2012年05月31日

(T_T)だるい~

木村太郎がゴールドコーストに着いた( ´ ▽ ` )ノ

9amから学校ψ(`∇´)ψ

17pmからカランビンのナイトツアーの視察(*^◯^*)

明日からフレーザー(^O^☆♪

試験勉強ヽ(´o`;

予定詰まってるのに、、、風邪だーε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

奥様と花蓮は、メルボルン( ; ; )


だるい~( ; ; )( ; ; )

みなさまくれぐれも風邪にご注意くださいね  

Posted by K at 06:57Comments(7)自ずと然り

2012年05月30日

Remedialの科目終了

あ〜ついに終了しましたリメディアルの科目。

Certificate 4 から始まったDiplomaコース、約1年の修行の最終科目REMEDIALが終了してしまいました。

テストもプレゼンも無事終わり楽しかったです。

現在はClient Physical AssessmentⅡの授業に専念しています。本当はこの科目2月に終了する予定でしたが仕事で行けず。。。5月に持ち越しということになってしまっていたのですね。

5月はRemedialの授業、プレゼンの用意、それらがCPAⅡと重なり、充実した日々を過ごせました。勉強の時間だけあれば良いわけではないので、マネージメントは大切です。忙しくも自身のマネージメントが事をよくも悪くも運ぶのでちょっとしたゲーム感覚で楽しめました。無事に行けなかったらシャレにならなかったですけど。。冷や汗もンのスケジュールでした。

いざ、Remedialの授業も卒業プレゼンも終ってCPAだけになると、気持ちが軽い軽い。

このまま来週のテストまでいつも以上に勉強できてしまう気分です。





最終科目、フィジオそして先生のブレッド(AnatomyⅠ、Ⅱ、Ⅲ, Mobilising, Deep TissueⅡ,Remedialの先生) と、随一の知識と腕を持つアイドリアンと記念撮影。セラピストの腕はお腹のマッサージをしてもらうと分かりやすいと思います。お腹は繊細かつストレスも溜っている部位で、かなり繊細なタッチと勘が必要。上手くやれば痛くならず苦しませず、くるぶしまで腹にのめり込ませられます。

上手い人にマッサージをされている間は無意識と意識の間を浮いている不思議な感覚になるんです。。そんな感覚のあと起きると『開ける』感じがして気持ちいがスッキリなんてもんではない位、透き通った感覚になります。トラウマや何年も蓄積されたストレス、しこりに活が入るわけですから効果大。うつにも効果が大きいとブレッドが言っていました。

ちなみに上手くいかない・・・下手なひとがディープをすると不快極まりなくなります。。。僕の場合アイドリアン以外のひとのお腹のディープマッサージはⅠ、2日間ほど気持ち悪かったです。でも普通は一般的にお腹はそこまで強くはマッサージしないとされています。だからこそディープな『無意識と意識の間を浮いている不思議な感覚』を体験できる機会は本当に滅多に無いですね。

今では僕の好きな得意マッサージのひとつになっていますが、最初はアイドリアンと組んでお互いに『無意識と意識の間を浮いている不思議な感覚』を体験しました。本当に不思議だった。なんだか次元の違うマッサージをお互いに体験して、そこからです。たった触れるだけの事なのにより深い感覚で触れられるようになりました。

その後は、習う技術がグンっと吸収され、モービライゼーションやジョイントプレイなども体が勝手に動いて工夫や応用も思いつくようになりました。

持つべきは素晴らしい先生と、レベルの高い友。

より高みに引き上げてくれる大切な友人です。

ちなみにCPAは来週テスト。でも今週末はフレーザー島に行って参ります。さぁしっかり遊んで勉強して。。あぁ仕事もしないとねface02

ではではHave a nice dayicon01

  

2012年05月26日

カッピングでデトックス

最終科目である'Remedial'でカッピングを体験して来ました。


カッピング療法(カッピングりょうほう)は吸い玉療法、吸いふくべなどとも呼ばれ、東洋でも西洋でも行なわれてきた伝統的な身体治療方法で、ガラス容器にアルコール類を入れて燃やして皮膚にあてると吸いつくので、その身体部分がうっ血状態になり、それが治療に役立つと信じられているもの。


吸玉療法は「汚れた血液」「つまった血管」を吸玉カップで吸い上げ、新しい血液の流れを作ります!





