2011年12月15日

B.R.N.P⑤ タロウが見つけたもの

海抜1200mの花崗岩の頂上に着いたら雲海も消えていったicon02icon02feel17

てっぺんは平らだった。微かにまるみを帯びている。。問題なく歩けるが、道をそれたらたちまち危険度が増す。





そして驚く事に小さな森が存在していた。

巨木が生い茂るユーカリの森は遠く眼下にみえるだけ。。。nature03

なのに何億年もの浸食の為、頂上付近には土壌がないのにも関わらず森が存在していた。

タロウが見つけたpeople07

『これだ!』





地衣類!!



この存在が、風化している花崗岩のてっぺんには、ありえないはずの森を支えているんだ。地衣類はよく見かける。オーストラリアでも日本でも樹木の表面や、岩やコンクリートの壁などに存在している。

実はこの地衣類・・菌類と藻類からなる共生生物なのです。ようはドラゴンボールのフュージョンのように菌類と藻類が合体している共生の姿なのです。ただ日本でも◯◯ゴケ・・・・などと『苔』という呼ばれ方をしているから苔だと思ってしまう。

特徴はどこでも『生きられる』という事。

だから極寒の南極大陸や有毒ガスの出る火山性地域にも生きられる種類がある事で有名です。

共生と言えばクマノミanimal01food47イソギンチャクの共生関係は有名だ。

ちなみ地衣類の共生のメリットとは・・・・菌類は乾燥や極寒の環境変化から藻類を保護しpeople12people13藻類は光合成にするから栄養供給の役割を担っている。

まぁ夫婦も共生だから。

さてさて地衣類が住み始めると、葉っぱがどこから飛んで来た時にストッパーの役目をする。

そうすると葉っぱの分解が始まる





分解が始まれば養分となる

  続きを読む