2010年07月31日

ありがとう

前日の大雨のおかげで十二分に潤されたicon03icon12

       太陽のおかげで森はうっすらと蒸気に満ちていたicon01icon12。。




                       森が呼吸をしていた。。。




                         森がこんな表情を僕たちに見せてくれた。。




                         魅せられて一瞬戸惑った。

   


                         ここに人間が居ていいのかな。。



                         あまりにも優しいひかりと、、、



                         その存在に包まれて、、、










                            森のおかげ・・・










ありがとう・・・そんな言葉しかでませんでした。。。。

  

2010年07月31日

黄金のゴンドラ

夕方、仕事帰り。。。ゴールドコーストは運河が多いからある意味水の京。

途中休憩でたちよったネラング川で、、

                イタリアのゴンドラが、、、

                             どんぶらこ・・・icon19









カヌー欲しくなっちゃいましたface10

今日は山です。滝の水量がたのしみ〜〜nature04  

Posted by K at 05:44Comments(2)自ずと然り

2010年07月30日

隠れ家てきお店

今日はおくさまのバースデーface01


ゴールドコーストのカジノホテルの裏にちょこんとあるちいさなレストラン『VERVE』へ。。

この本格的なフレンチにも関わらず、他のレストランと比べると立地的に不利な場所にあります。

ですからまさに『味で勝負』な、お勧めの店です。ゴールドコーストには高くて味もサービスもいまいちなお店がサーファーズパラダイスやブロードビーチという観光街に多い。まぁ人通りが多い所は店舗代も非常に高いから材料費を削る場合も少なくないのですね。

また、VERVEはワインリストも豊富で$30〜$1100の年代物(Penfold Grange)まで多彩。ワインに負けないものをつくれるというシェフの自信が伝わって来ます。


このVERVEはヘッドシェフ jay Jorgensen の新鮮なオーストラリアの食材をつかった繊細かつシンプルな料理法が素晴らしいです。


前菜⇩生ガキに醤油ベースの寒天とワサビ味(おそらくホースラディッシュ)のとんぶりのせ。。。美味icon06










前菜②⇩上がうさぎのささみ肉と、下がうさぎ肉のささみをほぐしたもの(多分、HPソース和え)




横のトマトみたいなものはアプリコットのジャム。西洋では、「狩り」の対象となる動物肉はゲームといって甘いジャムで食べる事が多い。カンガルーの肉もゲームと呼ばれます。


前菜③⇩ホタテのグリル。黄色のホイップはスイートコーン味。美味icon06自家製ポテトチップスはすごく軽い食感で一度たべたらわすれられない。





さて、、メイン①⇩天然バラマンディのグリル(最近は養殖が一般的)。本来なら堅い皮の部分も切り目が入っていて食べやすい。皮の裏の脂肪分が美味い。チーズの軽い味がするソースと数種類の豆が脇役。このお豆が甘い甘い。。材料を吟味されている証拠です。





そしてメイン⇩②ポークのソテー





豪快な肉質と付け合わせのスィートポテトが絶妙なメインディッシュ。スィートポテトの上は角切りしたシナモンが利いた梨。クルミは砂糖でまぶしてから揚げているので「サクっ」として軽い。





食べ過ぎてデザート入らず・・・・・・face10face10


でも大満足でした。





サーファーズパラダイスやブロードビーチで同じ金額出すならぜひここへface06

http://www.ververestaurant.com/Home.html  

Posted by K at 21:56Comments(4)

2010年07月30日

バイロンな1日

1日でここまで天候が違うのか・・・・・っと感動face02

朝、逆転層のあと、、、、低い低い雲がサーファーズパラダイスを約1時間ほど覆い尽くしてしまいました。朝だけの景色なら晴れる事なんて想像つかないな。





こんな現象1年にそうあるものじゃない。そしてお客様をお迎えするときには晴れの兆しが。。


AT BYRON


バイロンは昨日と一昨日の大雨icon03が嘘のようicon01





ただ雲はなんとなく跳ね上がっているので乱気流だとはわかる。

久しぶりの晴れ『灯台』も嬉しそうでした。









白と蒼のコントラストがきれい・・・・icon12icon12






クジラもカップル(?)でゆったりと移動中。







気持ちのよいバイロンな1日でした。。。



  

2010年07月30日

ゴールドコーストは晴れ

晴れた晴れた。

朝いちばん!外にとびだしました。


・・・・・・そして


            逆転層!!

