2011年04月20日

soba職人の技 弐

http://ecotourguidekei.go-jin.com/e16995.html の続きです。そして手打ち蕎麦の仕上げをご報告しますface02

2日前に穫れたオーガニックの蕎麦の実を製粉してその場で職人が打つ。。。湯でる。。そして食べるというかなり嬉しい贅沢で貴重な体験をさせて頂きました。






色の比較をするならタスマニアは、白い感じで新そばは白さがあります。そしてキメが恐ろしく細かい。。日本には様々な蕎麦がありますが、先入観なしに紛れもなく質が高いと感じました。日本で仕入れようとしてもこれがまた『高い』んです。






今回の『押し掛け手打ち蕎麦』で使用した『そば粉』は、有機栽培。しかも世界で最も空気と水が綺麗とされるタスマニア島で育てられたものです。(ちなみにワサビもタスマニア島で栽培されています)
そして今回の趣向の為に、日本大使館とオーストラリア大使館に送る蕎麦の実を栽培する畑から収穫したとのこと。しかもその日は雨で、機械が使えず、カマを使い雨の中収穫。その後、蕎麦の実を取り出し乾燥させてから製粉させるのですが、乾ききらず『ドライヤー』まで持ち出し乾燥させ、あとに製粉したそうです。







オーストラリアの新蕎麦の時期は5月以降。。よって新ばしの主人曰く『世界中でここにしかない究極の新蕎麦』と言っておられました。







一寸の狂いもない技術は見ていてホレボレします!







なぜタスマニア島で『蕎麦栽培』をしているかというと、発端は20年以上前、江戸の風情を強く残すそばの代表格である東京・浅草の老舗蕎麦屋「並木藪蕎麦」の先代堀田平七郎が、白鳥製粉の先代の社長に科学の進んだこの時代(当時)、蕎麦の味の落ちる夏になんとか鮮度を保つことができないのかと話したことだそうです。

(江戸/東京では夏の蕎麦は犬でも食わないと言われていた)それだけ味が落ちるということだ。



  続きを読む

Posted by K at 06:06Comments(2)自ずと然り