2011年04月07日

『美味しんぼ』雁屋哲さんと・・

今週末、シドニーへ行って来ました。


赤ちゃんが産まれたばかりなのですが、おくさまの『どうぞ・・face02』という神の声のおかげで、コソコソicon16とシドニー行きのチケットを購入しました。

そこまでして行く理由は、『美味しんぼ』の原作者であり、シドニーにお住まいの『雁屋哲』さんに会わせて頂けるという事でした。


引き合わせてくれた方は『新ばし』の手打ち蕎麦の職人ご夫婦。『美味しんぼ 59巻』からたびたび登場しています。 http://oishimbo.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=10590205


そしてこのご夫婦との出会いのきっかけはシドニーにある『新ばし』がゴールドコーストに店舗をつくり、僕がよく行くようになったこと。そして『関口知宏のファーストジャパニーズ NO13 エコガイド 藤井慶輔』(2009年にNHKとNHK プレミアムで放映)の3週間の撮影期間中に、蕎麦好きの関口知宏さんを筆頭にクルーの方々とたびたびこのお店に行きました。

ただそれだけだと普通のお客だったと思います。


『関口知宏のファーストジャパニーズ』は1時間番組なのですが、3週間の密着した取材の中で、僕が大切にしている事として、旬を逃さずタイミングを見計らって最高のもてなし(演出)をする心『一期一会』のお話をした部分と、オーストラリアに来てから『美味しんぼ』が日本を知る手がかりだった事を話した部分がカットされずに放映されました。

その放映された番組を新ばしの奥様がDVDに録画して、雁屋さんに送ってくれていました。それだけでも嬉しかったです。


そして今回、雁屋さん宅へお邪魔するから一緒に来ない?とお声をかけて頂きました。



日本からオーストラリアへ移住する数ヶ月前、12歳だった僕は熱を出して寝込んでいました。そして母が退屈しのぎに買って来てくれた漫画がなぜかその当時見た事も読んだ事もない『美味しんぼ 19巻 食は三代』だったのでした。

『オーストラリア』に来なければ、『美味しんぼ』は数ある漫画の一つだっただろうし、、、23年前、縁あってオーストラリアへ来る年に『美味しんぼ』に出会い、3年前、縁あって『関口知宏のファーストジャパニーズ』の取材を受けて、縁あって『新ばし』と出会い、、そして雁屋哲さんと出逢わせて頂きました。


長い時をかけて繋がった不思議な出会いと繋がりに、感謝以外の言葉が浮かびません。


美味しんぼという漫画は、小学校を卒業してオーストラリアへ移って来た僕にとって特別な存在なのでした。。。

ネットもない時代、国際電話も1分300円以上もする時代。無理矢理オーストラリア連れて来られて、日本へ帰りたかった時代。

オーストラリア永住したての僕の・・・・・・・・・まだまだ知らない『日本』や『日本人の気質』、『四季の捉え方』、『食の世界』はもちろんの事、さらに日本人の物事への『考え方』『捉え方』『感じ方』『根気強さ』『工夫と応用』『心構え』『本質』『温かさ』『技術』『こだわり方』『歴史』『文化』『ホスピタリティ』『智恵』『知識』『探究心』『タイミング』『感性の重要さ』『おもてなし』『問題』など・・・・今の僕の生き方や職業に対してたくさんの『考える』ヒントや『引き出す』ヒントをくれた本でした。

  続きを読む

Posted by K at 06:23Comments(4)自ずと然り