2011年12月30日

いざGirraween National Parkへ!!

Girraween National Park・・・

前日に行ったBald Rock National parkと全く同じ地域(Warwick (Queensland) から南の Armidale (New South Wales)まで約250 kmの距離に渡る範囲。オーストラリア最大の花崗岩地帯)なのだが州をまたいでいるので国立公園管理局の管轄がQLD州とNSW州に分かれる。だがGirraween National Parkの方が宿から近い。なんと宿(http://ecotourguidekei.go-jin.com/e28970.html)から車でたった20分で到着icon16してしまう。

ちなみにBald Rock National parkまでは片道1時間。州が変るので遠回りしなくては行けない。

それはそうとゴールドコーストへ戻る出発日。僕と太郎は妻子が寝ている朝4時半にGirraween National Parkへ向かった。

Girraweenとは先住民の言葉で"place of flowers" nature16nature13nature14オーストラリア固有の硬葉植物群(主に繊維が硬くて細い葉を持つ)の宝庫となるそうだ。

乾燥し、紫外線と直射日光がエグイオーストラリアで植物たちの葉は超繊維質で硬く・・そして細くなる必要性に迫られたのであろうnature08

特に9月は春に来ると色とりどりのお花を観察出来るそうだ。





あっというまに駐車場に着いた。なんと野生のカンガルーがいっぱい!!





我々が行くのはTHE PYRAMID 9時には宿についていなくてはならないので今日も残念ながらショートコース・・・とはいえ大正解だったface02





Bald Rock N.Pと同じような景観を歩く。途中左手にピラミッドの形をした山が見えた。そしてもう少し進むと右手に結構遠くにまたピラミッドの形をした大きな山が見えた。僕はTHE PYRAMIDは左手の小さな山だと思っていた。太郎は冗談で右手にある大きな方だと言い切った。



1.2kmの距離だから近いはずの左手の山だと思っていたが、どんどん進むにつれ『行く』と思っていた小さなピラミッド型の山を素通り・・・・太郎が冗談で言った遠くのピラミッドがだんだん近づいて来た・・・正直驚いた。。宿から近いし、先入観があって昨日の感動(http://ecotourguidekei.go-jin.com/e29129.html)も残っているからそれほど期待はしていなかった。。

だけど間違いだったface12反省・・face30

駐車場からはかなり遠くに見えていた右手の巨大な三角形の花崗岩・・これこそTHE PYRAMIDだったのだ。



頂上ははるか彼方・・・
  続きを読む

2011年12月28日

言う事無し^^

コメント返信貯めてしまってます。もうしわけありません・・face10

早朝に蒸気が空にかかると(昨日の天候)2pmから3pmにはスコール。夕方は落ち着いて、真夜中に雨。そして昼間は晴れている!

これ理想の天候です。そしてぼくの経験では90年代が約10年程こんな感じでしたface05

ファッションも逆行するけど気候も逆行するのかな。。。

言う事無し!!
  続きを読む

2011年12月26日

ヨーグルトに初挑戦!

基本母乳100%ですが、すこーしずつanimal29、すこーしずつanimal29animal29離乳食の回数や食べるものfood12food39food06を変えていますface02

さてさてそんな花蓮さんnature16

生まれて初めてのヨーグルトに挑戦。

だってこっちの食べているものばかりに気が行くようで・・・・横目でチラチラface04欲しいオーラをアピールしてきます。

無糖だからすっぱいと思うよ・・・いいの?・・・じゃあ試すか?

という事になり初挑戦です。

わくわく・・どきどき・・・手が伸びて早く頂戴という仕草をしてきます。

はい あーーーー〜〜〜〜〜〜〜ん

パク・・・・・・・・・








『◎◁●◇×!!!』

  続きを読む

Posted by K at 14:09Comments(3)自ずと然り

2011年12月25日

2011Christmas Grand Champion

2011 Christmas Lights CompetitionのGrand Champion





今年は昨年の大雨のトラウマのせいか、参加者がもっとも少ない年となったそうです。が。。。

いままで見て来たなかでもっとも凝っていたと思います。

夢があって手作りで楽しいデコレーションが多いです。子供目線100%!!