みなさんの地域に芝生や湿地帯があればOK。逆転層の場所ですよ〜


寒い時期・・・とくに乾期・・・・・






          大雨が降りつづき・・・・・・







                      力強い太陽が顔をやっと出す時・・・・・


  






                                        奇跡がおこる。。







                      
逆転層



なんだか自然に「逆転の発想もあるよ」と言われているような気がします。face02  

Posted by K at 05:19Comments(3)自ずと然り

2010年07月29日

世界の果物・・3 『ブラックサポーテ』

第3弾は真っ黒な・・・・柿。

Black Sapote






原産地は中南米で、1770年ごろにはもうフィリピンなどで栽培が始まったらしい。そしてこの果物はインカ帝国においても重要な食料として扱われていたそうです。学名は (Diospyros digyna) 、Ebenaceae(カキノキ科)に属し、別名Chocolate Pudding Fruit。確かにそうChocolate Pudding Fruitと言わないと食べないだろうなぁ。

産まれて初めてみたオレンジ色以外の柿です。これは日本の柿だけを知っていたらありえない色ですね。なぜチョコレートフルーツかというと、表面が緑。そして水風船の如く柔らかくならないと食べれない。そして黒緑いろの表面となってから割ってみると。。。。

グッチャァと包丁が入っていく感覚。。真っ黒だ。。。チョコレートみたい♡。だから別名チョコレートフルーツなんですね。最初に見て、食べろと言われたときはすごく勇気がいりました。しかも「チョコレートみたいだぞ」って言われたのでしぶしぶ。。





そして食してみると、、、、、味が、、、ない。。最初に食べたときは全く味が「無いface08face08face07」っと感じた。食感はクチャ。。プチャ。。ムニュ〜系。どこがチョコレートなんだよ適当だなぁっとつくづく思った。チョコレートなんて見た目だけじゃんface09

それ以来お客様には、ホップクリームと一緒に食べてもらって「日本のコーヒーゼリー」みたいではないですか?と聞いています。しかもビタミンはオレンジの4倍!はい!たべてくださ〜〜いっと盛り上げてますicon06





味は嫌な匂いもなく、かすかに干し柿の味がします。みずみずしく食感も柔らか。現在では大好物になっていますよface01face01


ちなみに日本の柿は、東アジアから伝わったもの。日本の柿の学名にはDiospyros Kakiとなっていて日本語の「柿」が「Kaki」としてそのまま使用されています。そして1789年にはヨーロッパへ、そしてそして1870年に北アメリカへと「Kaki」は世界へ羽ばたいたのです。


この間穫れた巨大ブラックサポーテ⇩通常300gくらいですが、1kg近かった。。






世界に400種もあるとされるカキノキ科。なぜ世界中にあるのだろう。。その理由の一つは大航海時代以降、人為的に開拓者や商業船が世界各地域に「カキノキ」をひらめたこと。

もう一つの理由は、起源が古い果物だと言うこと。
自然界においてはカキノキは「ゴンドワナ要素」とよばれる植物です。1982年にオーストラリアの始新世(約5,500万年前から約3,800万年前までの期間)の地層からカキノキ属の化石が発見されました。

という事は、、カキの起源はゴンドワナ大陸時代か??と言われ始めています。。





ゴンドワナ中央部のインド - アフリカの横のラインと,ゴンドワナ東部の南アメリカ ー 南極 ー オーストラリアの縦と横のラインに分布。後に南アメリカ組のカキノキ や、オーストラリア組,インド組,アフリカ組(が別々に進化して行ったという説が強いです。
もっとも古い原始的なカキの種はインドとアフリカにあるそうです。

そして1800万年前ごろになると北アメリカと南アメリカが合体。そして南米から中南米、北米へとカキノキは分布したのではないかと言う事です。歴史深いですね〜

いやぁカキノキという果物はじつは恐竜が食べていたものだったのかもしれないですねface06  

2010年07月29日

雨のち感動 ツインフォール

朝から雨。

そして今も雨。

ゴールドコーストの世界遺産区域はゴンドワナ多雨林保護区といいます。

今日のツインフォール⇩水量はMAXに近かった





多雨林と書いてタウリン。栄養剤としか聞いたないような言葉ですがRAINFORESTの日本語です。特に雨の日は、残念という方も少なくないのですが(あたりまえですね)、僕はツアーの始めにお客様に「伝えたいこと」があります。

