2011年02月16日

神戸海星女子学院大学

昨日は神戸海星女子学院大学の観光ホスピタリティ学科のエコツーリズム研修、学生35名のエコツアーを担当しました。http://www.kaisei.ac.jp/deptguideline/th/kyouin_message.html#kitagawa








じつは一尾准教授と有村准教授は、2009年の世界旅行博での僕と小林美絵子さん( http://miegogoblue-heaven.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-a358.html )との公演後、エコツーリズム協会のブースでウロウロしていた所に声をかけて頂きました。

先生方はその年にNHKで放映した僕のドキュメンタリーを見て『エコガイド』に興味をもってくれたそうです。

その時は名刺交換してバイバイface02

それから2年後、、、、偶然にも再会の日は急にやって来ました。


『関口知宏のファーストジャパニーズ』をご覧になり、神戸JTB主催で神戸海星女子学院大学の観光ホスピタリティ学科の研修場所をゴールドコーストにされたいと考えていたそうです。何度もゴールドコースト現地JTBと神戸JTBがエコツーリズム研の修企画し、最終的に仕事がクレストツアーズに入って来た。。っという形です。


今年1月の中旬位から個人的にメールのやり取りを先生としていて『時間の空いた時にでもお会いしましょう』と言う話でしたが、偶然にも僕の所属する会社に企画が入って来て、偶然にも僕(と父)が担当をする事になったのでした。

先生方は僕が担当という事で大喜びで迎えてくれました(僕にはかなり良い意味でプレッシャーface23


先生方曰く『ここまで偶然が重なれば縁』、なるほど『納得』しました。




行く場所は世界遺産『ゴンドワナ多雨林保護区』スプリングブルック国立公園の『パーリングブルックフォール』と『ツインズフォール』の2か所。それと昼食とエコツーリズムレクチャー付き。

『その場所に連れて行く事』を重点としている研修スケジュールが多い中、神戸海星女子学院大学は、先生だけでなく学生達も『5感を体験するエコツーリズム』というテーマをしっかりともっていて僕に内容の濃いものを求めてくれました。

ですからバスの中でメモを取る学生も多く、話を聞いてくれたりと学生の姿勢というか響き方が素晴らしかった。





さて、『パーリングブルックフォール』は天候が不安定(今は晴れてます)でも雨は少なく。。。。まぁ往復200mなので雨が降ってもそんなに問題無し。


大変だったのはツインフォールの3kmウォーク。。face29  続きを読む