2011年06月14日

雨を歩こう。

サーファーズパラダイスなどがあるゴールドコーストの海岸線は晴れicon01

でも内陸部に位置するスプリングブルックはずっと雨icon03

山(ツアー)で濡れて町に帰ると何でそんなに濡れているの?と聞かれる事もしばしばありますface02


ゴールドコーストの水源は地形と森が繰り成す蒸気=雨。


森は蒸気を増加させて、地形は雨雲を形成してくれます。


どよーーーんicon02とマイナスイオンこと蒸気に包まれた森を散策する事が今では僕の一番のお気に入りfeel03


雨やどよーーーーんが好きになったきっかけの一つはアメリカの海洋生物学者、故レイチェルカーソン女史の作品『センスオブワンダー』なんです。

『雨の日は、歩き回るのにうってつけだとかねてから私は思っていました。メインの森は、雨が降ると、とりわけ生き生きとして鮮やかになります。







自然は、ふさぎ込んでいるように見える日でも、とっておきの贈り物を子供達のために用意をしてくれています。』


レイチェルカーソン女史は『雨の日』を『妖精の国』と例えてくれた。『雨の日』は『魔法』がかけられていると例えてくれた。
  続きを読む