2011年12月09日

B.R.N.P③

STEEPな坂を上る途中でも感動したface19


行かれる方は、早く上がる必要はないから自分たちのペースを大事にしてゆっくりと登って欲しいです。




これが花崗岩質の表面


このような岩質なのでクツの裏にひっかかり登りやすいです。そして横道にそれないように白線が所々書かれていますから、その白線通りに行けば問題無しface29。逆に危ない冒険心に注意です。踏み外したり、横道にそれたら真っ逆さまに転げ落ちる所も多いです。

さてさて第一の坂を上りきり後ろを振り向くと・・・・・・・・





森の蒸気は雲そのものになっていたicon02icon02icon02そして今だ形成中だ。まるでふわふわの雪みたい。オーストラリア大陸最大の花崗岩地帯をユーカリの森が覆い尽くしているのだが、その表面をまた白い水の粒子がお化粧をするように覆い尽くし始めていた。

この景色を目の前にするだけでも最高の幸福感を味わえた。

さぁ進もうfeel14頂上まであと半分。

坂を上がりきるとまたユーカリが森を創っていた。





僕らにはまるで神話世界の神殿への入り口のように見えた。





僕らには想像つかないほど昔の地球の歴史を辿る事の出来る神殿なのだ。

その入り口から中へ進む。。



  続きを読む