クリスマスイルミネーション用のデコレーションは、アメリカやヨーロッパなどから取り寄せる家もあるそうです。オーストラリアだと買う所が限定されるからみんなほとんど同じになっちゃうもんね。





オーストラリアは家族でのんびりと過ごせるクリスマス。。。素敵ですね。

24年前にオーストラリアに来た最初の年、クリスマスから年明けの第一週までスーパーもお休みで餓死寸前になった事があります。それからボクシングデイを知らなくて、ボクシングする日だとからかわれて信じてましたface02

@@@@@@@@@@@@@@@@


世界中の子供達に幸せが訪れる日でありますように・・





メリークリスマス〜
  

Posted by K at 06:51Comments(8)自ずと然り

2011年12月23日

B.R.N.P⑦ 完結

ユーカリの神殿を下る途中、居たる場所で巨人が積み上げたような巨石を見るface19

巨石と巨石の上にまた巨石が乗っている。ハッと見ると積み上げたように見えてしまう巨石も、実は浸食によってそのように見えてしまうというわけだ。





何億年という月日が大地を削り造り上げた芸術とはよく言ったものだと思う。

近道のSTEEPな道は下るのには危険すぎるから、近道⇨頂上⇨駐車場まで2kmの道の順路で正解だと思うけど、、先に近道をしface02、雄大すぎる景観を見てしまったface19face16僕たちには、そのような巨石群が小さく見えてしまったface07face07

逆に駐車場まで2kmの道⇨頂上⇨近道の順路なら無理なく巨石群に感動し上がって来れたのだろう。

なんとも勿体ない・・・・・この虚無にも似た感覚・・・に反省・・なははface01



  続きを読む

2011年12月23日

最近好きなブログ

なんか良いfeel11feel09

豪人のHPにもこんなブログがバンバン取り上げられると表紙が潤うよね。

http://workingholidayfrom25.go-jin.com/

http://patchworkbirds.go-jin.com/

活き活きしていて毎日の奮闘が伝わって来ます。読んでいて臨場感もあるし最近ハマってるface19


  
タグ :独り言

Posted by K at 10:55Comments(3)独り言

2011年12月23日

ラーメンかぁ・・

こんな時間に起きてしまった・・・face06

まむもむさんのhttp://mumom.go-jin.com/e29739.html を読んで空腹に弾みを付けて、頭の中がチンプンカンプンだface18


あ〜腹減った。ずずっ〜〜〜〜〜とラーメン食べたいなぁface30


食べないと治まらないから冷麺でも作ろうfood35

寝れないから寝てるおくさまにリフレでもしようかなface21  
タグ :独り言

Posted by K at 01:27Comments(2)独り言

2011年12月21日

おっとっと 2位です。



1位は内装も見事でした。たくさんお人形やクリスマスにちなんだオブジェがショーウィンドウのように4つの部屋に飾られていてfeel11feel09
またゲージも走っていいてbusiness14business13feel17飽きさせなかったです。

さて2位。





1位と5分程しか車で離れていないのに・・なぜか・・・ガラーーンと僕らだけface07

車の止める場所がなかった1位と比べると2位ってそんなに差があるのね。。face30でも綺麗です。ここのイルミネーションは幻想的とはまた違う手作りの優しさがありますね〜!




サンタさんがたくさんいました。これなら子供達も喜ぶんじゃないかな。1位も2位も夢盛りだくさん!!

ここはガイドドッグを養成するトレーナーのおじいちゃんおばあちゃん夫婦が作っているイルミネーションでした。

花蓮は目をチカチカさせていました。目を覚ました隙に連れて来たので、この頃にはもう眠くて愚図って来てた。





もし数年前なら確実に優勝していましたでしょうね。きっと。。今年のレベルは高くなっています。次はGrand Champion の家にお邪魔しマース。  

Posted by K at 03:49Comments(0)自ずと然り

2011年12月20日

2011 Christmas Lights Comp1位

ゴールドコースト市役所が開催する2011 Christmas Lights Competitionの1st place と2nd place を見にって来ましたface02


花蓮が夕方のお昼寝から目覚めた隙に車に乗ってとりあえず近くの 1st place と2nd place へ・・icon17feel17

うちから5分で一か所目 1st placeに到着feel11

おお!face19

ここ数年で一番良い感じのライトアップicon01





車もたくさん来ていて大人気さすが1st placeでした。





子供達には夢の世界のように写るんだろーな〜〜。夢とプレゼントを運ぶサンタさんnature17僕もクリスマスとお正月が一番好きでございました。





以下はResidentialのカテゴリーで入賞したアドレスです。

Upper Coomera 14 Sundew Crescent Residential Robina Town Centre - Grand Champion
Ashmore 5 Tyalla Drive Residential 1st Place
Southport 37 Eugaree Street Residential 2nd Place
Molendinar 5 Mintwood Place Residential 3rd Place