先生が持って来たカッピングキット。恐る恐る触ってみる。貴重な体験。




使い方は伝統的なやり方で、ガラスカップのなかに火を入れます。。この光景だけで『熱そう〜〜!』というイメージですが、熟練がやれば全く熱くないです。

まずは背中をオイルでマッサージ。

それから患部にカップを持って行き、火をカップに入れて酸素を燃やす。

サッと火をカップから取り出し、同時に患部にカップを押し付けると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プクプクプクプクゥ

っと膨らむではありませんか!!

そして最初につけられた女の子は『いたぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜いface26face26

その言葉にビクッとしましたけど、先生はおかまい無しにどんどんつけて行きます。がんばれMちゃん!

特に体のムクミが酷く表皮がつっぱっているので絶大な効果を発揮するそうです!





で、、いくつかつけていくとものの5分でなんとうっ血状態に早変わり。

でも回を重ねるとうっけつの色は薄くなって行くそうです。

溜った悪い血やガスが強制的に吸われる!

そうすると新しい血が入ってくるわけだから、細胞にも代謝にも良い。。確かに・・
僕らリメディアルマッサージセラピストは、古い細胞に溜った血の固まりをほぐして新しい血を入れる事も習うのですが、このカッピングの効果は非常に高いと感じました。


さてさて、、僕の場合、Mちゃんがカッピングをしようとしてくれたのですが、、、カップの縁に火をつけすぎていて、肌につけられたときにジュワ!っと来ました笑 しかもカップのなかに酸素が入ってしまいクッツかなった。ん〜〜慣れないと難しいですね〜。でも終った次の日はすっごくスッキリしました。

いつもより凝りの部分がスッキリする!!カッピング!!!これは効きましたね!





背中にはDV 受けたようなアザになりますけど、肩こり、冷え性、肌荒れ、胃腸の衰弱にも効くそうです。有害物質やコレストロールもデトックスされますからお勧めです!

はまりそう〜だぁface02




  

2012年05月23日

世界自然遺産フレーザー島日本語対応エコツアー参加者の募集

6月1〜3日 2泊3日の世界自然遺産のフレーザー島に行く日本語対応エコツアー参加者の募集広告です。僕自身も今回のツアーに参加してフレーザー島の視察に行きます。





現在残り4枠です。通常のフレーザー島ツアーでも行けない所も行く予定です。食事もフェリー費も国立公園入園料も、宿泊費も全て込みなのですが、今回は突発的にフレーザー島へ行く事になり、そのため金額は2泊3日で$489なのですが、直接ナチュラに僕のブログを読んで問い合わせた事を伝えて下さい。通常より良い値段にしてくれるはずです。

とりあえず遅かれ早かれフレーザー島へ行く予定の方は、最も安値で、最も質が高いツアーになりますからお勧めです。





主催会社はナチュラエコツアーズ http://www.natura-ecotours.com/

僕は受け付けられませんがご興味のある方はお早めに問い合わせ下さい。

問い合わせ先:予約の問い合わせ、ツアー内容、料金等のご質問は下記までお問い合わせください。
メール: masaki(at)natura-ecotours.com ウェブ: www.natura-ecotours.com

携帯: 0422-797-958 (日本から+61‐422‐797‐958) 

  

2012年05月23日

学び漬け

9月まで学校は行く予定ですが、一応6月の中旬に Diploma of Remedial Massageは卒業します。

今日は(昨日)マッサージのFinal assessmentでした。Final assessmentは先生の言う症状に合わせたリメディアルマッサージをする事。

リメディアルは症状に合わせて、マッサージをします。っと簡単に書いてますが、実際はマッサージをするだけでなく、マッサージ前に症状の原因を突き止めるため知識と話術と症状テストのアセスメント、、それを活かす技術をともなうトリートメント、、そして症状を改善させるべくマネージメントが大切になってきます。1回1回がまるでアートのように仕上がりが違いはまっております。

