2011年07月31日

元気ないなぁ旅行業界・・

時代は激しく変化している。マンネリ化してアイデアが無い組織は、組織ごと消えて行く・・・・・まさにそんな日々だと感じるこのごろです。


だから突破する力=独自性、創造性を発揮する時ではないかなと思う。


あの人がこうだから、その人はあ〜だから、組織の中の悪い部分は、あげたらきりがない。悪い循環しか起こらない。そのうち循環もなくなり声を掛け合う事もなくなる。人体なら大病です。


脳力開発センター田中典生さんの言葉が響く

*仕事とは、お客様を喜ばす、お客様の幸せを高めることだ考えてみ ませんか。
勿論、働く仲間一人ひとりの役割・任務・行動は、違っています。
でも働く仲間の仕事・目的・方向が、一致しているからこそ協力で きます。
働く仲間が、役割にこだわらず協力するから、お客様の幸せも高ま ります。
幸せの高まったお客様からの「ありがとう」で、あなたの幸せも高 まります。

*人(ヒト)は、モノとカネとは明確に異なり、けっして同列視はで きない。
ヒトは、自らいくらでも成長する。ヒトは、仲間同士が助け合い、 協力する。
ヒトは、内面から輝き、お互いを引き寄せる。だからヒトは素晴ら しい。
お客様の幸せを自ら考えるヒトつくりが、「永栄福経営」の秘訣。
ヒトにしか出来ないことに注目して、ヒトの力を最高に発揮するの が21世紀。




  続きを読む
Posted by K at 09:05Comments(2)自ずと然り

2011年07月29日

美味しい庭②

『楽園な畑』を満喫して、欲しい物は持って行けというIさんの言葉を良い事に、おくさまはあれもこれも欲しい物ばかりface02

家族4人では食べきれないくらいの収穫量だそうです。





水道の水はそのまま白いパイプを伝って、畑に流れていく仕組み。写っているのはバナナの樹。







シートをかぶせて肥料を作っています。やろうと思えばここからでも熱いシャワーが(2〜3分)浴びれるくらいの熱をつくれるそうです。






しばし休憩。このたき火の灰は、寝かした後、肥料に生まれ変わるそうです。かんでも活用する智恵と知識が素晴らしい。無駄が本当に少ないと思いました。落ちた葉や枝、収穫できずしおれた果物や野菜も含めてこの土地の中で『循環』されています。

  続きを読む

Posted by K at 19:01Comments(0)

2011年07月29日

美味しい庭①

新鮮な野菜ができているから来いという事で、父のガイド友達のIさん宅へお邪魔して来ました。


Iさんは僕がガイドを始めた19歳のころ、同じ会社の先輩に当たる方です。Iさんはなんと喜界島出身!






鹿児島から南に380㎞、東シナ海と太平洋のほぼ境界上に位置するとう島です。話し方は豪快、声も大きく、良く笑う性格が大好きです。

農業に長けていて、土壌のあまりよくない土地でも見事、丹誠込めて創り上げた畑にはまるで楽園の如く野菜や果物が実っていました。

生姜や、山芋、ニンニク、大根、カブ、サボテンから、ほうれん草、柑橘類・・・・あげたらキリがありません。





大根!とカブ!!これがまた太くて大きい!オーガニックマーケットで売っている物よりもふた回り位大きい!。早速『大根のお刺身』を作りました。おくさまは『大根のお刺身』は、聞いた事もないと言って『?????』

採れたての大根を、即切ってお刺身の様に並べるだけです。。。。が、ただそれだけなのに甘い・・・そして繊維が固くなく、しゃっきりして血が綺麗になるような水分の多さでした。

 
  続きを読む

Posted by K at 04:24Comments(4)

