2011年10月18日

マウントウォーニング





これはバイロンベイの灯台から見たマウントウォーニング。

マウントウォーニングはこの地域の先住民族の言葉でWollumbin

意味は『山の長』・・・・だったり・・・・・・『雲を掴むもの』だったりするとことが面白いface02

ゴールドコーストに近い先住民族の方々は『雲を掴むもの』だよって教えてくれた。

バイロンベイの先住民族の方々は『山の長』だよって教えてくれた。

Wollumbinはどっちの意味でもあるんだ。

住む場所が違っていれば『見え方』『感じ方』がちがう。どちらも正しい。


バイロンベイ国立公園のレンジャーさん達は先住民族の血が流れています。ガイドを始めた頃からWollumbinの話をよく聞いていた。
以来、決心事があるたびにWollumbinに行くようになっていた。Wollumbinだけではなく点在するゴールドコーストとバイロンベイ周辺の先住民族が代々大切に思っている場所は、今では気持ちのよりどころになっていますicon12icon12