展望台からの景色⇩森が呼吸をしてるように水蒸気がポツリ






朝から雨ですとツアー参加者も雰囲気がかなり「しょぼん」としています。それはそうです。せっかくの1日。時間が限定されている滞在なわけですから。そして現在日本は夏休みです。お子様連れの参加者も多い。ですからまず車内では笑顔をつくる事に専念。人によって冗談はいろいろでしょうが、今日の僕の場合は「雨」にちなんだトークでした。


生き生きとしているユーカリの新芽⇩





まず参加者に質問・・雨男、雨女の方いますか?・・・・何名かクスクスと笑いながら手を挙げます。

そして第2問・・雨子供・・雨小学生・・・雨中学生はぁ〜ヽ(´▽`)/〜♪ ?まぁ文章にするとあり得ない言葉ですが、流れ的にドドっと笑って頂けます。

さぁ笑顔と流れをつくりアイスブレイクして、ここから本番。まず「現実」を伝えます。そして雨は嫌だという雰囲気がありますから「勇気づけ」をし、「考え方」を紹介しました。

例えば、今日の雨は止まないから(現実)ずっと残念がっても晴れないけど(勇気づけ)楽しもうとした方が徳です(考え方)。というような文章を流れにそってトーク。そうすれば参加者もなんとか今日は楽しもうと思って頂けます。


ふと雨がやんだとき、空を見上げる⇩そびえる樹々が神々しい







そして「伝えたいこと」・・・とは雨の日は最高という事なんです。

「今日の森は英語でRAINFOREST。日本語で「雨の森」。だから今日の森は「雨が降っている時」「雨が降りそうな時」「雨が降り終わった時」にもっとも神秘的になります。雨は恵みで、それを体感できるベストコンディション・・」ということです。


こんな乾期に雨なんて・・・♡⇩と植物は思ってるかもね






流れをつくり、伝わる言葉。。。。


木生羊歯「ヘゴシダ」⇩ジュラ紀よりも古い時代から残る






ガイドの一言はすごく大きいなとこの仕事をしていて本当に感じます。ガイドの一言は料理で言うと「隠し味」に相当する場合があります。なくてもいい。。でもあった方が相乗効果はものすごく広がります。難しいからいつも自分に四苦八苦です。


ズームぱしゃり⇩迫力がありますね






きょうの参加者いわく「子供に戻ったみたいだった」「びしょねれになって気持ちよかった」「お肌すべすべ・・・・♡♡」
すごくその感想が嬉しかったです。森にThank youface01






  

2010年07月28日

ゴールドコーストは雨

雨はめぐみ

雨はいのちをうるおす

どうぶつも とりも きも こけも だいちも ひとも 雨を もらって 生きている。





  

2010年07月27日

Canyon Warrie Curcuit 17km

ゴールドコーストのスプリングブルック国立公園最大にして最長のウォーキングトレイル。。ゴンドワナの森は奥へ入れば入る程、樹齢1000年を越える樹木が生い茂り、超大陸時代の景観を残しています。表面的に観光したのでは想像をつかない大原生林。その一部をレポートします。

Canyon Warrie Curcuit 17km






⇧はツイン滝



このWarrie Curcuit では、ツイン滝やブラックフェロー滝、レインボー滝、グームラーラ滝をくぐったり通り抜けて、深い渓谷から流れる水が一か所に集まるオアシスのようなicon12icon12icon12のスポットなのです。

それこそ世界遺産区域としてジュラ紀から続くゴンドワナ多雨林の醍醐味を体験できるんですよface01face01

そしてそんなコースをお客様と共に制覇して来ました!

朝7時から開始したトレッキングは、なんと4時PMに終了。9時間かけて歩いた歩いた。しかも7人のうち半数は歩いた経験ゼロ。。

それでも元自衛隊の幹事さんを筆頭に彼等彼女等は看護士として朝晩フル活動しているそうで、体力は十分。

ゴンドワナ多雨林保護区のトレッキングコースは往復10kmを越えるクラスは道なき道の部分が多い。。だからガイドがつかないと遭難するケースも多く危険なのです。


スタート!サーファーズパラダイスの町は何と晴天です
icon01icon01





滝の正面。道はないので岩をよじ上って進む。みんな必死
face02





歩き始めて3時間後の地点。数々の巨木を見て来ましたが、歩道を外れないで(外れると危険)写真が撮れるポイントでパシャ!ストラングラーフィッグ(樹木)と記念撮影。もうすぐ中間地点。






