2014年04月26日

やっぱバイロンだよ

バイロンベイってさ・・・・・・・・・・・・・やっぱりバイロンベイだよね。。。。。。。

あの雰囲気・・・・風・・・・・・・空気・・・・・・・色・・・・・・・・・・・自然・・・・・・・・・・・・・・ひと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バイロンはバイロンなんだよなぁ・・・・・

なんかバイロンとかスプリングルックの森にいるとさぁ

ブランディングとかリピーターアップ〜とか口コミアップ〜〜〜とか・・・・どうでもよくなるよね。

他には無いブランディングとか言っても、もともと自分以外自分居ないし。

リピーター増やせって言ってもきちんとした事してれば人は着いてくし。


人それぞれ違うし、真似たりしてるからニッチが偏るんだよな。

自然はいろいろ教えてくれる。

人の目を気にするよりもやる事やりきれるかどうか・・・やりきった事よりもっとできるかどうか・・・・昔も今もそっちの方が俺は大切だなぁ・・


  

2014年04月24日

今日はバイロンベイだ!



陰陽
陰は陽の如く 
陽は陰の如し
嫌な気分は自分で作ってる
苦みを調理して良い日にしてこう
一日を創る
一日のこの時間帯が一番好き



  

2014年02月21日

ハローを探す

皆さんはハローって見た事ありますか??





もしかしたらないかも。。。。もしかしたらでも一生に数回しか見ないかも。半径約46度の円。。。英語ではHalo(ハロー),日本語では暈(細かく分けると内暈・外暈がある)と呼ばれ、太陽にかかる虹の輪。

それはそれは神秘的です。

滅多に見れなよそんなの。。。。というかもしれません。でも実はそんな事ないんです。

ハローは雲を形成する氷晶がプリズムとしてはたらき、太陽や月からの光が氷晶の中を通り抜ける際に屈折されることで発生します。これは雨が降る予兆です。空にうすーーーーく水蒸気がかかっている日、例えば今日のゴールドコーストみたいな日はこれが見やすいのです。

なので僕はハローが見えたら近いうちに雨が降るという予言者みたいな事を周りに言ったりします。これが結構当たるため、大切なスケジュールが入っている方など、明日の天気を聞いてくる人もいます。そこまで分からないです笑


普通の曇り日でも子供たちと一緒に’ハロー探し’をしてみてはどうでしょう?

きっと楽しいと思いますよ。太陽は絶対に見ては行けません!これは約束してくださいね。目がみえなくなりますから!!

普通の曇り日。。。。。でも天空には。。。。。。↓

  

2013年11月27日

Tropical Fruits World 旬の果物☆

今のトロピカルフルーツワールドは楽しい!!!

今はちょうど季節の変わり目!!!なのでツアーで出てくる果物も、春/夏が来るから爽やかな甘みの果物と、ねっとりとした冬/秋の果物が勢揃い!!!

わはははは。これが特徴があって美味しいんです!!


果物だって季節によって味覚が変わる事を知っているから夏や秋の果物の味が違うのです。

夏は暑いから、果物は極上に甘かったり水分が多かったり、ジューシーだったりします。それから解熱作用があるっていうのも夏の果物の特徴だよね。

秋は冬に備えて栄養のあるもの(リンゴとか梨とかビタミンCの多いもの)や、ねっとり感のある柿のような食感が多いね。

パイナップルの房からブラッドオレンジ、ブラックサポーテ、イエローピタヤ、パパイヤ、ジャボティカーバ、カニステル、アボカドのハス種、マンゴーーーです。




今ゴールドコーストにいる人はぜひ食べてみてくださいね〜〜。  

2013年11月06日

アボカド4兄弟



 左からLINDA,REED,HASS,WURTZ

HASS種は日本でよく見るアボカドです。このアボカドは和名がワ二ナシ。鰐の皮に洋梨の形をしているからだそう。

ここトロピカルフルーツワールドでは一年中オーガニックのアボカドがとれます。それも樹齢60年以上のアボカドの木ばかりで、その種類なんと19種類!!しかし世界には1000種類以上あるというから驚きです。僕は19種類しか食べた事ありませんが味はそこそこ同じかなぁ。クリーミーだったり濃かったり薄かったりは感じました。

