルー

カランビンのエコヴィレッジへ行って来た。

お友達のお婆ちゃんが住んでいるんだけどね。

このエコヴィレッジの建物はどれも新築・・・・だけど廃材で作られているから驚きです。

夜行性の動物も多いため、ここでは街灯を作らないようにしているんだって・・・

そうだよね。

夜は暗いんだ。

月明かりは明るいんだ。

当たり前を知らない人が多いから、エコヴィレッジでの生活は目から鱗がでるような感覚を受ける人が多い。

自然の流れで自然に任せて・・・・・・

そんな生き方をしたい人が集まっています。


カンガルーもの〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んびり・・・・・・・・・・・・

いいよね〜



  

2014年04月11日

朝露のハンモック

雨が多い時期はウキウキするんだ。

朝早く散歩するだけでこんな光景に会えるから。

クモ君クモ君素敵な世界をシェアさせてね。

さぁみんなも探してみてね。雨の後は違う香り景色がそこにあるから。


朝露のハンモック
  

2014年04月04日

出張先は自然の中

僕の新しい形エコーリズムコーディネーターです。

オーストラリアがエコツーリズムの先進地と言われる所以である【環境に対する持続性、社会的な持続性、ビジネスとして持続性】・・・このしくみが観光業界にも行政にも国としてきちんと出来ているところです。

オーストラリアでエコツーリズムを学ぶ場合、この部分を無視してエコツーリズムは語れないのです。


フレーザー島の世界初のエコリゾートの立ち上げの一人であり、日本エコツーリズム協会 ( http://www.ecotourism.gr.jp )の理事であり小林寛子女史曰く、、、、【環境に対する持続性はもちろん、社会的な持続性、そしてビジネスとして持続性です。これが3つ備わっていないと生態に留意しているだけではいけません。ビジネスとしてきちんと採算が合ってこそ、収益が環境保全のために還元されるという考えです。】

そのためエコツーリズムオーストラリア協会  ( http://www.ecotourism.org.au/index.asp )のエコツアーオペレーター認証制度、エコガイド認定制度が存在します。

フレーザー島からボルドロック国立公園まで、国立公園管理局の仕組み、オーストラリアのエコツーリズムの仕組み、環境に対する取り組みの仕組みを至る所で垣間みました。改めてオーストラリアはエコツーリズムの先進国だと実感・・・・・・・・


というわけで出張先は自然の中・・・・こんな嬉しい事は無い。

今回のコーディネートは、、参加者を乗せたキャラバンカー(!!)で世界自然遺産のフレーザー島〜〜野生のイルカの餌付け〜オーストラリア最大の花崗岩地域 ボルドロック国立公園〜ゴールドコーストまで(僕のブログで【オーストラリアの国立公園 】を検索して下さい。過去に行った記事がみれます) 走行距離1800kmを走り抜ける事・・・やりきったぜ。。

宿泊はキャラバンの中です。みんなで走り、苦楽を共にし、みんなで泣ける位の感動する。。。

海も空も大地も宇宙も・・・・・そして僕たちも・・・・全てが繋がっている奇跡を体験したよ。
























でも地図上で見ても・・・・我々の走行距離1800kmなんて、、、ほんの少しなんですよね。普通に数千キロ走るから・・・・オーストラリアはおっきい!!!まだまだオーストラリアの自然を堪能したいんダァァアアア〜〜〜〜

  

2014年03月27日

必見です。ユーカリの界面活性剤!!

オーストラリア自然不思議発見隊!オーストラリアEA認定エコガイド藤井慶輔のバーチ­­ャルエコツアー 「第2回 ユーカリの界面活性剤」です。


誰もが知っているユーカリの樹。その種類は800種類以上あります。そしてその成分は­言わずと知れた強力な殺菌抗菌除菌作用があります。雨の日の驚きと言えば・・・
これ・・・・・・↓





誰もが予想できない事がユーカリに起こります。口で言っても信用してくれない方も多い(笑)ので画像と動画載せます。

雨のユーカリ原始林ではあっちこっちで泡だらけ・・・ツアーだけの秘密、、ちょっと公開しますよ〜〜

  

2014年02月21日

ハローを探す

皆さんはハローって見た事ありますか??





