2010年08月31日

マッドクラブ紀行

〜〜Mud Crab〜〜







ノコギリガザミというカニです。ワタリガニ科ですが、このカニとの出会いは忘れもしない1987年(当時小学校4年生)、初めて家族旅行でオーストラリアitem12item12へ来た時の事。。





普通に入りましたシーフードのレストラン・・・そこで出会いました。水槽の中に元気よく、他のカニとケンカしてました。と言いましても共食いや縄張り争いがあるので大きなハサミを縛っておかないといけません。このカニは共食いや縄張り争いがあるので大きなハサミを縛っておかないといけません。

その大きなハサミで硬い甲羅のつぶし合いを始めてしまうからです。

そして父がレストランで注文をすると、ウエイターが「これでいいか?」と水槽から大きなカニをすくいあげて、目の前に持って来てくれました。


「うわぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜face05face05」小学生が叫ばないはずも無く、、


いざ近くで見ると、沢蟹くらいしか見た事が無かった僕にとっては、ものすごいド迫力で大興奮!!。


その後、まさかそのカニに人生の色々なイベントの中で縁があろうとは夢にも思いませんでしたヽ(。´▽`。)

  続きを読む

Posted by K at 22:40Comments(5)

2010年08月31日

ワテゴ・ビーチ

Wategos Beach







死ぬ時までサーフィンをするんだ!face02face02

人生のほとんどを波と共に生きて来たんだろうな。。。そんな感じの人たちが集う空間です。  

2010年08月30日

紅の空

夕日はいつも違う表情をみせてくれるから好きです。


日中は強烈な日光も、、、




沈む間際はすべてを優しく紅色に包みこんでくれるから好きです。












  

Posted by K at 17:58Comments(3)自ずと然り

2010年08月29日

すごくきれいな花

きれい!!
すごい!!!
名前教えて!



っと今の時期、絶対に聞かれるお花がありますface02face02

真っ青なお空に、レモンイエローの綺麗なicon12icon12icon12お花。。






Tabebuia chyrysotricha。和名が『コガネノウゼンカズラ』。『イペー・アマレーロ』もしくは『キバナイペー』







黄金色に輝くこのお花。。。。






サッカー大国sports01ブラジルの国花で、ユニフォームの色のモデルになったそうです。。

もしお近くにこのお花が咲き乱れている所があれば是非行って下さいね!  

Posted by K at 21:32Comments(2)自ずと然り

2010年08月29日

きれいな花

桜みたい!!!
桜ですか??
きれい〜〜



今に時期、必ず車を走らせると目につくのがこれ




青空と桜色の花のコントラストが本当に目をひくface01face01





お花の形はラッパ状。桜とは似つかない。

Tabebuia impetiginosa 南米原産のノウゼンカズラの一種です。。

ちなみに和名は『紫イペー』

 なんだよ『イペー』って・・face03と思いましたが、『Ipê』南米の言葉からとってるそうです。沖縄では『イッペイ』を『たくさん/いっぱい』と言って『『Ipê/イペー』とかけて『『Ipê』のお祭りもある様です。

そしてこのお茶がすごく有名なのです。ガン予防から糖尿病、リュウマチ、関節炎、各種疾患の痛みそしてアトピーなどなど健康茶としては素晴らしいそうです。うーーん一度飲んでみたいものですね。  

Posted by K at 04:49Comments(2)自ずと然り

2010年08月28日

つゆくさ in Byron

バイロンベイの散歩道につゆくさのお花がポツポツと咲き始めました。

立ち止まって誰かが見とれる程の大きな花でもないし。

珍しい有名な花でもない。




だけどひっそりと堂々と、、威風堂々とする姿は見事なのです。








時間におわれすぎている方は、『つゆくさ』を感じてみると良い。

目につく所に居るからこそ気づかない存在を気づかせてくれるから。




・・・・・・・・・・・・・・・・花言葉は『尊敬』そして『懐かしい関係』  

2010年08月28日

27日のスプリングブルックツアーの様子

あ〜〜〜〜〜〜おはようございます。。。。

昨日は6時に帰宅。仮眠したら5am今起きました。。

晩ご飯も、勉強も、トレーニングも、日本用の資料作りも、ブログも全部すっぽりと穴をあけてしまった。。face10face10でもすっごいスッキリした気分icon06

連日こぼれるほどの満員御礼でありがたい夏休みがもうすぐ終わります。子供達もいっきに少なくなるんだろうな〜〜。残念。




写真で見ると水量が少ないです。が、その場での感動を200%保証しますface02。ただ3日前と先週の月曜日など何故か一日だけ雨の日があり、乾期の時期にしては多い(?)方なのです。