オーストラリアで最も最初にアボカドが(試験的に)栽培されたのがトロピカルフルーツワールドからゴールドコーストの辺りなので、観光的にいうとゴールドコースト内陸で仕入れるアボカドこそゴールドコーストの名産物と言えるでしょうね。勿体ない。

さてお客様にもいうのですが、脳梗塞予防、高血圧予防、動脈硬化予防、心筋梗塞予防、がん予防、便秘改善、便の量を増やす食物繊維も豊富、尿の量を増やすカリウムも豊富だから利尿作用に効果がありますし、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を高めてくれるビタミンEを多く含む事でも知られますが、なんと言っても14種類のミネラルと11種類の天然ビタミンの量です。しかも体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する消化酵素、代謝を高め脂肪を燃焼させエネルギーを作るオレイン酸も多い。食べるだけじゃなく運動もしましょう〜

何とも良い事尽くしです(食べ過ぎは注意)が栄養が多い分、家畜や鳥類がアボカドを食すと中毒を起こす事でも知られているんですね。雑食の人間にとっては栄養でも他の生物にとっては毒だったりします。ひとは植物を栽培をする事で中毒性のある成分をなくし人間にも食べれるようにしてきました。野生のトマトは人が食べると酷い中毒性があるのですが、市販のトマトは問題ないですもんね。

オーストラリアでも日本でも世界でも陸のバターや森のバターと称されるアボカド。トロピカルフルーツワールドのアボカドをうちは離乳食に使いました。たくさんはアレルギー体質になる可能性もあるのでミルクと混ぜたりして成分を薄めます。花蓮は大好きです。

それとわさび醤油で食べると尚更アボカドの出来がわかります。美味しいのなんのってもう止まりません。あとマヨネーズに混ぜても美味いなぁ。



特にトロピカルフルーツワールドのアボカドは誰が食べても今までで一番美味しいと言われます。アボカドの淡白な味の奥行きは刺身の味を比べられる日本人には特に分かりやすいのです。

健康かつ微生物豊かな大地に根を張るトロピカルフルーツワールドのアボカド!いつかご賞味下さい。  

2013年10月31日

バイロン岬〜毒蛇に注意〜

暖かく湿気のある気候が続く数日、バイロン岬にはこんな標識が。。。。

国立公園レンジャーに聞いてみるとブラウンスネークがちょこちょこ出てくるそうな。




ブラウンスネークはオーストラリア全土に生息するコブラ科の毒蛇で神経毒を持つ。オーストラリアで一番遭遇しやすい猛毒の蛇だと思う。その辺の公園や人間が住む民家やその縁の下にも頻繁に出没する。。だから毒蛇にかまれて亡くなった人やペットが一番多いのもブラウンスネークなんじゃないかな。

僕もスプリングブッルク国立公園やラミントン国立公園で何度も遭遇した。それに近くの普通の公園でも散歩中やジョギング中に遭遇した。ちょっとしたストレッチをするのにも細心の注意をして芝生に寝転ぶようにしてる。特に水辺にちかい芝生ではね。



オーストラリアンズーにて。。。この写真を撮った時も緊張した。ガラス越しですけど><


まぁオーストラリア人なら毒蛇で危険だと認識あるブラウンスネーク。。。けれど外国人なら、捕まえようとしたり、追っ払おうとする可能性も否定はできないですね。

神経毒は厄介です!でも追いかけなければ大丈夫。人を見たら大抵蛇の方から逃げるから。でもこの動画を見てみてください。追いかけてます。。。真似しないように。。。。夏のオーストラリアは海も森も気をつけて遊びに行きましょう〜〜〜

  

2013年10月16日

さよならザトウクジラ

北に行くザトウクジラはもういない。

そして多くのザトウクジラが南に消えて行っています。

多くの障害を乗り越え南北に移動を繰り返す。

今のバイロンベイでは子連れのクジラも多く見られ、今年は特に多くのクジラが生まれた模様。

お母さんクジラの真似をして、ちっちゃなブリーチングやちっちゃなペタルスラップが何とも可愛い。

2年ごとに南極から帰ってくるクジラ。今年のクジラに会うのは2年後です。

今年もありがとう。

気をつけて帰ってね。

バイバイ〜〜〜




  

2013年10月11日

クジラウォッチング最高の時期

昨日はバイロンベイに行ったのですが、見渡す海でザトウクジラがブリーチングと言って巨体を空に舞い上がらせていました。20頭以上は見たんじゃなかろうか。今はクジラウォッチング最高の時期ではないだろうか!!!


