2011年04月30日

パワースポット

ココ最近のゴールドコーストの天候は『変りやすい』。


雨かと思うと、強力な直射日光が町を照らす。

お洗濯完了!バッチリ干して、さぁ花蓮の検診だ!と車を出そうと思ったら雨がザァ〜〜〜〜〜icon03face30



そしてすぐにまた晴れる。。。。。face07face07もてあそばれているかのようなicon10icon10天候が続いております。


さて、、今日のスプリングブルックの奇跡・・・・・標高約700mの地点にあるTWIN FALLでは気温15度、湿度90%とあって少し肌寒く歩くのには丁度良い条件でした。


だいたいゴールドコーストの雨雲は決まってスプリングブルックの山を含むマクファーソン山脈のカルデラの地形から発生します。

毎日居ると分かるのですが、朝一で山に着いたときにカルデラを一望する展望第に行くと、180°のカルデラが見れる絶景から徐々に『綿菓子』が出来上がるみたいに莫大な水蒸気があがっていくのがわかります。


『鍋状の地形』に生い茂る多雨林から蒸気が出て、その蒸気は傾斜面を駆け上がり、遠く真下たから景色を見ている僕らをもあっというまに通過して見る見る蒸気がカルデラ上空を覆って行きます。


森と地形を母体とし、その胎内にいる僕らは神秘的な生命の源『水(雨)』の誕生をその場で見ること・・・・・感じることが出来るのです。

  続きを読む