こんなマッサージが普及したら、きっともっともっと自分の体や心、周囲の環境への気づきがあるのだろうと思います。

ちなみに今日はリメディアル16手技の筆記テスト。

そして明日は研究発表です。

そこで同僚は全ての科目終了〜〜〜〜

僕は2月ガイド業が忙しくて行けなかった授業を現在、最終科目のリメディアルと同時進行で受けています。

だから僕は6月の5日まで授業があるのです。


リメディアル16手技の筆記テスト

研究発表

CPAⅡのテスト

寝る暇がないとはこの事ですごく充実していて楽しいです。眠いけど寝ない状態が一番調子良く、あっというまに覚えます。その状態になると脳の奥に染み込むように記憶される感じがまた快感です。(おかしくなってるよね)





レッドブル買って来たし。。。。。。寝ないぞ〜〜〜〜〜〜〜〜




  

2012年05月20日

イルカのベイビーブームです。

もうそろそろザトウクジラが南極から出産為にバイロンベイにやって来ますね〜〜face02

でもその前に・・・・4月はバイロンベイに住んでいるイルカさん達の出産シーズンなんですnature09

久しぶりのバイロンベイはすっかり秋色の空。

スゥーーーーーッと吸い込まれるような青い空。

ほとんど感じない風。

海面も止まっているように真っ平ら。






う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん・・・・

バイロンベイの灯台の駐車場に到着して海面を眺めてみました。

潮流も波も激しくない。

こんな日はイルカが普段漁をする沖合まで、赤ちゃんイルカ達を連れてお母さんイルカ達が遠足に行くのです。

案の定、居た居た。探し始めて1分・・・すぐに見つかりました。

お客様はいっきに感動して興奮状態にface29

最東端のポイントに向かって歩いてる途中。

!!





居ました。普段大きな波が発生して経験の無いイルカだと致命傷を受けてしまいそうな岩場に親子を発見。

『ここは危ないのよ』っとお母さんイルカが教えているのでしょう。

赤ちゃんのイルカは、クルンクルルンっと回転しながらお母さんと泳いでいました。

別のグループは湾の北側に発見。

カヌーイストがスイスイっとアメンボみたいに海面を進んでいました。やはりこの場所も潮流や波が大きく普段カヌーが来れない所なのです。

そのカヌーイストの前方にイルカの遠足がゆっくり、戯れながら泳いでいました。





カヌーイストの行く方向にたまたまイルカの群れが。。。カヌーイストはイルカの群れの邪魔にならないように、、そして近づきすぎないように距離を保っていました。その距離は約50mです。

実はカヌーイストの後ろ側である5時の方角に一頭の巨大な陰がありました。まれに見る大きなイルカです!おそらく群れのリーダーでしょうか。この大きなイルカはなんと、カヌーイストに近づき過ぎず、離れすぎず同じ距離間をとり続け、カヌーイストを監視していました。カヌーイストはそれを知らないと思います。

監視しているイルカと群れのお母さん達は、きっとエコロケーションをして情報を交換していたのでしょうね。





ゆっくりとゆっくりと泳いで行くイルカの群れ。。そこには人間が創り上げているイルカのイメージとは全く違う、大自然に生きる力を感じました。

  

2012年05月17日

ゴールドコーストの三寒四温??

毎年同じタイトル書いてる気がする笑

真冬のゴールドコーストは寒暖差が激しいface07

日中は27、8度まで上がる時があるかと思えば朝晩は10度まで下がる。

僕の子供の頃は、真冬でも結構温かかった記憶があります。

日本の真冬程ではなくとも、南風が冷たい。冷える感じが強くなる季節がもうすぐやってきますね。

三寒四温、そっくり当てはまらないけど、今はそんな季節です。

朝日と共に表に出ると、、、icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12キラキラと眩しい雫が植物にたくさん実ってる。






数時間で消えてしまう透明で不思議な実。

しゃがんで適当にカメラと呼吸を合わせて、シャッターを切ってみる。

おどろく程、生き物の素敵な世界に見入ってしまいます。こういう目線での撮り方すると時に自然が近く感じる。。。と表現してくれるお客様が多い。

自然をより近く感じる事、、、、ヒトも自然の一部だから大切ですね。
  

Posted by K at 03:17Comments(2)自ずと然り

2012年05月14日

King fishの漬け丼とお刺身

友達が80cmサイズのKING FISHanimal01を釣って来た!!!