さぁ今日はGrand Champion を見に行って来ようと思います。  

Posted by K at 10:06Comments(2)自ずと然り

2011年12月18日

超貸し切り

タロウ一家の約10日程のオーストラリア滞在。

まずはうちとタロウ一家でアパートを借りました。

animal02海の見えるアパートメントなので朝陽は絶景でした。

一日目、タロウたっての希望で夕食は『牛タン』





オーストラリアは新鮮・安心・健康な食材があっちこっちにある!この点だけでも有り難いです。

タロウの奥さんが言っていました。日本はストレスが溜る。なぜかというと子供に食べさせたい安全なものを選ぶと探すのが大変だし高いから。仕事上、タロウ達の家庭には美味しい穀物や食材、調味料が日本各地から届くけど、農薬と放射能が本当に心配だと言っていました。

ちなみに2ベロ捌きましたがあっというまに皆完食。満足満足。

美味しゅうございましたface25

  続きを読む

Posted by K at 21:03Comments(3)自ずと然り

2011年12月17日

B.R.N.P⑥ 僕が見つけたもの

僕が見つけたもの・・淡水性の原始的な小型甲殻類

下る途中icon15『先週は雨が多かった』という宿の主順の言葉を思い出した。

そこでウルルを連想させたBald Rockの頂上にも生息しているんじゃないかと水たまりを探したface19

あったあった水たまり。あっけなく発見feel09





いるいる・・・


やっぱり居た! ようく見てみるとオタマジャクシような生き物が元気に泳いでいる!

これこそ西オーストラリアやノーザンテリトリー、タスマニア、もうオーストラリアの辺境地にはどこでも!!というくらい広範囲に渡り生息している生きた化石、そしてこの大陸の環境が生物には好ましくない事の証明となる『オーストラリアカブトエビ!!』

(しかも東急ハンズでも売っているそうです。どこの種かわからないけど。。。オーストラリアのものではない事は確かです)
  続きを読む

2011年12月16日

花蓮:もうすぐ10ヶ月目

face30face30face30早い〜〜〜

いつの間にかハイハイっぽく後退したと思ったら、前進もし始めていますicon14

まだ4ツンバ(?)には出来ないけど、筋肉が発達してきてるnature05

狭い所が大好きです。確かに僕もそうだったface04

毎日パワフルですfeel14





歯が生えて来て・・まだ下あごの2本がちょっと顔を見せているだけなんです。だけど馬みたいで可愛い。

そして最近、僕の食べているものにも興味津々face19

野生の動物あかちゃんみたいな素振りがなんとも可愛いです。

もうすぐ最初のクリスマスだね〜

そしてお正月icon04

またおくさまにお節作って欲しいな〜〜  

Posted by K at 05:23Comments(8)自ずと然り

2011年12月15日

B.R.N.P⑤ タロウが見つけたもの

海抜1200mの花崗岩の頂上に着いたら雲海も消えていったicon02icon02feel17

てっぺんは平らだった。微かにまるみを帯びている。。問題なく歩けるが、道をそれたらたちまち危険度が増す。





そして驚く事に小さな森が存在していた。

巨木が生い茂るユーカリの森は遠く眼下にみえるだけ。。。nature03

なのに何億年もの浸食の為、頂上付近には土壌がないのにも関わらず森が存在していた。

タロウが見つけたpeople07

『これだ!』





地衣類!!



この存在が、風化している花崗岩のてっぺんには、ありえないはずの森を支えているんだ。地衣類はよく見かける。オーストラリアでも日本でも樹木の表面や、岩やコンクリートの壁などに存在している。

実はこの地衣類・・菌類と藻類からなる共生生物なのです。ようはドラゴンボールのフュージョンのように菌類と藻類が合体している共生の姿なのです。ただ日本でも◯◯ゴケ・・・・などと『苔』という呼ばれ方をしているから苔だと思ってしまう。

特徴はどこでも『生きられる』という事。

だから極寒の南極大陸や有毒ガスの出る火山性地域にも生きられる種類がある事で有名です。

共生と言えばクマノミanimal01food47イソギンチャクの共生関係は有名だ。

ちなみ地衣類の共生のメリットとは・・・・菌類は乾燥や極寒の環境変化から藻類を保護しpeople12people13藻類は光合成にするから栄養供給の役割を担っている。

まぁ夫婦も共生だから。

さてさて地衣類が住み始めると、葉っぱがどこから飛んで来た時にストッパーの役目をする。

そうすると葉っぱの分解が始まる





分解が始まれば養分となる

  続きを読む

2011年12月13日

B.R.N.P④

雲海はそのままに僕らはさらに上を目指した。

と言っても感動の連続でなかなか前に進めないicon16

今思えばあの時は、もうすぐ頂上だという事も分かっていたし、往復でも3km程度という距離感もわかっていたから余計にペースが遅くなっていったんだと思う。


タロウが感動したらいう言葉   ’ありえな〜〜〜〜〜いface19





かなり遠くから望遠で撮った花崗岩。まるで灰色のウルルだ。水が創った様々な色の筋が虹のように見えた。

感動の連続だった。ちょっと歩いたら頂上なのに、その事がさらに僕らを前に進ませない。







そしててっぺんに着いた。

とにかく広い。とにかく青い。とにかくドでかいオーストラリア最大の花崗岩地帯のてっぺんで地球を大きく感じた。





こんな景色日本にある?






