2010年07月30日

隠れ家てきお店

今日はおくさまのバースデーface01


ゴールドコーストのカジノホテルの裏にちょこんとあるちいさなレストラン『VERVE』へ。。

この本格的なフレンチにも関わらず、他のレストランと比べると立地的に不利な場所にあります。

ですからまさに『味で勝負』な、お勧めの店です。ゴールドコーストには高くて味もサービスもいまいちなお店がサーファーズパラダイスやブロードビーチという観光街に多い。まぁ人通りが多い所は店舗代も非常に高いから材料費を削る場合も少なくないのですね。

また、VERVEはワインリストも豊富で$30〜$1100の年代物(Penfold Grange)まで多彩。ワインに負けないものをつくれるというシェフの自信が伝わって来ます。


このVERVEはヘッドシェフ jay Jorgensen の新鮮なオーストラリアの食材をつかった繊細かつシンプルな料理法が素晴らしいです。


前菜⇩生ガキに醤油ベースの寒天とワサビ味(おそらくホースラディッシュ)のとんぶりのせ。。。美味icon06










前菜②⇩上がうさぎのささみ肉と、下がうさぎ肉のささみをほぐしたもの(多分、HPソース和え)




横のトマトみたいなものはアプリコットのジャム。西洋では、「狩り」の対象となる動物肉はゲームといって甘いジャムで食べる事が多い。カンガルーの肉もゲームと呼ばれます。


前菜③⇩ホタテのグリル。黄色のホイップはスイートコーン味。美味icon06自家製ポテトチップスはすごく軽い食感で一度たべたらわすれられない。





さて、、メイン①⇩天然バラマンディのグリル(最近は養殖が一般的)。本来なら堅い皮の部分も切り目が入っていて食べやすい。皮の裏の脂肪分が美味い。チーズの軽い味がするソースと数種類の豆が脇役。このお豆が甘い甘い。。材料を吟味されている証拠です。





そしてメイン⇩②ポークのソテー





豪快な肉質と付け合わせのスィートポテトが絶妙なメインディッシュ。スィートポテトの上は角切りしたシナモンが利いた梨。クルミは砂糖でまぶしてから揚げているので「サクっ」として軽い。





食べ過ぎてデザート入らず・・・・・・face10face10


でも大満足でした。





サーファーズパラダイスやブロードビーチで同じ金額出すならぜひここへface06

http://www.ververestaurant.com/Home.html  

Posted by K at 21:56Comments(4)

2010年07月30日

バイロンな1日

1日でここまで天候が違うのか・・・・・っと感動face02

朝、逆転層のあと、、、、低い低い雲がサーファーズパラダイスを約1時間ほど覆い尽くしてしまいました。朝だけの景色なら晴れる事なんて想像つかないな。





こんな現象1年にそうあるものじゃない。そしてお客様をお迎えするときには晴れの兆しが。。


AT BYRON


バイロンは昨日と一昨日の大雨icon03が嘘のようicon01





ただ雲はなんとなく跳ね上がっているので乱気流だとはわかる。

久しぶりの晴れ『灯台』も嬉しそうでした。









白と蒼のコントラストがきれい・・・・icon12icon12






クジラもカップル(?)でゆったりと移動中。







気持ちのよいバイロンな1日でした。。。



  

2010年07月30日

ゴールドコーストは晴れ

晴れた晴れた。

朝いちばん!外にとびだしました。


・・・・・・そして


            逆転層!!

みなさんの地域に芝生や湿地帯があればOK。逆転層の場所ですよ〜


寒い時期・・・とくに乾期・・・・・






          大雨が降りつづき・・・・・・







                      力強い太陽が顔をやっと出す時・・・・・


  






                                        奇跡がおこる。。







                      
逆転層



なんだか自然に「逆転の発想もあるよ」と言われているような気がします。face02  

Posted by K at 05:19Comments(3)自ずと然り