そして半身をもらった!

Kingfishアジ科ブリ属のお魚(で、、いいのかな??余り詳しくないface07)。大きいサイズだと1mも越えるみたいだけど、見慣れない僕にとっては80cmでも大きいと感じる。

土曜日に釣ったばかりという事で、半身の半分を半分使ってお刺身に・・・





まだちょっとお刺身には早過ぎた感じだった。歯ごたえが良いけど、旨味がまだ分解しきれていない感じ。明日、か明後日くらいがきっと食べごろだろう。それでも美味しかったですがface02face02face16

もう半分の半分にした半分は、江戸風に漬けにした。





調味料、お醤油、黒酢、そして芽が出たばかりで柔らかい部分の生姜のすり身で、ぶつ切りの刺身を和える。そしてネギをドカンと乗せるだけ。。。。。がもう倒れそうな位美味しかった。

ん〜満足。やっぱ釣って来た魚の味は違うな〜〜〜感謝感謝icon06face23  

Posted by K at 21:02Comments(7)

2012年05月13日

2回目の母の日

全てのお母様にHappy mother's Day~~

うちは今日で2回目です。奥様はまだ実感がわかないみたいで、自分から『お祝いして〜』とは言わないface07



今年は百合を献上致しました。花蓮は『何それ〜〜〜〜』。ママは『あ〜〜〜〜!!』





昨年は黄色のバラ。二人とも初々しいですね。花蓮身動きとれず。。。ww



誕生日もクリスマス(はともかく)もあまり祝わない家庭の環境だったのようで。。。でも、、だからしてあげたいという気持ちが強いです。そうそう頑張って盛り上げなきゃね!!

でも本当に実感がわくのは花蓮からメッセージを書いてもらった時なんだろうなと思います。

例え意味が無くてもお祝いは、家族でいられるし楽しいから良い事ですよね。

昨日はブリスベンのSunnyBankへ。。

中国/台湾人街みたいな所がありまして、美味しい中華レストランがたくさんあって日常雑貨用品、お肉や野菜が安い安い。日本の100円ショップ(現地ではall $2.80)や博多屋ラーメンなどが店舗で入っています。

ここで飲茶!

ショーウィンドウがあってそこでシュウマイや饅頭を作っている様子が伺えるようになっています。

そこには本物の小龍包が・・・早速注文icon06



これは焼小龍包。噛むとパリッとしてムチっとしてジュッとスープが出てくる




花蓮も静かにムシャムシャ。。。美味しいと静かになるよね。他にも蒸しシュウマイ、クラゲ、スープ、お粥、ビーフンなど色々堪能しました。このお店はお勧めですネ。美味しかったけど奥様曰く、ゴールドコーストのロビーナタウンショッピングセンターの方が美味かったとか。。次回偵察に行って来ます。


その後は、サーカスを見に行って来ました。





週一でプレイグループに行っているのですが、そのグループをサポートしている団体から『招待』という形でチケットを頂きました。

オーストラリアは色々な団体や政府、市役所が無料のイベントを1年中しているので子供がいる家庭にとっては有り難いですね。月によっては毎週ごとにイベントがある時も。





約一時間半でしたが、花蓮は釘付け〜〜face19。飽きる事無く、音楽に合わせて踊って楽しんでいました。暗くなっても泣かない!