夏休みおこちゃま特別企画。クッキーづくりです。簡単にクッキーは作れますからツアースケジュールにもなんなくフィット!思った以上に大受けです!!!face05face05。買うよりも数倍美味しいかもね。それに添加物も入っていないし。


みんなまた来てね〜〜〜〜face03


27日のコメント

*今日はどうも有り難うございました!!すごく楽しいトークand説明ありがとう〜〜 大地よめより

*森の中で小さな植物を見たり、大きくて雄大な景色を眺めたり、5感で感じることができてすごく良い経験になりました。大陸の話やエコの話も、『知る』と言うことがまず大切なんだなと思いました。マイナスイオンをたくさん浴びることができて良かったです!ケイスケさんとの楽しいお話もすごく良かったです。またいろんな世界遺産をみてみたいです。このツアーはたくさんのきっかけになると思います。ありがとうございました。お母さんも楽しそうで良かったです。河野

*今日はとても楽しかったです。自然の素晴らしさを知ると共に、これからの自分の子供達,孫にも残していかなくてはと思いました。私自身、今日が誕生日です。最高の誕生日を過ごせたと思います。本当に今日はありがとうございました。今後もがんばって下さい。写真の撮り方,参考にしますネ!!AOKI

*初めてのオーストラリア旅行ですが、家族みんなの素敵な想い出がつくれました。ゴンドワナ大陸という名称は図鑑で知っている程度でしたが、今日実際に多雨林を散策して大自然の息吹や、音楽を感じることができました。有り難うございました。又来たいです。直彦

*オーストラリアの大自然を満喫させてもらえました。ガイドさんのお話勉強になりました。ありがとうございます!! みか

*森と一体になれた気がしました。とても楽しかったです。ありがとうございました。おさ太

*とても楽しかったです。熱帯雨林のウォーキング気持ちよかったです。有り難うございました♡楽しいガイドでした。勝永

*ケイスケさんへ
今日一日楽しかったです。又とても勉強になりました。桑野

*お客様扱いの心地よさと、自然環境の大切さ(母として日頃思っている。このままの地球を子や孫に残したいこと!!)を楽しめたTourでした。
また冬、春と訪れると思います。又参加させて頂きます。人生初のOP tour はhappyな時間でした。ありがとうございました。小野母


*楽しかった。鳥の餌やったり、クッキー作って楽しかった。ケイスケさん面白かったです。ひろき

*楽しかったです。ガイドさんがとても魅力的でした。又他のツアーに参加したくなりました。 くまい  

Posted by K at 04:45Comments(4)自ずと然り

2010年08月26日

Halo in Byron bay

オーストラリア大陸で一番最初に太陽が当たるパワースポット。


静まり返る嵐の後の海。。。。。



銀色と、蒼色と影色の世界にすこし寂しさを感じた。。









最東端ヘ行くと、東の水平線方面から雲が生き物のように岬へと伸びていた。。


そして太陽を隠そうとした瞬間。


一瞬だけHALO出現!






バイロンベイと言う土地は言葉に表せにくいけど、土地が『生きている』感じがする。

  

2010年08月25日

エコガイドの言葉・・12

夢言実行






どこをずっとみているの? 希望に満ちてキラキラする瞳の先は・・・・・・


僕にも夢がある。


僕はエコ=エゴを持ってる。 エゴは大切なんだ。

自らがどんなエゴを確率させるかは大切だ。 人生を左右する。

それを信念というのだと思う。 自然の理念にそった信念は必ず荒波を切り抜ける。

必ず道に光が見える。 誰が何を言うか問題ではない。


問題は、自分が何をするかだ。

  

Posted by K at 22:43Comments(3)Sence of Wonder

2010年08月24日

コアラが教えてくれた事(?)





できるか・・・・・・できないか



そんな事よりも。。



そりゃ!!






やりきる事
face09



枝に顔がぶつかってゴン!!と音がしましたけど(心配よりも先に笑ってしまった)、この子はへっちゃらな顔してこっち見てました。

  