もしかしたらないかも。。。。もしかしたらでも一生に数回しか見ないかも。半径約46度の円。。。英語ではHalo(ハロー),日本語では暈(細かく分けると内暈・外暈がある)と呼ばれ、太陽にかかる虹の輪。

それはそれは神秘的です。

滅多に見れなよそんなの。。。。というかもしれません。でも実はそんな事ないんです。

ハローは雲を形成する氷晶がプリズムとしてはたらき、太陽や月からの光が氷晶の中を通り抜ける際に屈折されることで発生します。これは雨が降る予兆です。空にうすーーーーく水蒸気がかかっている日、例えば今日のゴールドコーストみたいな日はこれが見やすいのです。

なので僕はハローが見えたら近いうちに雨が降るという予言者みたいな事を周りに言ったりします。これが結構当たるため、大切なスケジュールが入っている方など、明日の天気を聞いてくる人もいます。そこまで分からないです笑


普通の曇り日でも子供たちと一緒に’ハロー探し’をしてみてはどうでしょう?

きっと楽しいと思いますよ。太陽は絶対に見ては行けません!これは約束してくださいね。目がみえなくなりますから!!

普通の曇り日。。。。。でも天空には。。。。。。↓

  

2014年02月19日

水の惑星に育まれる森

ゴールドコーストの今日は晴天!
しかし昨日の午前中はどんよりでした。その時間帯。。。僕がいたのはスプリングブルック国立公園のカルデラの頂上。

ゴールドコーストの雨を作る大切な’釜’の形をした地形の頂上にいました。

車で向かう事ゴールドコーストから1時間。

駐車場につく頃には辺り一面別世界。。霧で覆われた深い緑の森から呼吸を感じました。それは参加者も同様。

森に入らなくても、じーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと目を凝らすと。。。。

小さな水飛沫のような水分が’飛んでいる’。

水の惑星に育まれる水の森’’多雨林の世界’’がそこにありました。

まだ森には入っていない状態でしたが、参加者に伝えるとみんな優しい表情になっていきました。

僕たちは呼吸のできる水の中=霧の中を歩きました。

大陸の深海を歩きました。

我々しか体験できない体験を森が用意してくれた気に少し思えました。

ありがとう。


  

Posted by K at 05:40Comments(0)Sence of Wonder

2014年02月05日

オーストラリア自然不思議発見隊! 第1回 カンガルーの足

オーストラリアの自然の世界を生で見れるように。。また、エコツアーガイドになってみたいという方の見本やインタープリテーションのコツになるような事を発信していきます。

オーストラリア自然不思議発見隊! 第1回 のタイトルは「カンガルーの足」です。

じゃん!草原歩いていて発見!

カンガルーの足(だけ)face02




一緒に行った人たちは足だけのカンガルーにface08引いてましたがね。。。僕は惹かれるんです。

実は皆さんご存知のコアラやカンガルー、ポッサム、ウォンバットなどカンガルー目たちの後肢には秘密があるんです。

いずれの動物の第2趾と第3趾(人差し指と中指)が癒着していることが特徴なんですね。

小さいながらも癒着して指が結ばれているように見えるのでかつては『ユビムスビ科』という科が設けられていました。

使い方は・・・・使い方は。。。。。。。カンガルーは何に使うんだろう。。。。。コアラはこの癒着した部分を使い、毛繕いをします。

コアラなどは腕の手にある5本指のうち親指と人差し指が癒着していて実質4指にしか見えないから面白い。かつてコアラを抱っこした方は写真をよーーーーーく見てみてください。きっと4本にしか見えないと思います。

コアラはつるつるのユーカリに登る為、親指と人差し指がくっついていて(癒着)とんでもない握力を生み出しているのです。

さて、、、話はカンガルーです。カンガルーの後肢、第1趾(親指)は通常欠けており、第4趾(薬指)はかなり長くなっています。これはアキレス腱を最大限利用するための進化でしょう。小さいながらも残る癒着した第2趾と第3趾(人差し指と中指)。。。ようくカンガルーを観察してご報告しましょう。