中間地点。Meeting Waterと呼ばれるアボリジナルの方々の聖地であった場所。4つの滝の水がひとつの川になる所です。






約五時間目の地点。約3か所の川を超え、山を2つ超え、亜熱帯雨林やユーカリ林、温帯雨林を超え、もうすぐゴール。






もちろんみんな疲れている。誰一人愚痴らない。それどころか疲れてるけど「力が湧く」っていう。「感動しっぱなし」って言ってくれる。雨が気持ち良いって言ってくれる。自然はすごいな〜〜っと心から思いながら僕もてくてく歩きました。体感する大切さを感じました。






本当に疲れたなぁ〜〜っと思うとこんな景観が。。。。。。飽きません。一生の思い出になるでしょうね。自然に感謝。







残り30分だ。進んだ分だけ感動がある。そんな風に生きていきたいなと思った。みんなもうなずいていました。













終了!!みんなほとんど雨具を使わないで歩いていました。時にヒルと戦いながら。。この雨や霧は森そのものの水分。後にお肌もすべすべになるくらい超天然のモイスチャーなのです。おつかれまさでした。よくがんばったね!face01face01face01



  

2010年07月27日

動物クイズ その② 答え


1:クロコダイル




これは模型です。過去には8mもの巨体が捕獲された事があるそうです。


2:ワライカワセミ(コッカバラ)



愛嬌ありますね。世界最大のカワセミです。何度かBBQ時に肉をかっさらわれた経験があります。


3:ハリモグラ(エキッドナ)




トゲは空洞管のようになっていてそこで太陽熱を吸収します。単孔類で有名ですね。昔飼っていた馬がパドックでハリモグラを見つけてちょっかいだしていました。柔らかい鼻をハリモグラにつんつん・・・・ハリモグラは驚いたか怒ったかでトゲをツーーーン!鼻にチク!わはははやり取りに笑いました。


4:タスマニアンデビル。



その昔、ノーザンテリトリーの北部の壁画にこの生き物の絵が描かれておりタスマニアだけでなく、オーストラリア本土にも居た事が分かっています。視力が悪く、骨格も有袋類特有のもので、俊敏には走れない。耳がよく鼻が利くので死んだ生き物を漁る姿はまさにオーストラリア版ハイエナ。


5:コアラ




学名のPhascolarctos cinereusは「灰色のクマ」という意味です。オーストラリア最大の人気者で、ウォンバットと同じ遺伝子を持ちます。むかしむかし、大型有袋類が繁栄していた時代。サイくらいの大きさのウォンバット(みたいな)がいたそうです。激変する環境に対応するべく、ユーカリに上がったものが『コアラ』になり,穴を掘りトンネルをつくる生態を持ったものが『ウォンバット』になったそうです。


6:カソワリー(ヒクイドリ)




世界で4番目に飛べない大きな鳥。ですが,攻撃力はNO1。むかついた相手には人だろうが、車だろうが突進!森の王様はその冠で相手をドス!そして強力な足でキックキック!!ボコボコにされた車も多数。特にエンジ色/青色にピンと来るそうです。でも家庭ではお父さんカソワリーは大変な苦労もの。お母さんはどこかへ行ってしまうので、子供の食事、教育、家事の切り盛りまで全てお父さんが担います。


7:ツリーカンガルー(木登りカンガルー)




パプアニューギニアとオーストラリアに生息。サル・・化したカンガルーです。熱帯雨林の大きな果物にありつこうと、カンガルーが樹に登り始めてそのまま居着いてしまった模様。樹の上で生活をするカンガルーです。長いしっぽは、樹から落ちない為のバランス棒の役目をします。天敵がすくないから動作もゆっくり♡。


8:ポッサム(フクロギツネ)




オーストラリアの家庭ではもっともポピュラーに知られている動物ですね。約30種類いるそうですが、雑食性で野菜でも果物でもミミズでも昆虫でも何でも食べちゃう。その為、人の社会にも適応しやすいため、場所によってはポッサムを駆除する所もあります。


オーストラリアは4500万年前に南極大陸と分かれて以来、環境が独自の発達をしていますから、面白い生き物が豊富ですね。

ぜひ、お近くの動物保護園に行ってみて下さいね。カランビンワイルドライフサンクチュアリーでもそうですが、バードショーやディンゴショー、コアラショー、ヘビのショーも含めてより分かりやすく身近な生き物に触れ合いかつ理解を深めるプログラムがあります。

生き物との触れ合いは心を和ませてくれるし、大切にしようという心を育みます。そんなプログラムを体験できる場所が、ところどろこにあるオーストラリアはやはり自然体国なのだなと思います。  

Posted by K at 14:55Comments(2)自ずと然り

2010年07月26日

動物クイズ その2 カランビンワイルドライフサンクチュアリー

ではでは第2弾。そして動物クイズ最終回です。早いね。。。face10





いつかヒクイドリに触ってみたいです!!



