2012年12月31日

命ある帽子

雨の日も風の日も

嵐の日も灼熱の日も

誰よりも一緒に過ごした帽子

今日も一緒に森へ

明日も一緒に森へ

今年もずっと一緒に森へ

来年もずっと一緒に森へ




  

2012年12月26日

イルミネーションその2

僕の個人的に好きなデコレーションの家です。





今回は55軒ほどがエントリーされたみたいです。それぞれ個性豊かかつ常連が多い中、アメリカやヨーロッパなどからもデコレーション用のブツを仕入れている家庭が増えて来ていました。




良い子にしてるからサンタさん来て〜〜〜〜〜〜





手を叩いたり、音をならすと、シロクマやペンギンが踊りまくります!







ひと時だけのイルミネーションの世界は

子供だった時の懐かしさと

大人になった今の現実の

架け橋になってくれるのですね





  

Posted by K at 10:02Comments(3)自ずと然り

2012年12月25日

クリスマスイルミネーション:Grand Champion!

ゴールドコーストイルミネーションコンペグランドチャンピョンを見にいって来ました。

場所はWillowvale。ゴールドコースト最北端に位置する牧場の跡地に作られている新興住宅街です。

この地域は一つの住宅の土地の規模が数エーカー・・・・知らない人が昼間に行けば牧場と間違う程の空間が家1軒にあります。

今回も20年目のゴールドコーストイルミネーションコンペ!いろいろ見てきましたが、節目のグランドチャンピョンは『巨大』を売りにして好評価だったのかもしれません!



入り口には10mほどの雪だるまが・・・・まるでゴーストバスターズのマシュマロマン!以前書いた牛久大仏程(http://ecotourguidekei.go-jin.com/e40257.html)の迫力はありませんでしたが、遠くからすぐにこの家だ!と分かるくらいの巨大さ。。サンタ・・トナカイ・・雪だるま・・・・・共に門から豪邸まで400mはありそうな距離なのにあきらかに『大きい』と思える大きさでした。



豪邸の2階天上まで届くかぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!と思う程の巨大なサンタ!どこかのショッピングセンターの広告のようだ。。個人でここまで行うとは、、、、、近くまで行けないのが残念でした。





広大な敷地に巨大なキャラクター群!グンを抜いて巨大なデコレーションにかんぱ〜〜〜〜〜〜い

世界中の子供達に幸せが訪れますように〜〜  

Posted by K at 23:23Comments(0)自ずと然り

2012年12月21日

マンゴーの当たり年!

ツアーで行くトロピカルフルーツワールドにて・・・・・・face01icon12icon12icon12

珍しい果物のフルーツプラッター






右からスターフルーツ、キィーウィ、ライチィ!!ザボン、その上がカシミト、ザボンの下がレッドドラゴンフルーツ、白いモノもドラゴンフルーツ、マンゴーそしてパパイヤです。

特にライチィface16マンゴーパパイヤ
激甘!


乾燥しているし、雨少ないし、前年は雨も多かったので、今年のマンゴー、パパイヤ、ライチぃはヤバい!!

しかもトロピカルフルーツワールドは無農薬。大地が活き活きしているから特にかも!

ゴールドコーストに住んでいる方はぜひお試し下さいね。


ちなみに黄色のプレートはブラックサポーテ(黒柿)にアイスクリームを乗せたものですicon06icon06

Have a nice Mango~~~  

2012年12月18日

クレストツアーズのクリスマスパーティー

クリスマスパーティーの時期ですね。

忘年会に新年会。

飲まない時間は無い!!!というくらい飲みまくる時期です。

我がクレストツアーズ/Surfers Paradise coachesでも大規模な飲み会がありました。

10カートンのビール。数十本のシャンパン。10キロの肉を用意。





この肉がヤバかったです。大きいし、肉厚だし、豪快だし、なんと柔らかい!!!!!!!!!



オーナー自ら焼く


会場にはナイフとフォークが用意されておらず、(忘れてたみたい)面倒だから誰も買いに行かずface07。。。ですがこのまま噛み切れる位柔らかかったです。

残ったものは夜通しで飲みまくりました。

わははh

merry chiristmas  

Posted by K at 12:13Comments(2)自ずと然り

2012年12月17日

生きている森


見えても 見えない

香れても 気づかない 

聞いても 聞こえない

感じても わからない

心でみないと 見えないもの

森は生きている




  

2012年12月13日

2012年12月12日

jimboombahの山火事

icon01icon01icon01icon01ゴールドコーストから1時間内陸のものっっすごく乾燥する地域にjimboombahという町があります。そこにはヒルズ学園という地元の高校があります。そこにホームステイに来ている日本の学生をラミントン国立公園に連れて行った帰り・・町の周辺が燃えてる!!!