*動画は音が出ます。周りの迷惑にならないように楽しんでくださいね。

  

2014年01月06日

原生林

異常な暑さが続きます。

気温40度から44度を記録したゴールドコースト、ブリスベン、ボーデザート一体を横目にスプリングブルックはどよよ〜〜ん天気で非常に快適そのもの。


。。。だけど雨が来ない。。。。。



山の多雨林は頑張って雨を作ろうとしている感じが伝わってきました。

我々は数ヶ月間雨が降らないとうろたえるけど、何千年何万年、何千万年も残ってきた原生林にとってはなんでもない事なんだろうなぁ。


威厳を感じる。また森もその感覚に応えるように姿を魅せます。


  

Posted by K at 06:41Comments(2)Sence of Wonder

2014年01月04日

鏡よ〜かがみ〜

心の中の自分が外に出た

自分から出た心がそれぞれ分散する


優しい心

嫌みなここロ

謙虚なココロ

傲慢なこころ


助けるこゝろ

憎むココろ

愛するKOKORO



飛び出たこころがひとになった



自分の周り人たちは自分そのもの







こころは環境に反映する  

2013年11月09日

巨大トカゲ ゴアナ登場

景色も素敵だけど、森のさえずりや香りも素晴らしいけれど、やっぱり生き物との遭遇はドキドキわくわくします。

暑ーーーい夏の訪れ。

今年はジャカランダもポインシアナも咲くのが1ヶ月以上早かったです。


そしてこれから夏の主役と言えば。。。スプリングブッルク国立公園ではこの子。世界最大のオオトカゲで人も襲われてしまうほど大きいコモドドラゴンの近縁種ゴアナ!!




レースモニターもしくはゴアナと言われています。名前のモニターとは追跡者という意味です。蛇のように獲物の温度を感知してエサになる小動物を地を這うようにゆっくりと追跡します。開拓時代、オーストラリア中にいるこのオオトカゲを見た入植者はイグアナ(Iguana)の仲間と思ったそうです。それがなまり現在のゴアナ(GOANNA)という言葉に変化したと言われています。

舌は途中­から二股に分かれるタイプのトカゲでオーストラリアには25種類います。スプリングブ­ッルク国立公園にもよく出没。でもねゴアナはとても優しいんです。この日は1m30cmくらいの子がでてきました。

「まだあどけない可愛い子ですね」っというと参加者から驚きの声が。。。思わずシーっとジェスチャーface06

確かに。。。慣れていないと遠くからチョロチョロと割れた舌をチラつかせてノシノシと歩いてきたら怖いわな。。。


スプリングブッルク国立公園でBBQの設備を使い(決められた合法エリア)をしていると肉を狙って「ワライカワセミ」「マッグパイ」「キャラワン」などが肉を狙いジーーーーーーーーーーーーーーーーーっと見てます。その視線が嫌です笑。そしてこのオオトカゲも距離を保ち様子をうかがいにでてきます。

慣れているオーストラリア人はこのオオトカゲが近づいても全く相手にしていません。それよりも飛行する鳥に気をつけないと肉を一瞬で取られて泣く思いをしますよ。

近づかない。脅さない。えさを与えない。生態系に影響することを考えながら自然を大切にしたいですね。ちなみにこの動画はゴアナの方から近寄ってきたので撮りました。 

  

2013年10月14日

コアラを探しに〜「獣道」

50万人都市のゴールドコースト周辺はコアラの住む森が比較的多い。

サーファーズパラダイスやサウスポートから15分も車で移動すると、夜は星が綺麗だし野生のワラビーやカンガルー、コアラがいる。

花蓮と恒例になっているコアラ探し〜〜〜〜〜〜。




森の気配を感じて歩く。。。ような事をしなくても良い。
子供ってあるがままなんだ。全てをニュートラルに受け入れる。すごいんだ。。先入観や固定概念がないから感性が自由そのもの。だから僕にとっては先生そのもの。マンネリ感や表面だけの綺麗事を払拭してくれる。