1:◯◯○◯◯○ハンター。2億年前から姿変っていないんだってさ。シーラカンスほどではないけど。。。







2:コカカカカッカカカカッカカッカカカカカ!!!体が重そうだな〜〜〜最大350gだってさ。






3:本人は全力疾走。。。。。!!でも・・・おそ! 足短!!ベロ長い!!30cmもあるの?シロアリが大好物です。






4:カカドゥ国立公園で壁画に描かれています。目が悪い、足が悪い、鼻は利きまして、見た目まぁまぁ。顎の強さはクロコダイルに次いでオーストラリア2位です。






5:学名の由来は:灰色のクマ。






6:何見とんじゃ!!!っと意気込むけども。。実はかかあ天下でございます。






7:猿のピンチヒッターです。でももう住める森が少ないの。。。グスン・・・・・






8:昆虫、爬虫類、鳥、木の実、果物、何でも食べます。昼間は絶対起きないからな!!






さぁいかがでしょう。


カランビンを支える動物たち。。。


いくつくらい分かりましたか????face01face01

  

Posted by K at 18:43Comments(4)自ずと然り

2010年07月26日

動物クイズ 答えで〜っす

ありがとうAyuさん、kayさん、小梅さんicon06

では答えicon09

1:英名:Rainbow lorikeet 和名:五色青海インコ(ゴシキセイガイインコ)です。





オーストラリアほぼ全土に幅広く分布しています。けたたましい鳴き声が特徴。朝方や夕暮れにうるさいよね〜〜〜


2:森のブルドーザーはウォンバットです。英名もそのままWombat。アボリジニの言葉で「平たい鼻」という意味ですって。そんな名前はつけてほしくないよね?コアラに近い遺伝子を持ってます。




一度ウォンバットと一緒に暮らしてみたいなと密かにたくらんでいます。


3:シュワッチはウルトラマンの専売特許。実はフクロモモンガでした。英名はSugar Glider。日本ではペットとして売っています。





ちょろちょろっとして可愛い有袋類です。

4:おい!おやじ!!!っといつも思ってしまう。。。カンガルーです。これはレッドカンガルーと言う種。太いしっぽで体を支え、両足を前に出す歩き方は非常に個性的。オーストラリアを代表するのんびりやさんに乾杯。




僕の犬がカンガルーに蹴られて殺された事があります。強力なキックです。食べると美味しいよ(調理次第)。


5:絨毯のような模様。カーペットパイソン(スネーク)です。英名は Carpet Python。おとなしくて人になつきやすいですよ〜〜。




実はこのカーペット君。今もっとも飼おうと思っていて、水面下で交渉中です。一緒に寝たら気持ち良さそうだ。。みなさまはいかがでしょうface01



  

Posted by K at 16:41Comments(4)自ずと然り

2010年07月25日

カランビン ワイルドライフ サンクチュアリー動物クイズ

午前中、オーガニックマーケットの後はここ『カランビンワイルドライフサンクチュアリー』へ。。





僕が好きな場所です。インフォメーションによるとカランビンワイルドライフサンクチュアリー(野生生物保護園)は、約1400以上の生物を飼育しておりオーストラリアの中でも最大級のオーストラリアの生物が見れる場所となっているそうです。

歴史をちょいとご紹介



そしてここは、ゴールドコーストのエコツーリズム観光事業の先駆け的な存在でもあるのです。約60年ほどの歴史があるのですが、もともとここは、花の栽培者であったAlex Griffiths によって"Currumbin Bird Sanctuary"(野鳥保護園)としてオープンしました。もともと彼は、自分が栽培する花の蜜をついばんで食べてしまう。。。そのインコからそれらの花を守る為に、インコの餌付けを始めた事がきっかけとなりました。