タロウに聞いてみた。。

そしたら、’ない、ない、ない。。’

間をおいて。。

’あるとすれば屋久島だろうけど、ここまで広くね〜よ’

かなり興奮気味でタロウが教えてくれた。  続きを読む

2011年12月11日

赤い満月 Lunar Eclipse

face01見れた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜face23

その瞬間まで低い雲で覆われていたのですがicon02icon02icon02icon02ダメモトで待機animal14

流れゆく雲が神秘さを演出しクライマックスの部分は完璧でした。

ちなみに・・・・・・・・・・・・・



北半球・北海道で友人が撮影した月食





これはほぼ同時刻僕が撮った南半球・ゴールドコーストでの月食写真



逆さまで〜〜〜スface19

6月はさそり座が背景だったけど、今回は逆さまオリオン座が背景でしたpeople20

ちなみにトイレなどの水の渦、つるの蒔き方はitem72北半球と南半球は『逆です』っと今でもいう方がいるかもしれません(ガイドさんに聞いたと言うお客様が多いです)。基本的に北半球/南半球で渦やツルの蒔き方に変わりはありません。

では天体ショーの雰囲気を味わって下さいicon01nature19nature21  続きを読む

Posted by K at 05:55Comments(6)自ずと然り

2011年12月10日

今日は赤いお月さまの日

日本中で最初から最後まで皆既月食を観測できるのは約11年ぶりだそうです!



今年6月の皆既月食の写真です。


オーストラリアでもニュージーランドでも観測可能!

日本なら10日(今日だぞ〜)の21時45分から(部分月食)11日の1時18分まで・・

オーストラリアなら10時45分から2時18分までだね。

どこでも見れるから窓からのぞいてみるといいかもね。


あ〜〜〜〜でもゴールドコースト曇ってる・・・

  

Posted by K at 05:55Comments(7)自ずと然り

2011年12月09日

B.R.N.P③

STEEPな坂を上る途中でも感動したface19


行かれる方は、早く上がる必要はないから自分たちのペースを大事にしてゆっくりと登って欲しいです。




これが花崗岩質の表面


このような岩質なのでクツの裏にひっかかり登りやすいです。そして横道にそれないように白線が所々書かれていますから、その白線通りに行けば問題無しface29。逆に危ない冒険心に注意です。踏み外したり、横道にそれたら真っ逆さまに転げ落ちる所も多いです。

さてさて第一の坂を上りきり後ろを振り向くと・・・・・・・・





森の蒸気は雲そのものになっていたicon02icon02icon02そして今だ形成中だ。まるでふわふわの雪みたい。オーストラリア大陸最大の花崗岩地帯をユーカリの森が覆い尽くしているのだが、その表面をまた白い水の粒子がお化粧をするように覆い尽くし始めていた。

この景色を目の前にするだけでも最高の幸福感を味わえた。

さぁ進もうfeel14頂上まであと半分。

坂を上がりきるとまたユーカリが森を創っていた。





僕らにはまるで神話世界の神殿への入り口のように見えた。





僕らには想像つかないほど昔の地球の歴史を辿る事の出来る神殿なのだ。

その入り口から中へ進む。。



  続きを読む

2011年12月08日

B.R.N.P②

早朝4時に出発してBald Rock National Parkに到着したのはちょうど5時。

駐車場は広くキャンプも可能。

すぐにトレイルの看板がありましたface02






Bald Rock Climb 3km Return 3hrs


Carrolls Creek Walk 18km Return 8hrs little Bald Rock 6km Return 3hrs


Border Walk 14km Return 5hrs



Carrolls Creek Walkにしたかったのですが、8時頃には宿舎に居たかったので、、、、断念face07

ウルルのようだと言われているBald Rock Climbへ行く事にしました。

この国立公園の朝は非常〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜に気持ちがいい!nature03nature04