2011年07月27日

野生のコアラ

運転中、スプリングブルックまでの途中の森で目線があった。


車を降りてじーーーーーーーーーーーーーーーーfeel19


face19お客様は大はしゃぎ!feel03

野生のコアラは滅多に見ないです。寝てるし・・・・・・・・・動かないし・・・・・・・・・・縄張りあるし・・・・・・・・・


ヘレンズベールの小学校や高校時代はよく校庭にカンガルーが来たり、ユーカリにはコアラを見たりしてました。


さて・・・


コアラはどこでしょう???ちなみにオスです






  

2011年07月26日

森のお姫様

可愛く小さな、、それでいて暗く深い緑の中でひと際目立つ森のお姫様・・・・・・・





その名前はStream Lily。学名はHelmholtzia Glabberrima。


しゃがんで目線を合わせると本当に可愛いです。


文献では、このStream Lily自体は世界中でスプリングブルック含む『マクファーソン山脈』でしか見れない超希少種と書いてあります。また、3月に花が咲くと書いてあるのですが、結構時期を待たずして咲いていたり、真冬の今の時期にも花が開花したりする。でも同じ冷温帯雨林ならば、もしかするとNZやパタゴニア、タスマニアなどにも近縁種がありそうですね。







  続きを読む

2011年07月24日

アルパカおじいちゃん

時々、本当に時々・・・・・・

バイロンベイの町を散策していると、、亜熱帯気候の温暖な気候、、そして水着で歩くひとが多い海岸線のこの町で、ひと際、場所を間違えているのではないかと思いたくなる生き物が町を歩いている時があります。

アルパカ製の帽子、アルパカ製のシャツ、アルパカのようなヒゲはハイジのおじいちゃんのようで、、1度見かけたら絶対忘れません。

そちらがこの方・・あぁ名前忘れてしまいました。すいませんface10







彼自身はもともとタスマニア島に5年前まで住んでいたそうです。確かにアルパカは寒さに強く、タスマニアには向いています。

もともとアルパカは南米が原産。捕鯨も禁止となり、世界的需要が少なくなっていたオーストラリア羊毛時代末期に新たな『羊毛に代わる素材』として導入された生き物のようです。。ところが全くの不発で、時代は化石燃料を含めた鉱物等の輸出入となっていきました。


  続きを読む

2011年07月23日

はちみつの大学芋

僕は大学芋が大好きです。

よくおばあちゃんが作ってくれました。おばあちゃんが作ってくれるものは何でも大好きだった。
肉じゃがや佃煮、小さかった頃だけど苦い日本茶もおばあちゃんが作ったものは何故か飲めた。おばあちゃんの居る風景、雰囲気が大好きだった。

もういないけど、おばあちゃんはずっと僕の中に生きています。

大学芋を作るのは実は初めて・・・・・・face07

ネットがあるからパパッと調べたら結構、、かなり簡単そうで、、作ってみました。


オーストラリアの小学校に編入した時にすごくカルチャーショックだった事があります。

それは、(僕を含め)子供達は小学校内の売店で、ホットドッグ、ミートパイ、お菓子、アイス、飲料水などなど・・・『自分の好きな物』を自由に買えるのです。

これはすごく楽しかった。自由にお金が許す限りのグミやアイス、ポテトチップスに飲料水、買えちゃうんだから。

今考えると、親というストッパーもないし、学校側が売っているんだから食べる子は、毎日毎日ハイスクール時代も含めると12年間は、怪しい食生活になってしまうのですね。

浮腫む=循環が悪化=動くと疲れが増す=動かない=また、食べるの繰り返し。結局、フィジカルにもメンタルにも良くない影響が多様化してくるので、集中できない、寝てしまう、落ち着かない、怒りやすいなど、病気の元になるなどなど自分がのちのち損してしまう。