Posted by K at 19:47Comments(2)自ずと然り

2010年08月23日

雨のゴンドワナ多雨林保護区

朝起きたら・・・・face08face08雨が降りそうな位ゴールドコーストはドヨヨォ〜ン。。


先週も一日だけ雨降ってくれましたけど、また今日も????と少し雨を期待をしながら仕事へ。。。


山へ向かう途中から、ポ、ポ、ッポ、、ザーっと降って来た。


参加者にポンチョを着てもらって、目を閉じた。。


肩や頭,身体に当たる雫、、


森の香りに包み込まれる感覚、、


そして、聴こえて来る滝の音や安心しきった鳥達のさえずり、、



雨の日は、気づけば気づく程、感動を掘り起こせます。。参加者は次第に雨の楽しさを実感して表情も変わって来ます。face02









目だけを使う観光なら最悪の日かもしれないけど、感覚を使いこなせば雨の日はこの上ないベストコンディションとなります。







雨の恵みは森の恵み・・・・・









ほら、なんとなく森の歓喜を感じませんか。



そして、お肌すべすべになって特に女性陣には大好評な一日でしたface05face05


  

2010年08月22日

五感覚を養う


目を閉じて・・・・・・・・・・・・


深呼吸・・・・・・・・・・・・・


大陸の深海でスポットライトを浴びて・・・








そうすれば、聴こえて来る『森の声』、感じる『息吹』。。それが森のリズムです。




  

2010年08月22日

エコガイドの言葉・・11

Sharing Nature自然案内人理論その⑤


〜〜楽しさは学ぶ力〜〜



よくツアー中に感じるのですが、大人は『理論・説明』で答えを求める場合が多く、子供達は『感覚』で行動する場合が多い事に気づきます。
『理論・説明』や『視覚から入る情報を重要視する』大人に『感覚』を求めても理解度に大きく個人差がでてしまい、『頭では分かるんだけど・・・』などと上手く伝わらなかったり・・・

子供達は『感覚』や『感情』がエンジンとなります。『視覚』以外にも、『嗅覚』『触覚』『聴覚』『味覚』が優先されて無意識に『世界』を感じようとします。

例えば、妊娠中のママは「お腹の中に(本当に)赤ちゃんが入っている」から『感覚』で感じる。パパは「頭の中に(想像で)赤ちゃんが入ってる」から『理論』で考えていると言えばいいのかな。。どんな例えが適切かアイデアを下さいface02


『感覚』と『理論』・・・それらをどのように上手くまとめ一体感のある雰囲気にしていくかというと、『理論face01』でいうと・・・『言われた事は忘れる。体験は忘れない』なのですね。

『感覚』でいうと『楽しさは学ぶ力』となると思います。

例えば僕場合ですが。。

「みんな目を閉じて〜〜〜」



「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


10秒後・・


「いいよ。目を開けて・・・・暖かかった??face02face02


参加者「暖かい〜」「気持ち良い〜」






K「それが太陽の恵みなんだよicon01icon01face01


その一言で「気づき」が芽生えます。大人も,子供も関係なく、頭での理解を超えて、科学的な判断をこえて、『自然ってすごい』と思えるスイッチをポチ!

堅く言えば、自然への愛情や畏敬の心。。もっと自然にふれたい。。もっと理解したい。。という気持ちに繋がります。そうすれば、参加者は自分から進んで質問して来たり,自分でも気づかないうちにいろいろ学んでいくのですね。





『感覚』と『理論』を同時進行で行う。。このようにして知ったことは忘れないという特徴があるそうです。





まずは自ら楽しんだ方が良い。雨の日も晴れの日も。エコガイドの資質として自分から『楽しい』と思える感覚を保つ事は本当に大切なのだなと日々思います。そしてその心から生まれる言葉こそ、、、『インタープテーション』への第一歩となるのです。  

Posted by K at 14:05Comments(2)Sence of Wonder

2010年08月21日

ケアンズ。。

何故か、ケアンズへ行きたいという気持ちが濃いです。。。

高い湿気、、強力な日光、、酸素いっぱいの森、、どれもこれもケアンズの魅力。


ケアンズの町は好きなんだ。。








住んでいる人々が町を好きだから。







住んでいる人々が環境を大切にしているから。


その雰囲気が好き。







人は『環境』を変えてしまうから。







環境に活かされているケアンズが好き。  

Posted by K at 19:30Comments(6)自ずと然り

2010年08月21日

エコツーリズム イベント告知 全行程決定

しつこくてすいません。一昨日にも告知したのですが、やっと、、やっとすべての日程が決まりました。

日本凱旋します。


今回は全行程を僕のソロではなくJESのエコツアーガイド『木村太郎氏』とコラボです。本当は東北や九州にも行きたかったのですが、日程的に無理でした・・face10face10日本にお住まいの方で時間の都合があえば、ぜひお越し下さいませface02face02宜しくお願いします。





木村太郎
上高地でガイド団体NPG(ナショナルパークガイド)を立ち上げ、NPO法人日本エコツーリズム協会の主催「このガイドさんに会いたい100人プロジェクト」に選ばれる。現在は関西在住。バリアフリーエコツアーを進めながら、企業顧問や講演会や研修、後進の育成なども行なっている。