子供が好きか嫌いかを判断し覚えるのは周囲の大人の「言葉」の存在が影響する。お母さんが「虫が嫌い」「怖い」「嫌だ」いう否定語の言葉を発すると子供の脳にコンピューターに入力するように「虫は嫌いなモノ」「怖い」「嫌なモノ」とプログラミングされていく。否定語は自分を守る言葉として脳にインプットされていくので、その後の訂正が非常に難しくなる。

逆に脳の性質を利用し、どのようなプログラミングをしていくかしぼって接していくと子供は制限なく伸びる。

大人になっていくと、興味がなければ森に入っても動じなかったり、森は宝だよって気づかないと感動までたどり着けない。家族であれ、友人であれ、身体や精神を形成する食であれ、生かされている環境の存在であれ、大人になると気づかないと大切にできない物が多すぎる。やっかいだ。


コアラやポッサムの爪痕

コアラやポッサムの爪痕



オーストラリアはどの環境もユーカリが支配をしていて森があるとすれば99%それはユーカリの種族で形成された森だ。まず木の表面を見てみる。そうするとアイスピックで削ったような痕がチラホラついている。場合によっては傷だらけの木も多く見られるはず。それがポッサムやコアラなどの「獣道」だ。シドニーやメルボルンの方も注意して見てみてほしい。きっと爪痕が見つかるから。




看板をみると犬や猫は禁止になっている。そのまま野生化をすれば犬や猫が土地の動物や鳥類を大量虐殺する可能性もあるし、犬や猫を知らない動物や鳥類たちは第一逃げ方を知らない。それに細菌発生の危険性もある。だからオーストラリアの全ての保護区は外来種の犬や猫は散歩がてら国立公園や保護区に入る事は禁止になっている。

朝の森は甘露と森の香りが素晴らしい。こんな森で朝を迎えたいものだ。でも寝泊まり禁止><





この時期はユーカリも花を咲かす時期。
英語名のEUCALYPTUSはそのまま学術名でもあるのだがその意味は、EU=よく。CALYPTUS=被さっているという意味だ。

乾燥し、紫外線のつよいオーストラリアでは、花のつぼみがそのまま枯れてしまう事もあったのだろう。ユーカリの定義は学術名のごとく「よく被さっている」。花のつぼみには植物繊維の帽子が「よく被さっている」のだ。

それを、そう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っととってみると。。。。。ほら。。




香りを嗅ぐと新鮮なユーカリと蜜の香りが良い香り。。。。ね。




この時期の朝の森は、すーーーっとするユーカリと甘ーーーーい蜜の香りが充満してる。

「あ!!」「コアラ居た居た!!」




っと思いきや。。。実はこれ、シロアリの巣。コアラだと思ってなんど騙された事か。でも山火事があったり、シロアリを狙う生き物から免れる為にシロアリはユーカリの木の上に巣を作るんだよね。これもひとつの生態系。

香りも、鳥のさえずりも聞こえて楽しかったから4kmなんてあっという間。。。。抱っこしてとは一言も言わなかった。

コアラの落とし物みーーーっつけた!!!良い香り。純粋にユーカリの香りがするんだ。




ん〜〜〜いないなぁコアラ。結局この日は見つからず。

また探しに行こうね。  

Posted by K at 18:55Comments(0)Sence of Wonder

2013年10月13日

母娘

生まれた瞬間から

あなたを中心に人生が回り始めた

私がすることを一生懸命まねしようとする

いつのまにか立てるようになって

いつのまにか話せるようになって

いつのまにか大きくなって

泣いた時は泣きながら走ってきてくれる

私がぎゅっと抱きしめなくても

あなたの方から抱きしめてくれる

’今’がきっと幸せなんだろう

旅立ちもきっとあっという間にくるんだろう

思い出の色はどんどんセピア色に変わる

母娘




  

2013年10月12日

ゴールドコーストの恐竜展散策

パシフィックフェアーで行われていた期間限定のDinosaurs Adventure ~walking with dinosaurs~に行ってきましたよ!!!!