子どもの肥満率が高すぎるオーストラリアの原因のひとつが学校の食生活なんだろうと今は感じます。。


実は最近、花蓮が年頃に食べられる『おやつ』を模索中です。

先週、サツマイモをファーマーズマーケットで入手。

早速、大学芋を作ってみました。  続きを読む

Posted by K at 08:11Comments(3)自ずと然り

2011年07月21日

澤選手のメッセージ

Facebookの友人が教えてくれた『マスコミなど日本で報道されていない澤選手の言葉』

http://sports.yahoo.com/soccer/news;_ylt=AmArrRdFEVrJjWgo3hlE1WA5nYcB?slug=ro-rogers_japan_win_pay_tribute_tsunami_071711



澤選手のコメント:

“We knew that what we were doing here could be about a little more than just a football tournament. If winning this makes one person, someone who lost something or someone or was hurt or damaged by the events that touched our country, feel better for even one moment, then we have really achieved a most special thing.

If it makes everyone happy and joyful and gives them a reason to cheer after such difficult times, then we have been successful. Japan has been hurt and so many lives have been affected. We can not change that but Japan is coming back and this was our chance to represent our nation and show that we never stop working. This is like a dream to us and we hope our country shares it with us.”





「我々のしていることは、ただサッカーをするだけではないことを、意識してきた。我々が勝つことにより、何かを失った人、誰かを失った人、怪我をした人、傷ついた人、彼らの気持ちが一瞬でも楽になってくれたら、私達は真に特別な事を成し遂げた事になる。こんな辛い時期だからこそ、みんなに少しでも元気や喜びを与える事が出来たら、それこそが我々の成功となる。日本は困難に立ち向かい、多くの人々の生活は困窮している。





我々は、それ自体を変えることは出来ないものの、日本は今復興を頑張っているのだから、そんな日本の代表として、復興を決して諦めない気持ちをプレイで見せたかった。今日、我々にとってはまさに夢のようで有り、我々の国が我々と一緒に喜んでくれるとしたら幸いです」
  続きを読む

Posted by K at 17:17Comments(1)自ずと然り

2011年07月20日

バイロンベイ4位?

ん〜〜〜〜face27face27face27

調子が悪いです。喉が痛いし風邪のようだ。

日曜日、おくさまと花蓮のお友達の誕生日会にお呼ばれして、バーレーヘッズにある子供達用のアスレチックジムなどがある夢の広場へ行って参りました。そこは、入園料子どもが有料で大人はタダ。カフェなどもあるので子供達が遊んでいる間、大人people04people05はお茶(有料)が出来るという仕組みで大人気だそうです。

誕生日会などにも利用できて、たくさんの子供達がいました。nature08nature08nature08


そこで風邪をもらって来たようだ。主に調子の悪いのは僕次いで花蓮。。おくさまは何ともない様子。

とりあえず安静にしてます。face12

風邪は呼吸器系の炎症性の病気の総称で、風邪症候群が正式な名称のようです。200種類以上あるウイルスに感染してそれが元で、腹痛、発熱、鼻水、咳、倦怠感、・・・など身体を土台にしてどいろんな症状が出ます。これらの症状をひっくるめて風邪症候群と呼ぶそうです。Anatomyで習いました。


メタボリック症候群、慢性疲労症候群、パニック症候群、シックハウス症候群、睡眠時無呼吸症候群、エコノミークラス症候群にストックホルム症候群、燃え尽き症候群など外見的な要素から内面的なストレスの要素がいろいろありますね。なかにはサザエさん症候群なんてものもface01月曜日に仕事に行きたくない気持ちは分からないでもないですけど。

恋愛症候群も症候群、動機とか息切れ、不眠、集中できない、ボーっとするなどなど恋愛したためにいろんな症状が出ますfeel03feel02


AIDSもそうですね。後天性免疫不全症候群これもAIDSウイルスに感染したために、肺炎や網膜症などが引き起こります。


ようは存在するけども『原因』がはっきりと定められない症状、、何かが元になっていろんな症状が出る、その総称の病名を『症候群』というそうです。シンドロームという言葉をよく耳にしていて調べようとも思わなかったので、知ってみると何気に使われている言葉の意味は深く面白いなと思いました。