バイロン岬の湾。そこは南極から北上してきたザトウクジラ達の休憩所であり、出産する神聖な湾なのです。我が物顔であらゆる土地を自分のモノとする人間が登場する遠い昔。。。数千万年前から、海洋生物たちはこの湾を聖地としてきたのです。

とりわけ南極が寒さを増すシーズン。地球上最大種のほ乳類たちは南極から5000km以上も離れたこの湾を出産区域に選びました。

大きな湾は速い潮の流れをせき止め、生まれたばかりの赤ちゃんクジラや年老いたクジラ、傷ついたクジラを包み込みます。この湾で英気を養ったクジラは、南に流れる潮に乗り、また南極へと帰っていきます。

1940年代から始まった捕鯨の津波は、静かだったこの湾をも飲み込みました。

自然とクジラが集まる湾は瞬く間に捕鯨の中心地と化しました。ブラバーと言うクジラ特有の脂肪分を人間が狙い、大量のザトウクジラの死体があげられました。当時の資料では10m以内のコクジラは捕鯨を見逃されたようです。ですがザトウクジラの寿命はおよそ80年とされます。当時、親を殺されたクジラが大きく立派になり今日もこの湾を通っているのだろうかなと、ふと思う時があります。

石油化学の発達とともに時代はブラバーを必要としなくなりました。もしその発達がなければ恐らく否応無しに捕鯨は続いたのではないかな。

時代は流れてクジラは捕鯨から保護へ。捕鯨資源から観光資源へ変わりました。

バイロン湾はボートやクルーザー、ジェットスキーの乗り入れも禁止。ゴールドコーストでは豪華に見えるボートやクルーザー、ジェットスキーもバイロンの湾に浮いていると異様で邪魔なものに見えるから不思議です。

オーストラリアや世界中で大人気のツアーであるクジラウォッチングのクルーズやイルカへの餌付けなどもバイロンの湾一切禁止しています。


バイロンの湾ではザトウクジラは観光資源でもない。クルーザーが猛スピードで近づいてきて、間近で観光の為に人間に監視される事も無い。乱暴な言い方かも知れないけど、時にクルーザーは狂ったようにザトウクジラを追う事があります。もちろん法律は厳しく、100m以内には近づいてはいけないし、逆にザトウクジラから船に近づく事が多いです。クジラも友好的です。だけど近づいてほしくない時だってあると思うな。


バイロンの岬では毎日、ザトウクジラの数、大きさ、などが数えられて岬に来る観光者はある程度、情報は見れるようになっていますが、あくまでも岬から人間は見ているだけ。ただただ地球に生きる同じ生命体として尊重されているのです。

暖かく、海も砂も綺麗で住みやすい場所は人が人の環境を作ります。だけどバイロン市はそうさせない。トップの人間にはきっと莫大な金額になる開発オファーがたくさんあると思う。だけどバイロンに住んでいる人がそうさせない。世界にひとつはそんな場所があっても良いと思う。

そんな優しいバイロンが好きです。


  

2013年09月09日

幸せ探し at Byron

幸せ感ってストレスより見つけにくい

でも探したら結構見つかるんだよね。

広い心の海の中

今日も一日ハッピー探しの始まり

気づきの始まり

自分に正直にいこう





















バイロンでは調査の為でもあるが国立公園レンジャーや生物学者、ボランティアのマリーンレスキュー隊がクジラを観測しています。クジラの尾っぽの裏部分は人間の指紋のように個体別に異なります。そこまでは見えていないけど一日中バイロンを通過するクジラの数を調べています。