前日は40℃を越え乾燥した暑さがその日も続いてましたface30肌も髪もちりちりと焼けるような陽射し、そして熱風。。日本では吹かない風ですね。

午前中、ラミントン国立公園に行く時に『帰りにはどこか燃えているかも』という予想が的中し、jimboombah周辺では3か所も自然発火したいました。





間近に迫る自然の驚異。

良い経験になってくれてるといいなface02  

Posted by K at 14:01Comments(3)自ずと然り

2012年12月11日

コアラの爪

ただいま、修学旅行シーズン真っただ中ですicon12icon21。最近は一般のツアーより修学旅行の世界遺産ツアーを担当しています。

さてさて、話は久しぶりに一般のお客様と一緒に行ったスプリングブルックの森。

すごくお洒落な女性二人組people13people04のお客様がいらっしゃいました。自分で塗ったにしてはネイルがすごく丁寧に塗られていて、聞いてみると一人はネイルリストだそうな。

そしてその方の足の爪には。。。。なんとコアラが・・・・face05icon06feel03





思わず写真撮らしてもらっちゃっいましたface02  

2012年12月04日

赤い宝石

これが咲くとオーストラリアの多雨林は’夏’だ。

深い深い・・どこまでも深い緑のなかで一際、真っ赤に燃えるように花が咲く。

恐竜の時代にも、サーベルタイガーの時代にも、コアラの存在する現代も落葉する事は無く永遠と深い緑の中に咲く炎の樹木。





これはきっと何万年・・何十万年・・・・・・数千万年も前から変らぬ光景だろう


これからも未来永劫、森が消滅する時まで変らぬであろう樹木がそこにあった
  

2012年12月03日

イルカのハンティング

赤潮が発生したバイロンベイの海。

エメラルドとコバルトの色で吸い込まれそうなくらい綺麗な海でした。

岬から見える大きく動く影・・・これは小魚の群れ・・・





そしてイルカはライオンか狼のように群れで獲物を追いつめる。

エコロケーションを駆使して連携をとる。

黒い大きな影に突っ込んでいき魚に食らいついていく。

生き物の本来の姿がそこにはあった。

生きていく為には殺生をしなければならない。

歯をむき出して襲いかかる姿。

ひとの想像内にはあってほしくない光景かもしれない。

’頂きます’の持つ意味は深く、、生は死の上に存在するという宇宙の根本そのものなのかもしれない。  

2012年12月01日

花蓮:18ヶ月目

すくすくと・・・・暴れておりますface30





骨格もしっかりしていて同じ年の子が小さく見えるくらい成長してきました。





ファッションも大好き。おくさまにフェイシャルをしていると私モーーーっとねだってくる花蓮。まぁもともとヨーグルトを顔に塗る癖がついているのでその影響もありますね。そしてアロマにも興味を持ち始めているみたいです。





最近は歌を歌ってくれます。ABCとかは英語。キラキラ星は日本語で歌ってくれます。走ったりジャンプしたり行動がダイナミックになってきました。朝は自家製の無糖パンやご飯などなど。最近はばくばく食べる。大きくナァレ〜

  

Posted by K at 09:35Comments(3)自ずと然り

2012年12月01日

時が過ぎても変らないもの・・

20年ぶりの再会。







これが僕をFBで見つけてくれました。12歳でオーストラリアの小学校に編入して最初の友達。小学校も高校もずっと一緒でした。行動力があった子供のころの仲間の中で彼は皆の面倒をよく見てくれていました。よく家に泊まりに来てくれて、うちでテニスをしたり疲れたらプールに入ったり夜通して遊びまくった仲です。





こちらは日本の小学校までの同級生。12歳で日本を離れた時はすごく寂しかったなぁ。でも今はそれぞれ家族を持ったり、経済的に余裕が出たりしているし、ネット環境時代なので連絡を取りまくっています。


大人になると、相手の持っている物とか立場とか、損得とかで相手を選ぶ事も多くなりがちだ。

ずっとずっとずっと友達でいられる。

心に優劣の壁がなかった時代の友達はいつまでも友達でいられるよね。

  

Posted by K at 08:27Comments(1)自ずと然り