僕は今の所、元気の源はエコツーリズム症候群(?)かな?バイロンベイとゴンドワナ多雨林保護区に毎日通って15年。生きていく中でバイロンベイや森からいろいろな事を教わり、また生きるためのヒントをもらっているつもりです。今はツーリズムの中にエコロジーを見出していますが、どんな職業に携わっていても結局、極めようとすると(突き詰めると)環境・・・・・エコロジーの中に『ひと』は存在するんですね。

でも依存症にはなりたくはない。この仕事は大好きだけど、やるからには極めたいと思うけど、この仕事がなければ生きていけないっというのは嫌だな。新しい自分は今を捨てないと分からないし。でも今のこの仕事は好きです。

あぁダメだ。今日はいつにも増してどんどん話の着眼点がそれていく。。。  続きを読む

2011年07月19日

裸足

ひさしぶりに砂浜を裸足でお散歩。


おくさまの妹が来た時に、砂浜で裸足になって喜んで走り回っていた事をふと思い出した。


クツを脱いで裸足で歩くと何かが違う。


気持ちが良い空間がさらに気持ちが良い。開放感が増すっていうのかな。


オーストラリアに住んでいると裸足で外を歩く事は日常茶飯事。


妹は、海岸線はもちろんのこと、森の中も、スーパーもカフェも裸足で平気で歩いて入って行く人たちを見て、目を丸くして驚いていたっけ。いいの?怒られないの?って言ってた。


逆になんでわるいの?怒るの?って聞いてみた。妹は自分の考えや日本での常識を説明してくれた。


それから僕はオーストラリアを説明した。







最後に日本でストレスが溜っていた妹は・・・・・・・・『自由なんだね』って素直な笑顔で一言だけつぶやいた


可能性は自由自在。


ちょっと視点を変えるだけ、始点が違えば同じ環境でも捉え方は違う。


心の捉え方は勝利を呼び込むのかな。なでしこJAPANのように。。



なでしこJAPANの活躍は本当に素晴らしかったです。

未だ興奮して昨日の試合時間に起きてしまっています。


寝れない・・・・・・・・・・・face07  

Posted by K at 06:07Comments(6)自ずと然り

2011年07月17日

W杯なでしこJAPANの試合動画

FIFA WOMEN'S WORLD CUP GERMANY 2011


なでしこジャパンの快進撃!決勝が本当に楽しみです。特に準々決勝のドイツ戦は、日本にとっては巨大な壁でした。

開催国として、、そしてW杯3連覇を狙うドイツは優勝しか考えられないほどモチベーションも高く、過去9度の対戦で日本の勝ちはゼロでした。。。

男子サッカーも世界的に強豪国であるドイツの成績は・・・・・・女子代表も2003年W杯、2007年W杯連覇、オリンピック3大会連続銅メダル、UEFA女子選手権優勝7回などと女子も強いんですface07


そのドイツに初めて勝利し、初のベスト4に進出しました。なでしこの試合って見れば見る程元気になるんです。次も見たいとわくわくするんです。本当に一生懸命で選手も団結しているからなのかな。経営学における、経営力(貢献)、人間力(成長)、組織力(協力)が1試合毎に増している気がします。

本当にすごい。。不況なんてなんのその。人間力が経営も組織も強くするんですね。


そして相性のいいスエーデン戦に見事『あっぱれ!!!』ゴール3連発で勝利!決勝進出・・・・・決勝はやはり勝ち抜いて来たアメリカです。


なでしこJAPAN がんばれ〜〜〜〜








準々決勝 ドイツ対日本

http://www.fifa.com/womensworldcup/highlights/video/video=1472251/index.html

準々決勝 スエーデン対オーストラリア

http://www.fifa.com/womensworldcup/highlights/video/video=1472491/index.html



準決勝スエーデン対日本

http://www.fifa.com/womensworldcup/highlights/video/video=1474718/index.html  続きを読む