今は南極に帰るクジラと未だに北上中のクジラが交差するんです。今の次期のバイロンおすすめですよ〜〜〜。


北上するザトウクジラ。壮大なパフォーマンスはしていなけど、、、なんだかな。。この2頭。。。幸せそうなんだ。クリックして見てみてね。
http://www.youtube.com/watch?v=T0hNSzqC6o4  

2013年03月08日

イルカ雲〜プカプカぁ

久しぶりに晴れたバイロンベイ。

海の水は焦げ茶色face19

そこに空の青い色が反射して何とも深みのある構造色という超レアな色合いに感動face05

その海でanimal02animal02animal02animal02animal02animal02animal02の30頭くらいanimal02animal02animal02animal02animal02animal02animal02のグループをanimal02animal02見。animal02animal02animal02animal02animal02animal02

久しぶりの大陽に子供イルカもジャンプしまくり!!

そして上を見上げると・・・・





まったり雲のanimal02の形に。。。icon06

だけど写真撮った時には遅く・・

ナポレオンフィッシュ??アイーンしているイルカ???ハタ科のアラ????アンコウ?????のような形になっちゃった。

ともあれ、雲にも癒された一日でした。  

2013年02月26日

『楽に行こう』な車 in Byronbay





好きな所に好きなだけ居る

寝たい時に好きなだけ寝る

遊びたい時に好きなだけ遊ぶ

旅に行きたくなったら気楽に行く

こんな車と一緒に旅に出たい


バイロンっていつも大切な何かを持っているよね。

だから好き。  

2013年01月20日

小人のカヌー発見!!!





ビーチをブラブラpeople31

たくさんのカヌーイストが海岸線にいました。

白い砂浜でヒトはそれぞれ準備運動をしていました。

ふと。。。。。足下を見ると。。。。

水際には、小さな小さなカヌーがプカプカ浮いているではありませんか。

これはきっと。。

小人さんたちのカヌーなのでしょうね。

  

2013年01月18日

僕の好きなアングル

バイロンベイの濃い青色の空と真っ白な灯台が好き。

ある角度から撮るとこんな景色が記録される。

肉眼では見れない角度から撮るこのアングルは。

僕の最も好きな写真になります。




  

2013年01月12日

ジャァ〜〜ックフルーッツ!!!





今年は本気でフルーツが豊作です。今の所,一番重いもので34キロ。ですがこのままいけば40キロ級まで成長するかもしれませんface02

大きい



甘い!



瑞々しい!!!


の3拍子です。

雨がicon03icon03多いと実food09food11がつかず・・・

乾燥feel17feel17していると実が小さい・・・・


湿気があり、雨が降らないという矛盾した気候のおかげです。マンゴーも、ライチイも、ジャックフルーツも近年まれに見る大豊作ですね〜〜〜〜!

オーストラリアにいる皆さん。これから来る旅行者の皆さん。フルーツワールドへ行ってみてね〜〜〜〜〜


  

2012年12月21日

マンゴーの当たり年!

ツアーで行くトロピカルフルーツワールドにて・・・・・・face01icon12icon12icon12

珍しい果物のフルーツプラッター






右からスターフルーツ、キィーウィ、ライチィ!!ザボン、その上がカシミト、ザボンの下がレッドドラゴンフルーツ、白いモノもドラゴンフルーツ、マンゴーそしてパパイヤです。

特にライチィface16マンゴーパパイヤ
激甘!


乾燥しているし、雨少ないし、前年は雨も多かったので、今年のマンゴー、パパイヤ、ライチぃはヤバい!!

しかもトロピカルフルーツワールドは無農薬。大地が活き活きしているから特にかも!