①東京/渋谷
 

9月16日(木)18:30〜20:00(開場18:00)  ※第3木曜日の開催です。
第1回 JESフォーラム 『日豪エコツアーガイド対談 〜エコガイドが描く未来の地球〜』

ゲスト: 
藤井慶輔さん(クレストツアーズ所属 エコツーリズム・オーストラリア協会認定エコガイド/査定官)
木村太郎さん(株式会社EGGS代表)


【時 間】 18:30〜20:00 (開場 18:00)
【参加費】 一般:1,000円、学生(要学生証):500円 (資料、飲み物代込)
※資料はご予約の方優先です。
【会 場】モンベルクラブ渋谷店
〒150-0042 渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル
tel: 03-5784-4005 fax: 03-5784-4006
http://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618851
【お申込・お問合せ】 日本エコツーリズム協会
下記を記載のうえ、お申込ください。
お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)、所属、連絡先、このイベントを知ったきっかけ、(もしあれば)当日聞きたい話
tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp 
【主 催】 日本エコツーリズム協会(Japan Ecotourism Society: JEShttp://www.ecotourism.gr.jp/event/forumnt/)


②東京
 

プロエコガイド講習会

〜 日豪エコツアーガイドからのメッセージ 〜
日本とオーストラリアの違いの中から、共に考え、学び合うセミナーを企画しました。
日豪で活躍をするエコガイドによるスキルと理論セミナーです
。エコツアーガイドに必要な技術、情報、を日豪の立場から紹介していきます。

エコツアーのガイドに興味がある方、なりたいと方や観光事業をされている方などは必見です。
これからのエコツアーガイドは、どう在るべきなのか・・・共に考えましょう。

1.開催日  2010年9月18日(土) 9:30〜17:00

2.開催場所 東京環境工科専門学校(東京都渋谷区東2−5−3)

3.参加について
  ・対象 
エコツアーおよびエコガイドに興味のある人、実践している人ならだれでもご参加いただけます。
  ・参加費
    12000円(講習代、保険料など)

4.日程概要
   午前 オーストラリアと日本のエコガイドおよびツアーの違いなどのディスカッション
   午後 それぞれのガイドのが持つスキル研修
       藤井 査定官からみた必要なスキル
       木村 自然に負荷を与えずに行うデジタル家電を使ったスキル

5.お申し込み・お問い合わせhttp://www.eggs-nature.net/bosyu.html
   申し込み、お問い合わせはこのHPお問合せよりお願いいたします。
   (ご連絡いただいてから3日以上たっても返信がない場合は、お手数ですがもう一度ご連絡ください)
     その際、お名前・連絡先(電話またはFAX)・住所・E−mailをお知らせください。

主催 EchoEchoTour・株式会社EGGS
後援 ECOTOURISM AUSTRALIA・東京環境工科専門学校



③北海道


第4回 エコツーカフェ北海道 日豪エコツアーガイド座談会

2010年9月21日(水) 18:00〜20:00
(開場 17:30)

ゲストスピーカー:
 藤井慶輔氏(クレストツアーズ・オーストラリア在住)
  エコツーリズム・オーストラリア協会認定エコガイド査定官からみた必要なガイドスキル

 木村太郎氏(EGGS 東京在住)
  環境に負担をかけないデジタルガイドスキル

【会場】BARCOM SAPPORO(バルコ・サッポロ)
中央区北2条西2丁目-15 STV北2条ビル1F
【対象】どなたでも
【参加費】1,500円(軽食・飲み物付)
【定員】25名
【共催】北海道大学観光学高等研究センター・ゆっくりずむ北海道 
【後援】日本エコツーリズム協会
【お申込み】下記を記載のうえ、e-mailにてお申込みください。
      ①お名前(複数参加の場合、お連れ様のお名前)
      ②所属、③連絡先、④当日聞きたい話
 ※申し込みメールアドレス : contact@hokkaido-terroir.com 
【お問合せ】ゆっくりずむ北海道  tel : 011-211-1954
e-mail : contact@hokkaido-terroir.com

今回のエコツーカフェ北海道は、藤井・木村両氏を交え、エコツアーをテーマに座談会形式で行います。参加者とツアーガイドが日豪の共通点や違いなどについてディスカッションします。 


④大阪 


9月23日

『日豪エコツアーガイド対談 〜エコガイドが描く未来の地球〜』

ゲスト: 
藤井慶輔さん
(クレストツアーズ所属 エコツーリズム・オーストラリア協会認定エコガイド/査定官)
木村太郎さん
(株式会社EGGS代表)