Posted by K at 04:09Comments(3)自ずと然り

2011年07月15日

花蓮16週目

朝起きるとニコっと笑顔をだしてくれるようになりました。


バタバタとたくさん動く様になってきて、エビ反りも出来る様になりました。






ウァアァァアと女の子らしい高い声で、原始的な会話もしてくれるface02

だけどやっぱり・・・・というか

どうしても・・というか・・・


ママの方によく反応するようで・・・なかなか僕と目線を合わせない事もしばしば・・face24

いつも一緒に居て、母乳をくれる奥さまの方がなれるよね〜〜


ふ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜\face06


マッサージをして血液の循環をよくすると、かなり母乳の出がよくなるようで、、、、陰ながら支えてるように今は努めておりますface21

  
Posted by K at 17:26Comments(5)自ずと然り

2011年07月14日

お誕生日おめでとうございます。

まむもむさんへ

いつも有り難いコメントをありがとうございます。そしてお誕生日おめでとうございます。
ケアンズの森にはないもの//ゴールドコーストにはあるもの。。何が良いかなぁと考えたら『ナンキョクブナ』でした。

ブナではありませんが、ナンキョクブナと呼ばれていて、ナンキョクブナ属の最も古いの化石は,オーストラリアの白亜紀後期の地層(約8000万年前)から知られている花粉化石です。

かつてのゴンドワ大陸時代(オーストラリア、インド亜大陸、南米、アフリカ、南極が一つだった時代)、ナンキョクを中心にオーストラリア区と南米区の寒冷地に分布を広げた古の樹木です。アフリカやマダガスカルには存在はしません(化石記録も未発見)。

この樹木の生い茂る北限が『スプリングブルック』です。

たまにPCの壁紙にして頂けると嬉しいです。

これからも宜しくお願いします。




Nothofagus Moorei 樹齢約2000年



  

Posted by K at 20:27Comments(3)自ずと然り

2011年07月13日

母と子

弱かった女性も強い母へかわっていく


女性にはいろいろな面がありますね。







僕からは妻、花蓮からは母、親からいつまでも子。


不安を乗り越えて愛情や強さが増していき、日々かわっていく妻をみていると女性はいつまでも、どこまでも変っていける存在なのかなと思ってしまいます。  続きを読む

Posted by K at 18:10Comments(0)自ずと然り

2011年07月12日

夕方のスピッツ岬

久しぶりにスピッツに行きました。

1週間で2回も行きましたface02


1回は七夕の日。暗い水平線にあがってくるpeople12彦星さまとpeople13織姫さまを見る為に。

もう1回はマラソン大会でも走っていた美容師のEちゃんとその友達のKちゃんを迎えに行った時です。


スピッツ岬はシーワールドドライブという半島になっている先端部分でシーワールドの先ですね。あの辺り一帯は人工的に地形が作られていて、人口の入り江となっています。昼間は、ゴールドコーストの町や山岳部、南太平洋が見渡せて、夜に行っても、夜景と星空がすごく綺麗なスポットです。

入り江だから船も多く通りますし、クルーザーも通る。ダイビングの練習などもしているし、サーファーも多い。そして釣り人もたくさんいる場所で、昔から親しまれている所です。イルカもたまに見られます。

僕も小学生の頃、よく父親にスピッツまで連れて来てもらって釣りをしましたmark64


Eちゃんの幼なじみkちゃんが来ているし、花蓮とおくさまを連れて夕陽を見に行こうとEちゃんにメールをしたら。。


『ちょうど私達も今着きました』という返信もらった。


さすがにサーファーズパラダイスから8kmくらいは離れているので、誰かに車で乗せて行ってもらったのかなと思って現地に行ってみるとEちゃんKちゃん以外は誰もいない・・・・聞いてみると、なんと2時間半かけてサーファーズパラダイスから歩いて来たpeople31という・・・・・face19