ゴールドコーストに住んでいる方はぜひお試し下さいね。


ちなみに黄色のプレートはブラックサポーテ(黒柿)にアイスクリームを乗せたものですicon06icon06

Have a nice Mango~~~  

2012年12月03日

イルカのハンティング

赤潮が発生したバイロンベイの海。

エメラルドとコバルトの色で吸い込まれそうなくらい綺麗な海でした。

岬から見える大きく動く影・・・これは小魚の群れ・・・





そしてイルカはライオンか狼のように群れで獲物を追いつめる。

エコロケーションを駆使して連携をとる。

黒い大きな影に突っ込んでいき魚に食らいついていく。

生き物の本来の姿がそこにはあった。

生きていく為には殺生をしなければならない。

歯をむき出して襲いかかる姿。

ひとの想像内にはあってほしくない光景かもしれない。

’頂きます’の持つ意味は深く、、生は死の上に存在するという宇宙の根本そのものなのかもしれない。  

2012年11月04日

最後のザトウクジラ

6月から10月まで毎日ツアーでも見れていたクジラの群れ・・・

ここ数週間の間にバイロンベイでも見られる個体が激減。

遅れをとったわけではないけど、ゆっくりと南下している最後のクジラたち。





湾の中で少し休憩。





バイロンベイの岬から海を見下ろしているとサーファーと生き物達とのたくさんの出会いを見る。

時にはイルカがサーファーに近づいたり、時にはマンタが近くを通ったり、子魚の群れだったり、亀だったり。。

この海ではヒトも自然界のたった一部分でしかない。

そんな単純な事が素敵だなと思える。

感動を与えてくれる生き物達が住み易い環境。

そんな環境が持続できるように配慮する人たちがバイロンベイには集い生活をしている。

そしてゆっくりとクジラは浅瀬を回避して。。。。宇宙へと旅立っていった。

  

2012年08月30日

またまたYing & Yang Sand Artです。

最近のバイロンベイツアーはこれが楽しみです。

で〜〜〜〜〜〜ん





以前にも載せましたが、またまたバイロンベイのビーチnature02に描かれた陰陽のアート。感動〜〜〜〜〜〜ウルウルface19





いつ描かれるか分からない。。。face08のですが、砂上の陰陽のアートが本当に素晴らしいface16face16。今日はどうなのかなとワクワクしてツアーに出発してます。





広い砂浜に大きく、かつ狂いのない描写力で描かれた陰陽と蒼い空と青い海。ばっちりLOHASなバイロンベイの風景にとけ込んでいます。この日はラテン系の子がビーチ多く、日光浴をしていました。





聞いたらコロンビアから来ているそうです。
  続きを読む

2012年08月01日

チキンスイートポテト♡

またまたトロピカルフルーツワールドですanimal28food46food17food08food06food10

トロピカルフルーツワールドの農園では、人が住み始めてから約80年間一度も農薬をまいていない畑が多くあります。その土壌は豊かで肥料要らず!
落ち葉や巨大なくわ科やクスノキ科の枝なども瞬く間に分解してしまう(=土になる)ほど健康です。

だから当然、スーパーで売っている物よりも(と言いましてもオーストラリアのスーパーの人参も甘い!)栄養価も旨味もface19

先日トロピカルフルーツワールドに行くと、レジに『なぜ鶏が????なぜ毛がない???animal16animal16』と思って近づくと。。。違いました。巨大化したスイートポテトだったんです!!!

その巨大さに思わずお客様と大笑い。

スタッフがあげるよって言ってくれました。

・・・・・・・・・ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜どうしよ。。。。

スイートポテトをトロピカルフルーツワールドのキッチンに持って行って切ってもらおうとしたら『無茶言うな』って言われちゃったface06

なのでお店のレジに返しておきました。

今ならトロピカルフルーツワールドに行けば会えるかも!?



  

2012年07月30日

TFWの珍しい果物





バイロンベイのツアーで訪れるトロピカルフルーツワールドでは、このツアーだけのオリジナル特典が、年間521種類も栽培されている珍しい奇妙な果物のフルーツプラターです。

一般に行ってもトロピカルフルーツワールドでは、このツアー程の種類はめったに食べれないのでお客様は盛り上がる。

っというかお客様も『ここまでとは聞いていなかった』と嬉しく口を揃えて言うので、紹介する旅行会社やネット会社は『ツボ』をもっと的確に押して欲しいです笑

では右のプレートから時計回りに。。真っ赤な物はレッドドラゴンフルーツババコカスタードアップルイエローラゴンフルーツキウイスターフルーツロリニアパパイア

そこから下は、カニステルタマリロパッションフルーツブラッドオレンジ

以上です。真ん中と右は。。。。。わかりますか??face02