ひとは僕らだけ、夜明け前はスゴくユーカリの森から出てくる香気が強く、緑が濃く、素晴らしい香りと鳥達のさえずりでした。





駐車場から少し歩くとBald Rock Climbの標識があり、近道はSteep と書いてあり頂上まで1.2kmで行けると書いてあります。

ここは迷わずSteepの道を選択icon12

ユーカリの森が開けた瞬間icon10icon10icon10






本当にSTEEPな一枚岩がどぉーー〜んと現れました。

太郎曰く『うわ〜〜〜〜〜〜〜なんだこれfeel03

頂上はほぼ見えない。。

かなり急な坂道をえっちらこっちら進みました。確かにウルルを連想させます。いやぁ無理にでも妻子を連れて来ようと思っていたのですが、太郎と二人だけで来て正解。運動不足の人にもかなり応えてしまうので危険度も高い。普通に3km往復の道なら問題ないけど、STEEP はやはりSTEEPだったface27




  続きを読む

2011年12月07日

いざ!Bald Rock National Parkへ

約5時間icon17feel17ゴールドコーストから内陸のグラナイトベルトへやってきました。花蓮9ヶ月とコタロウ2歳は頑張ったぞ〜!

天体望遠鏡でみた星のお話はまた後ほど〜

宇宙に浮いているような星々に感動!流れ星も僕だけ見れたicon12feel17。でもここならきっと20分でも夜空を見上げていたなら確実に流れ星に遭遇すると思います。とりあえず、天体観測後、タロウの提案で朝早くに僕等だけで近くの国立公園のロングトレイル行こうかと言う事になった。

ただし、奥さまや子供達に迷惑はかけれないから彼女等が行動しない時間帯を狙って行こうという事になった。。。。ようは明け方か真夜中だけが大人の男の時間という事だface02。。。このような時にタロウが一緒だと心強い!

僕だけだと面倒で考えもしない『行動アイデア』を次から次へと出して来る。

face14『う〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん』と言っていると必ず『じゃぁこうしよ〜〜〜feel09』と案がでてくる。いつも思うんだけど、タロウみたいに自然も地球も家族も子どもも大好きで、知識も危険察知能力も高くて、それでいて実業家肌のエコガイドというのも珍しい。

っというわけで前置きが長くなったけど、宿舎から15分で行けるQueensland州側のGirraween National Parkは明後日にして、明日はNew South Wales州側にあるBald Rock National Parkへ行こうという事になった。


Queensland州側のGirraween National ParkNew South Wales州側にあるBald Rock National Parkは地図上では同じ場所なのだが州政府が違うから管轄機関も異なる。よって地図上では真横にあるが、歩ける道は無い。なのでNEW ENGLAND HWY からMOUNT LINDESAY RD
に入るだけ道は至ってシンプルだ。走行時間は約1時間。

Bald Rock National Parkの場所 http://www.environment.nsw.gov.au/nationalparks/parkhome.aspx?id=N0001

子どもや奥様が寝てる時間帯、かつ起きたらお父さんが居る事が理想なので出発は4時となった。

こんな時、早くても嫌がらない友が居る事が素朴に嬉しい。


そして星を見ていたら瞬く間に睡魔に襲われて・・・・・・


  続きを読む

2011年12月04日

ア〜やっと着いた

ふ〜〜〜〜〜〜〜〜〜icon10

太郎一家と来た先がこちらicon15

http://www.twinstarguesthouse.com/





もともとゴールドコーストで学生をしていたお二人が経営をしているゲストハウス『twinstar guesthousenature22icon01nature22

QLD州最大のワイナリーの里スタンソープにあります。

宿泊はモーテルタイプ、そしてその裏には天体観測所となっています。B&Bなんだけど部屋はかなり綺麗で心地良いです。

きめ細かでいかにも日本人が経営している感じで嬉しい。

せっかくオーストラリアに来たんだから、息をのむ星空の秘密やロマンを専門家に訳してもらうのも良いと思います。

ここはゴールドコーストから約3時間半のグラニットベルトと言われる場所にあります。僕らは赤ちゃんづれなので、休み休み運転して5時間くらいかかりました。グレ二ットベルトは花崗岩地帯と言う意味でかなり古い地質。。高地ですが上がる途中までは、亜熱帯雨林を伐採したであろう赤土の畑がおおかったですが、高地に来てみると、花崗岩が露出していて驚きました。

ユーカリなどは岩盤をぶち抜いたりするので、花崗岩質と言えども関係なく森を形成します。だから見た目は全く、花崗岩質と分からない。

さぁこれから待望の星空観測nature22nature22nature22nature22nature22

奥さまと花蓮は寝ちゃったけど、僕の夜はまだまだ続きます。


28146 New England Highway, Ballandean, Queensland 4382, Australia  

Posted by K at 18:03Comments(3)自ずと然り