花蓮、リズム感抜群かも〜〜icon01特にAKBのヘビーローテーションは大のお気に入り!錆の部分では何となく決めポーズもしてくれます。





あ〜〜楽しかった。帰りの車では爆睡でしたね。  

Posted by K at 19:53Comments(6)自ずと然り

2012年05月12日

虹をまとうオージ〜

勉強終了〜。ちょっと一息入れてブログ更新。

ゴールドコーストは朝の陽射しがオレンジ色です。まさしく秋の色ですねicon06

ちなみに標高約1000mのスプリングブルックは寒くなって来ました。日中は山のてっぺんで18度、中腹で22度位です。温度はそうでもないけど風が冷たい南風が当たるので、山に行かれる方は、防寒服のご用心を!

BBQにしても、ハイキングにしてもちょっとでも寒さに弱いと楽しみ半減しますからね〜

さて、キャニオンLOOKアウトのツインフォールの麓では、午前中に行かないと滝つぼ周辺が影になってしまいフラッシュを焚かないと、滝を背景に写真を撮る事が難しくなってきましたface07face07

冬になると滝壺周辺の日照時間が、思いっきり短くなります。。。その為、滝壺の水も当然,夏より低い。。。

そんなの関係なくオージーは元々冷たい水が、更に冷えている水の中に飛び込みます!!

こればっかりは・・・・・・・・・・・・子供の頃から居てもなかなか真似出来ませんface06

自らで人たちは、必ずと言っていい程、ブルブル震えてクチビルが紫になってますからね。


『お〜虹が出ている!!』

っと

叫んだオージー達は一目散に滝壺に飛び込む虹の方へ・・雨だろうが、寒かろうが躊躇せずに行きたい場所に行ける行動力と勇気とガッツに、元気と勇気をもらいました。





本人からは見えないでしょうけど、見ていた我らは、オージーの自由な発想、ためらいのない行動に感動していました。


オーストラリアもオージーも素晴らしいなって感じた瞬間です。  

2012年05月11日

これは行きたい

ガンダムフロントなるものが東京のお台場にできたとさ。

全長18mのガンダムや1/1コアファイターが展示されている。

全長18mのガンダムは大阪から東京までの新幹線の中から静岡を通った時にチラッと見た。それだけでも興奮した。やっとだけどお台場に定住できてよかったなぁと思います。

友達がはとバスで行って来て早速その写真を見て一人大興奮。





個人的にはやっぱり初代のこのガンダムが好き。ニューガンダムもいいけれど。。次に等身大を作ってくれるならシャアザクの18m版を見たいな。赤い水星=====icon01

ガンダムフロントにはガンプラの展示会場もあるそうだ。。。

ん``日本行く楽しみが増えました。

http://gundamfront-tokyo.com/jp/  
Posted by K at 20:32Comments(6)自ずと然り

2012年05月09日

ぬくもり

季節感のないスプリングブルックにもうすぐ冬がやってくる。

その前触れのように午前11時でも冷温帯雨林は20度きった寒さだ。

もしオーストラリアに紅葉があれば、スプリングブルックはさぞ美しい紅葉に染まるのだろうなと何度思った事か。

南から吹きすさぶ極寒の風の中、大陽のぬくもりが身にしみた。





幾星霜もの時をさかのぼり存在した超大陸時代と、この大陽のぬくもりの有り難さは変っていないのだろう。

大いなる自然の営みは、今まで続いて来て、これからもずっと続いていく。ずっとずっとずっと・・・

果てしない時の流れを感じたとき、何もかもが切なく愛しく感じる


  

2012年05月08日

花蓮:立った

いつもは、つかまり立ちicon12icon12


最近は、ベッドからの乗り降りもできるようになって来ました。

いつもならベッドに置いたら降りれない。落ちたら痛いから、降りようとせず、泣いてface13叫んでface28僕らが抱っこするのを待っているのに、、、気づいたらリビングにいた僕らの足下にチョコンと花蓮が・・・・で、、、、、、、、、、こっち向いてニコニコしてる。