その後、1976年に持ち主であった Alex はこの保護園をクイーンズランドのナショナルトラストに無償で寄贈。そして現在はナショナルトラスト自体、非営利でこの保護区を運営していますface01face01。また、傷ついた野生動物を治療したりface02、リハビリをして野性に返したりface02、子供達への環境教育にも積極的に関わったりもしています。僕が森や道路でひろった孤児動物や鳥も何度かお世話になっていますface06face06

ちなみに1995年ここは野鳥以外にもたくさんの動物を保護するようになった為に バードサンクチュアリーからワイルドライフサンクチュアリーに改名されました。現在ではインコの餌付けは、無料となっており、その他の動物も出来るだけ自然に近い形で保護されています。

さて今日はアロママッサージセラピスト仲間であるともちゃんが日本から来たのでここにやってきましたicon22





日本ではほとんどテレビでしか見れない有袋類達を前に驚きや感動を隠せないともちゃん。ガイドブックを買って日本から予習をして来たそうです。icon06icon06

みなさんも当ててみて下さいね。

動物クイズ

ヒント:英語で『虹の矢』という。





ヒント:別名、森のブルドーザー





ヒント:シュワッチ!と滑空する





ヒント:常に「親父っぽいface07face07」と評判




ヒント:絨毯のような模様だから・・・・





どのくらいの比率で当たりましたか????face01face01face01  

Posted by K at 21:30Comments(4)自ずと然り

2010年07月25日

オーガニックマーケット ゴールドコースト

ゴールドコーストは曇り/所々晴れ。。
毎週というか休みの日ならかかさず行くマーケットがこちら『オーガニックマーケット』

今日もですね,週一(日曜日のみ)で行われているオーガニックマーケットに行って来ました。場所ね⇩



ここのマーケットでは「Australia Certified Organic(ACO)」認定された『商品』のみ販売が許可されるという徹底したマーケットで有名です。

「Australia Certified Organic(ACO)」は、 2001年に発足したオーストラリアのオーガニック認定機関。
そのマークがこれ⇩




多分、コールスやウーリーなのでも『オーガニック』と書いてあったら大体この目印がついてるので少し高くても一度は試してみたらいかがでしょう。特に牛乳などは濃厚で美味しいです!

ちなみにACOは、オーストラリア国内において製造されるオーガニック製品に対して オーガニックであることの認証を行っている機関で、有機農産物の安全性証明となります。
日本では、このACO基準を遷守して、JAS有機規格に対応しているそうです。現在、オーストラリア、ヨーロッパ、日本、アメリカ、スイス、イギリスでのオーガニックビジネスを 認定する許可を与えられており、オーストラリアにおけるオーガニック業界の約55%を認定しているそうです。





お店は全部で12件でした。普通のマーケットよりもすごく店数が少ないです。それもやはり『ACO認定』されたものだけ扱うというコーディネーターのこだわりでしょうね。





それでも朝6時からなのに人が続々来てました。野菜売り場ではテントに入った瞬間、ものの見事に野菜達が「香り」でマイナスイオンをアピールしてきます。それこそ森の中に居るような感覚をうけて感動しましたよ。癒され度数120%face02






野菜、化粧品、種子、化粧品、乾物、肉類、ハーブ、調味料、生活に必要なものが何でも手に入りますね。少し・・・とうか物によってはスーパーの倍の額です。だけどやはり「美味しい」食材や「安全/高品質」なものが手に入る。







何よりも提供する人たちの素晴らしいものを創っているという自信とその笑顔が最高icon06





この⇧パン屋さんの自家製マフィン(これはブルーベリー)⇩





蜜の味がほのかにするブルーベリーマフィン!!これはお勧めです。持つとずっしりと重い。そしてコーヒーもホッとする抜群の香りでした。ちなみに我が奥様はほっとチョコレートを飲んでました。一口頂いて『!!!』今度行ったときはこれにしようと決めました。






携帯電話もスイッチOFFにしないとダメ。徹底してますね。でもまぁ分かり気がします。ぶっちゃけお互いの距離感が近づきすぎて起こる病気や事件(飛躍過ぎ?)もあるわけですから、この場所位携帯無しの世界でもいいですよね。


さて、来週もいけるかな。


ACO認定基準を少し紹介。

 ・農場は最低3年以上農薬を使っていないこと。

 ・農薬を使わないこと。

 ・化学肥料は使わないこと。

 ・肥料を使用する場合は有機肥料のみを使用すること。

  ・栽培によって環境を破壊しないこと。


などなど。

  