【時 間】 18:00〜19:30 (開場 17:45)
【参加費】 一般:1,000円、学生(要学生証):500円 (資料、飲み物代込)
※資料はご予約の方優先です。
【定員】 20名 ※先着順にて受付
【会 場】 studioCAVE
     大阪市西区千代崎2−2−13
【申込・問合せ】 ㈱EGGS http://www.eggs-nature.net/ecosaka
   申し込み、お問い合わせはこのHPお問合せよりお願いいたします。
   (ご連絡いただいてから3日以上たっても返信がない場合は、お手数ですがもう一度ご連絡ください)
     その際、お名前・連絡先(電話またはFAX)・住所・E−mailをお知らせください。  

2010年08月20日

雨あがり・・・・

今日のゴールドコーストはず〜〜っと雨。

山はしとしとicon11icon11icon11icon11icon11雨が森を大切に包み込み、明日に備えてくれてる感じ。

そして日の入り・・・・・・・・・・・・・・







雲が去り・・・



私も主役よ・・といわんばかりに太陽が現れました。



明日も良い事ありそうだ。そんな予感に乾杯したいです。  

Posted by K at 16:45Comments(2)自ずと然り

2010年08月20日

富士宮 名物


B級グルメチャンプ(当時)
富士宮 焼きそば






にするか・・・・・・




新星。。
ルイビ豚 丼







にするか・・・



みなさまはどっち?僕は両方でした。さぁ朝ご飯作ろうット。
  

Posted by K at 06:59Comments(3)

2010年08月19日

Love & Peace in Byron

バイロンベイの駐車場には、たくさんハイエースに絵やメッセージを書いてある改造したキャラバンカーが止まってます。


それを見ながら散歩するだけでもほのぼのして面白いface01face01

中にはず〜〜と車暮らしの方もいらっしゃるようで。。。face08face08

最近のお気に入りはこの車。

サーファーとヒッピーと芸術家が愛したこの町を象徴するようですね。








  

2010年08月18日

クレストツアーズのデポ

11am〜2pmまでの仕事が終わったので、クレストツアーズのバス部門を取材(邪魔??)して来ました。


これが工場内。ここでバスを修理したり、車やバスを造りますitem12item12







点検中。ドライバー兼メカニックなので一緒に仕事をする時に頼りになるし、信頼できる大切なパートナーです。オーストラリア中からバスとドライバーの貸し出しの依頼が来るので点検は怠らないface02face02











クレストツアーズの大型バスは手づくりなんですって。そうすると2000万円は安くなるのだそうです。ちなみに新型のバスは約1億円なのだそうです。





「できることはすべて自分たちでやる」と信念をもって仕事しているから良い仕事ができるのだなぁっと感心。そして仕事後4pmには集まったメカニックやドライバーたちががビール片手に談笑。冷蔵庫は常にビールで埋まっているicon06icon06icon06。素敵なオージー達に囲まれた環境は最高です。。
会社を好きなると言うことは、自分自身の潜在的な向上を高める為の大切なエンジンだなって日頃思います。相手を好きなる。住んでいる土地を好きなる事にも通じますね。




これは昨年の写真。となりは関口知宏さんと言って宏さんの息子さん。関口知宏のファーストジャパニーズというNHK BS1の取材の時に撮りました。




  

Posted by K at 21:12Comments(3)自ずと然り

2010年08月18日

バイロン・ビーチ

今日は、11時からの仕事なのでゆったり。。は、してらんない。日本行きの準備をしはじめないと。。face09

でもこの時間、家に居れるのは珍しいのでsports03お休み気分です。


昨日のバイロンベイのビーチ・・・・・・・・・雲ゼロ・・・人ゼロ・・・・・



そんな日もいいよね。










1か所、湿地帯から水が流れ、砂浜に茶色く濁り、水溜まりとなっている場所発見。。青空が反射して、、、icon12icon12その砂浜の向こうに海がある。










おお〜〜〜〜〜〜〜〜この濁り方は、Tea Treeのタンニンだ!!。。見事な茶色。汚い??ちょっとちがいます。栄養の多い水の色なんですよ。お肌すべすべになるぞぉface03face03。フトモモ科に属して学名Melaluca(白と黒の意)。Tea Treeの名の由来は、葉が水に浸かると高茶色に水を染めるためについた。












内陸にはこの界隈の源であるTweed Volcanoが見えました。三角形の部分がMt Warning。ジェイムスクックやアボリジナルの人々が先祖代々見てきた景色と、同じ景色を見ていると思うと感無量。。。でありましたface06face06