え?帰りは??って聞いたら、もし僕らが来なければヒッチハイクfeel03を敢行したとのこと。。。。すごい行動力におくさま脱帽face25  続きを読む

Posted by K at 17:13Comments(3)自ずと然り

2011年07月10日

オーラの撮り方

スプリングブルック国立公園は10度から17度くらいの気温で、場所によって気温が違う。

一昨日フリーのジャーナリストとなったTさんと行った時もかなり寒かったです。

レストランの人が言っていましたが、昨日の朝は7時の段階でもマイナス2度だったそうな・・・・・・face10


僕がツアー中にお客様に撮らせて頂いているいろいろな森の中の写真のなかに『オーラ写真』と勝手に名付けている撮り方があります。今回は逆にTさんに撮って頂きました。


@@@@@@@@@@


さむーーーい日が続いていますから、ツアー参加者も当然歩き始めはまだまだ寒い。


そこで僕は薄暗い森の中で、参加者全員に大陽が当たっているスポットに『手の平』を広げてもらっています。


目的は『恵み』を感じる事にあります。


そしてアドバイスを少々。。


目を閉じて・・・・・・・・・・・*1


鼻から呼吸をして・・・・・・・・・・・・・*2


ジワーーーー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・っと数十秒後・・


『温かい』



という参加者の声が必ず聞けるんです。たったそれだけでも冷え込んだ森の中で、大陽の光というか暖かみが『恵み』だと感じるんですね。そして同時に人の身体の心肺機能の向上もできるんです。一石二鳥なのです。 *2参照してください


@@@@@@@@@@@@@@@


さてさて、オーラの写真です





合成ではありません。カラーの変更もしてないです。face02

  続きを読む

2011年07月08日

2年ぶりの再会

2009年に日本凱旋した際に朝日新聞の『ひと』の欄にて取材を承りました。


その時の記者Tさんが、ケアンズからゴールドコーストに着いて、そのままスプリングブルックへ・・・・


ユーカリ、冷温帯、亜熱帯雨林を散策。


朝から夕方まで歩いて来ました。


いろいろと内容の濃い話が出来て楽しかったぁface02










  

2011年07月07日

届け!元気と勇気!!:マラソンのムービー

みんなが頑張りました。







それぞれの想いを込めて42.195kmの距離を自分と戦った戦士達へ・・・


自分で撮った写真と、会場で1曲だけ流れていた『爆風スランプのRUNNER』をもとにムービーをつくりました。


この姿と歌を日本に届いて欲しいと思います。


南半球から東北および日本に元気と勇気を届けようと走りきった姿をface01
  続きを読む

2011年07月06日

頑張ったね〜:ゴールドコーストマラソン2011

今年で33回目となるゴールドコーストマラソン2011。

意外や意外、歴史は結構古かったのです。






42km走るなんて考えた事も無かったですが、今回応援をしに行って気がついたら大声で応援してました。face16face16


1位 JAMES KARIUKI ゴールドコーストマラソン新記録でゴール






めっちゃ早かったです。さすがプロ....というかアフリカ勢の身体能力がすごい・・・・・・・・


さて・・・・マッサージスクールオブクィーンズランドのクラスメートのSちゃんと友達のEちゃん、Kちゃんを写しに車で先に移動してまつ事に・・・・・
  続きを読む

2011年07月05日

豪人ブログ1周年!

7月5日・・・・・今日でブログを始めて1年となりましたevent04event04animal02face02


訪問をされてくれた方は6万人を突破。ほんとうにありがとうございますface01face01


さまざまな方のコメントに元気と勇気を頂いています。そして豪人ブログを始めてからの出会いにも感謝。


当初、オーストラリア発のブログサイトとして発足した『豪人ブログ』を見た時に直感的にこれだ!と思った事と、I Padが当たるかもしれないという特典が魅力で始めました。


ヤフーブログが主体でしたが今はもう豪人ブログに書く事を優先させています。  続きを読む

Posted by K at 19:29Comments(8)自ずと然り