Posted by K at 11:26Comments(21)自ずと然り

2010年07月24日

キラキラ At Mt Warning

雨上がりのあと。。。


            icon12キラicon12キラicon12・・・・・・・・・・・・icon12icon12






                    icon12icon12icon12ラキicon12ラ・・icon12icon12






きらicon12きらicon12icon12きらicon12icon12icon12







  

2010年07月23日

世界の果物・・2 『ジャックフルーツ』

で〜〜〜〜〜ん世界最大の果実『ジャックフルーツ』!!face02






和名は『波羅密(パラミツ)』別名は『ナガミパンノキ』。英名は『jackfruit』。。まだあるよ、学名は『Artocarpus heterophyllus』 といいます。ふぅ〜〜〜英語圏人なら英名と学名だけですんでしまう事も和名,漢名、別名さがしたらきりがないですね。そうそう学名にある『heterophyllus』は『異形の葉』と言う意味です。若いときと成長した時の葉の形が違うからですって。

中身はこんな感じ⇩食感はパイナップル/味は電子レンジで『チンface08』して熱したバナナと/そして少々お魚というか塩辛を少し足した香りです。口に入れたら香りはそんなに感じませぬ。非常にトロピカルな味です。






クワ科、パンノキ属の植物で、樹高は30mほどにもなる常緑高木です。ただ農園などでは10m以上成長させないように剪定しています。kg単位の重さが10mから落ちて来るだけでも驚異ですからね〜〜
原産はインドですが、東南アジア各地域でも栽培されてるとききました。そして世界最大にして最重量を誇るそうです。熱帯の区域(ケンアンズも含む)ではもちろん20kg以上ざらですが、ここバイロンベイやゴールドコーストは亜熱帯気候。熱帯程、暑くはなりません。

よって通常ならば15kgクラスが普通なのですが、先日トロピカルフルーツワールド史上最大のジャックフルーツが園内で発見されました。






明らかにいつものよりもデカイ!

なんと39kg!!の重さ。






しかも表面はトゲトゲしているから持ち上げると、、すっげ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜痛い!味よりもその存在感には圧倒されます。。

この日は僕もお客様も興奮しましたよ〜


スタッフ曰く去年収穫し忘れた個体ではないかと言う事です。
  

2010年07月23日

極寒!!冷温帯雨林

うぉおおめっちゃ寒かったです。今日のスプリングブルック!本当に寒かった。


とりわけ標高980mの地点にある冷温帯雨林はたった気温7度でした!!しかも午前11時に森に入って気温7度なんて冷蔵庫と同じ温度ではないですか・・・ゴールドコースト海岸線は、27度が最高気温だったそうです。霧がかかったスプリングブルックの山から、日差しがさんさんと当たるサーファーズパラダイスを見て羨ましかったです。

ビールの入った瓶が落ちていて(ゴミなので回収しました)、ビールの表面が凍ってましたもん。。。



さて・・・・・・靄のなかつきすすむと見えて来るのが『樹齢2000年』とされる『ナンキョクブナ』


このナンキョクブナは約1億7000万年前、ゴンドワナ大陸時代に地続きだった証拠としてオーストラリア大陸、南極大陸、南米大陸でも化石が発掘され、現在でも『タスマニア島』、『ニュージーランド』、南米アンデス山脈の『パタゴニア』など、極寒の地域にみられる樹木だそうです。ちなみにこの地域に分布域を持つ生物を『ゴンドワナ要素』と言われます。

そしてナンキョクブナは一部の熱帯のパプアニューギニアでも見られますが、1600m以上の山脈部限定だそうです。



生きた化石、その存在感は圧倒的です。






寒くないと生きていけない遺伝子の森『冷温帯雨林』。。

この寒さが,この森を育みます。

森は生きている。

そして生かされてる。







森がことばを話せたら なんていうのかな

そんな事を 考えていたら 寒さが気にならなくなった。。。                                         

  

2010年07月22日

地球の歩き方 グラビア撮影

今日はですね、今年11月に発売される(予定)地球の歩き方『ケアンズ・ゴールドコースト』のグラビアインタビューを受けて来ました。「ゴールドコースト&ケアンズ」編としてリュニーアルするための取材だそうです。





