2011年02月06日

ぱーす旅行記 ⑤ Cervantesを目指す途中で

西オーストラリアの誕生はとてつもなく古い。地球でもっとも初期の地質だ。

僕の中では『古い』とイメージできる動植物ッて現存してもしなくてもシーラカンスやシダ、恐竜やサメ、ゴッキー、アンモナイトとかそんなもんだ。

でもシーラカンスanimal01デボン紀=約4億1600万年前から約3億6700万年前

そのあとかな・・シダ植物が発達し、昆虫や両生類が栄えた石炭紀(3億6700万年前から2億8900万年前)

でもってやっとアンモナイトの時代が三畳紀(約2億5100万年前に始まり、約1億9500万年前)

恐竜の栄えたジュラ紀が1億8000万年−1億4000万年前・・face19


しつこいけど、西オーストラリアの地殻ってものっっっっっすごく『古い』

パースもピナクルスもオーストラリア西部に属するんだけど、その地殻の誕生は始生代まで遡る。始生代は生命が始まる時代の略と覚えるとわかりやすい。
  続きを読む