いやぁ、規模は小さいけどあの演出は、、、、効き過ぎ笑。

怖すぎて入れない子供たちもいたと思うぞ。花蓮はビクビクして入りたがらなかったです。

暗黒の雰囲気の中、関係なミニパターゴルフもあり楽しめました。

動画挿入も初めてなのでテスト〜〜〜

  

2013年10月10日

森のルビー

透き通るほど真っ白く背の高い木の落としもの


落ちていたのは、そら豆ほどの大きさの樹液のルビー。


これはブルーマウンテンアッシュというユーカリの木の樹液。見つけたのはゴールドコーストのスプリングブッルク国立公園標高700mの地点。

ブルーマウンテンアッシュというとシドニーのブルーマウンテンを多い浮かべる。そのまんまブルーマウンテンにちなんでいる。ブルーマウンテンで名付けられたからだ。

だけどオーストラリアの東海岸線山岳部にの600 から1,200 mそして年間雨量 900 から 1400 ミリの場所にの間にはたくさん生えている。

赤いのはタンニンという赤ワインで知られる成分。

食べてみたけど苦い苦いface27

森を歩いているとたまにこんな宝石に出会えるものです。



  

2013年08月06日

夜明けの時間

冷え込む空気

闇の時間から光の時間へかわっていく景色

鳥たちのさえずり

緑の香りがいたるところから香ってくる

見えなくなっていく星々

藍色とオレンジ色の空

今日も命の躍動を感じる

夜明けだけの貴重な瞬間

動かないものも感じてみて

今だけの貴重な時間がみえてくるよ




  

Posted by K at 05:38Comments(1)Sence of Wonder

2013年04月18日

エコガイドもセラピストも・・

ガイドもセラピストも役割は同じ。





ヒトに感動を創るということです。





結果、受ける側にとっても心身ともにリラックスエーション以上の感激と感動が自然と湧き出て来る。

エコガイドもセラピストも知識、技術、智恵、経験を駆使できれば、その余韻は参加者やクライアントやお客様の人生観に大いに影響する。

エコガイドもセラピストもまずは、目の前の人が何を求めているか見極めなくてはならない。

見極めなければ、『ただの説明』あるいは『型はまりアロママッサージ』に成り下がってしまう。自分勝手さ、もしくは無神経さが出ている型がハマり過ぎたガイドやセラピストほど無惨なものはない。

エコガイドの役割はエコの種まき。セラピストの役割は幸せの種まき。ならば共にツアーや施術を始める前のプランニングにこそ最も気を配らなくてはいけないなと思う今日この頃。
  

Posted by K at 05:37Comments(0)Sence of Wonder

2013年04月14日

ちょっとひと休み





どうしようもなく気持ちが疲れた時は、(風邪ひかないように)厚着して(濡れすぎないように)レインコートを着て芝や木の根もと。それから森の地面に座るんです。

1時間でも2時間でも座ります。

そんな時こそ忍耐強く座るんです。

そのうち余計なもやもやが流されて。

気がつけば、純粋に雨の音や風の角度や温度や強さ。

森や野の香り、草や地面、ユーカリの香りがどんどん強くなっていくんです。

肩こりや首の重み、頭の重たさがス〜〜〜〜〜〜〜っと消えていくんです。

まるでオーケストラのように色々な音がする。

舞台をみているように落ち葉も草も水たまりも躍動する。

止まる事のない壮大な時間を虫レベルで感じる。

気付けば分かる。

分かれば変る。  

Posted by K at 04:53Comments(3)Sence of Wonder

2013年03月15日

朝露のハンモック

雨が多い時期はウキウキするんだ。

朝早く散歩するだけでこんな光景に会えるから。

クモ君クモ君素敵な世界をシェアさせてね。

さぁみんなも探してみてね。雨の後は違う香り景色がそこにあるから。


朝露のハンモック
  

2013年03月15日

朝露のハンモック

雨が多い時期はウキウキするんだ。

朝早く散歩するだけでこんな光景に会えるから。

クモ君クモ君素敵な世界をシェアさせてね。

さぁみんなも探してみてね。雨の後は違う香り景色がそこにあるから。


朝露のハンモック