あれ〜〜〜〜〜〜!!people13people12驚きと共にすぐに実験。

①花蓮をまたベッドに戻す。②隠れる③観察、、の順。

いつもなら泣くのに泣かない。。もくもくと手は落ちるスピードがつかないようにシーツを握りしめ、ゆっくりとつま先から降りてるではありませんか。。。

そして『登り』バージョンというと。。。

やっぱりいつもならば、泣いてface24叫んでface20ベッドの上に乗っけて〜〜〜抱っこして欲しい〜〜〜アピールしますが、、、いきなりドサッとベッドの上に登場して、やっぱりニコニコしてる。。。。

またベッドから降ろして観察してみると・・・・・

ベッドの脇にあるプラスチックの大きなボックスに足をひっかけてよじ登って来た。。よく考えるな〜〜〜〜face07感心face02

先日、いきなりスクワット状態になりました。

あれ??見た事無いポースだなぁ。。と思ったら、、、フラフラと立ち始めた。。





本人は満足&自信満々の顔です。

う〜ん。

成長なんてあっというまですね。  続きを読む

Posted by K at 09:23Comments(3)自ずと然り

2012年05月06日

スパーフルムーン2012

子供の日、それからスーパーフルムーンの日。

バーレーからスピッツにかけて移動しながら月の様子をおっかけましたface02

月は地球の衛星。

もともと原始地球の一部。そして地球の夜顔を明るく照らす祖母のような存在。

////////////////////////////////////////

ブラブラと海岸線をお散歩。

ポッとお月様にお話しかけられた。






今日はどんな一日だったの??

お月様は良い事も悪い事も 嫌な顔一つしないで 聞いてくれる。


////////////////////////////////


天空を覆い尽くす巨大な不死鳥。 地球が無くなるまで存在するであろう。






飲み込まれるかのような圧倒的存在感。

監視されているのか、優しく見つめられているのか 鳥のみぞ知る。


/////////////////////////////////



月夜は明るい

どれだけの人が知っていて

どれだけの人が敬っていて

どれだけの人が忘れてしまっているのだろう






昼間は厳つい大陽の光 そんな太陽光を優しく照らしてくれる 月光浴


  続きを読む

Posted by K at 09:42Comments(3)自ずと然り

2012年05月05日

新種のシーラカンスかぁ



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120504-00000001-natiogeo-int の記事

『2億5000万年前の海には、未知のシーラカンスが君臨していたようだ。博物館の化石標本から、既知の種とは大きく特徴の異なるシーラカンスが特定されたという。

 シーラカンスは移動速度の遅い原始的な種で、すべて絶滅したと考えられていた時期もあったが、1938年に生きた個体が再発見された。3億2000万年前からほとんど形が変わっておらず、現生種は「生きた化石」とも呼ばれる。

 研究チームのリーダーでカナダ、アルバータ大学の生物学者アンドリュー・ウェンドラフ氏は、「今回発見された新種は、現存・絶滅を問わずあらゆるシーラカンス種と異なる」と話す。

 シーラカンスといえば幅の広い尾ビレが特徴である。「これは、エサに向かって短い距離を突進するための仕組みだ」。しかし、体長90センチの新種の場合、がっしりとした力強い尾ビレを持っている。エサを高速で追いかける魚の特徴で、例えば現代のマグロによく似ている。

 研究チームの一員で同じくアルバータ大学のマーク・ウィルソン氏は、「分岐した力強い尾ビレが流線型の体から伸びている。通常のシーラカンスと比べてはるかに高速で移動し、速度を維持できたはずだ」と述べる。

「したがって、広大な海域を巡回してエサを探し、素早く襲いかかって捕らえていたと考えられる」。

 ウェンドラフ氏のチームは、新種を「レベラトリクス(Rebellatrix)」と命名。由来となった英語の「rebel」は「逆らう者」を意味する。「シーラカンスの“常識”にとことん逆らっているからだ」とウェンドラフ氏は説明する。

◆大量絶滅後に栄えたレベラトリクス

 調査した化石は1950年代と1980年代にカナダのブリティッシュ・コロンビア州にある州立ワピティレイク公園で収集された。レベラトリクスの時代、この地域は古代超大陸「パンゲア」の西海岸だったという。