その巻頭特集でですが「世界遺産で遊ぶ!」というような特集グラビアを作る(予定)ということで、何でもケアンズ・ゴールドコーストの世界遺産で活躍(?)するエコガイドやダイバーの取材をしているそうです。インタビュアーはオーストラリア地球の歩き方の著者として有名な伊藤氏。


当初「グラビア」を撮るからと言うことでなじみの無い言葉に思わず。。。露出の高いイメージ写真を撮られるイメージしか無く。。。。(=・Å・=) 調べたらグラビアって巻頭や巻末のページの事なんですね。なんだぁ。。。(.≧з≦)/


さて、ゴールドコースト地域からは僕(http://www.cresttours.com/)ともう一人『フレーザー島のガイド マサキhttp://www.natura-ecotours.com/』がお呼ばれされ、海に隣接する森「バーレーヘッズ国立公園」で撮影開始。


まずは僕の撮影から・・・・伊藤氏やわらかい笑顔で「・・・・・そうだねK君は森のイメージだから(*∩ω≦*) 」ット言う事でバーレーヘッズの国立公園内へ。。。
この板状根の発達した樹の前でッパシャ。パシャ!






伊藤氏「K君、表情がかたい、かたい!」・・・・なじめず良い顔がつくれない。。。。(*゚σ∀゚)σ 。パシャ!パシャ!パシャ!パシャ!パシャ!数回撮り直し。。。落ち葉を拾ってリラックス。そしてOKのサインがようやく出ました。「ふぅぅ・・・・(p′ε`q*)☆。+ 」

伊藤氏「マサキ君は海のイメージだね・・・・(*∩ω≦*)」ット言う事でバーレーヘッズ国立公園の外へ。。ここはサーフィンで有名なポイントです。





パシャ!・・・・・・・パシャ!伊藤氏「はいOK!」。なんと2枚でOKが出た。。この差はなんだ。。。


その後、伊藤氏から『世界遺産に友達を連れて行ったら、どうやって遊ぶ?』という質問からインタビュー開始。

マサキは『3ーEについて(3つのEの頭文字がつくアルファベット)』話をして、僕は『ゆっくり歩くの◯○○ぎる』という観点から『ゴンドワナ多雨林保護区』を最大限(たぶん・・)に楽しめるコツを話し、大いに盛り上がりました。

気づけば夕方。。。。

ボツになっていなければ、インタビューの内容は『地球の歩き方ケアンズ&ゴールドコースト』で読んで下さい。今から僕はドキドキしてます。






伊藤氏へ
大変貴重な体験をさせて頂きましてありがとうございました。
またお目にかかれる日を楽しみにしてます。
  

2010年07月22日

エコガイドの言葉・・6

世界を知ることは 賢くなること

       自分を知ることは 目を開かれること

                 宇宙を知ることは 万物と一つになること
face01

                          






アメリカインディアンの言葉。。。。


環境(身の回りのもの/家族)に活かされると考えると感謝が湧いて来る。活きていくと考えれば力が湧いて来る。双方のバランスが大切なのですね。
  

Posted by K at 10:26Comments(0)Sence of Wonder

2010年07月21日

超レア!!バイロンベイにHalo出現!!

At Byron Bay


特大のHALOです。

それも太陽の周りにまず内暈(うちかさ)登場!




これにはお客様も「おぉ〜〜〜」



そしてその後、みるみる蒸気が広がって・・・・・・・・・・・

なんと外暈(そとかさ)登場!⇩
face05face05





うおぉぉ〜〜〜生まれて初めて内暈と外暈を同時にみましたよ!大感動でした!!!!ぱちりとお客様のカメラにも写しみんなHappyicon06

バイロンベイでは沖縄で見れる『龍神雲』も見られるときもあります。スピリチュアル/パワースポット・バイロンの名はダテではありませんね。

Haloとは、日本語で『暈』と言いまして太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことです。前にも太陽にかかった薄い雲の写真を載せた事がありますが、今日バイロンベイで見たものは超レアなんです。太陽の周りの内暈とその周りをかこむように外暈が出現。

朝から怪しげな蒸気が空を覆い始めていたので常にチェックし!その成果です。ちなみに中国や日本では古来から暈が太陽の周りに出来ると『不吉』と言われたみたい。そんな事無いのにね。でもまぁ、暈ができたら天候が崩れる証拠ですから、明日,明後日は曇りか雨でしょうね。天気予報、外れたらごめんなさい。


今までHaloはたくさん見て来たけど!!二重Haloは初です。


でっかいドーナッツのようだ。