 化石はアルバータ州のロイヤル・ティレル古生物学博物館とブリティッシュ・コロンビア州のピース地域古生物調査センターに保管されてきた。

「2009年に化石の再調査を行ったところ、自分の目を疑った」とウェンドラフ氏は振り返る。

「2つ、3つ、4つと見つかっていくうちに、ようやく重大な発見だと理解できた」。

 化石の年代を調査した結果、レベラトリクスが最初に誕生したのは2億5000万年前ごろと推測されている。この時期は、ペルム紀(二畳紀)末の大量絶滅の直後に相当する。原因は未解明だが、地球上の90%の種が死に絶えたという。

「大量絶滅により、海中で高速移動する捕食動物がいなくなった。その隙間を埋めるように、レベラトリクスが進化していったのだろう」とウェンドラフ氏は話す。

「他の状況では、シーラカンスがこの特徴を備えることは考えられない」。

◆“壮大なる失敗作”

 アメリカのカリフォルニア州にあるロサンゼルス郡自然史博物館に所属するシーラカンス専門家ジョン・ロング氏は、次のようにコメントする。「今回の発見は、進化の柔軟性をよく示している。2億年続けてきた生活を突然捨てて、ほかのシーラカンスとはまったく異なる役割を占めるとは驚きだ」。

 ただし、動きの遅いシーラカンス種の方が最終的に“勝利”することは、化石や現生種が証明している。ウェンドラフ氏は、「レベラトリクスは、さらに高速移動能力に優れたサメなどの捕食動物に地位を奪われた」と話す。

「レベラトリクスは“壮大なる失敗作”だったのだ」。

 今回の研究成果は、「Journal of Vertebrate Paleontology」誌2012年5月号に掲載されている。

Christine Dell'Amore for National Geographic News 』


シーラカンス=移動速度の遅い/原始的な種=/生残った/3億5000万年前(三畳紀)

レベラトリクス・シーラカンス=高速移動が可能/ペルム紀の大量絶滅後、ニッチの隙間を埋める為高速化/サメにニッチを奪われ絶滅/2億5000万年前に存在/


今回の発見は、進化の柔軟性をよく示している。2億年続けてきた生活を突然捨てて、ほかのシーラカンスとはまったく異なる役割を占めるとは驚きだ・・・


印象に残った言葉・・進化の柔軟性という言葉と生活を捨てるという言葉です。

自分らしく行く事は良い事ですが・・その時代、時にあった生活/方針というものがある証拠なのかもしれないな。





三畳紀の地質の上で・・・太郎と。  

Posted by K at 02:46Comments(2)独り言

2012年05月03日

GREEN bhind GOLD

ゴールドコーストの内陸部の森林を表す著名な言葉 GREEN BIHIND GOLD

その名の通り光ある後ろには深い緑が存在します。





陰と陽は表裏一体。

光があり冴える世界がある。

海と山も表裏一体。

ゴールドコーストの真価は内陸を体験して初めて実感できると思います。

海で遊び疲れ、緑で癒される。


自然からもらえる力 緑なり
  

2012年05月02日

ストラッピングテクニック

マッサージスクールオブクィーンズランドにて・・face02

重要な科目DEEP TISSUE Ⅲも無事終了。

2週間程は、楽(?)な授業内容です。でもこれも大切です。ストラッピング・テクニック

日本で言うテーピングですね。

先生はなんと、ゴールドコーストの誇るAFLのチームSUNSのトレーナーicon01





プロの選手をテーピングする専門家が教えに来てくれました。豪華だよね〜〜!!





症状に合わせて足首、膝、肘、指,肩、背中などのテーピングの仕方とバリエーションを教えてくれました。

それこそスポーツをしていなくても、O脚を矯正したり、肩こりや肌の突っ張りを楽にしてくれる方法も面白かったです。

たかがテーピング・・・でもサポートしてくれる人工的な筋膜もしくは皮膚をくっつける事だと思えばあながち馬鹿にできません!


目から鱗のテーピングテクニックでした。