2013年04月28日

新潟:朱鷺ワールド

新潟県佐渡市=佐渡島へ行って来ました。

2泊3日の滞在で仕事も兼ねて行ったのですが関係者の方に時間の許す限り佐渡を視察させて頂きました。

//////////////

佐渡は朱鷺ワールド



野生の朱鷺。帰り際に3羽が目の前に現れてくれた!


現時点での朱鷺の数は・・

・佐渡トキ保護センター:89羽+ヒナ15羽
・野生復帰ステーション:35羽+ヒナ12羽
・多摩動物公園:9羽+ヒナ4羽
・いしかわ動物園:8羽+ヒナ6羽
・出雲市トキ分散飼育センター:4羽+ヒナ4羽
・長岡市トキ分散飼育センター:4羽+ヒナ9羽

(全体)149羽+ヒナ50羽=計199羽

だそうだ。

江戸時代が終わるまでトキは日本中どこにでもいたという。元々、田んぼの稲を倒してしまうため古くから農家の人に害鳥扱いされていたそうだ。



宿泊したトキ交流館


開国後、明治時代になり害鳥という事もあり日本中で乱獲された。そして自然破壊や環境汚染もあり数は激減。1950年代から少数派ながら朱鷺の保護が始ったが時既に遅く日本国内のほとんどの地域で朱鷺は絶滅、野生として回復するのには不可能な数となったそうだ。




普通は冬には水を田んぼには張らないが、佐渡では生態系の為にバイオトープを作っている。



そして・・・・1981年、佐渡にいた最後の5羽を絶滅から救うために日本国は野生の朱鷺を保護という名の下に『捕獲』した。



その瞬間、日本の空から朱鷺の姿は消えた。




話は遡るが、宇治金太郎さんという方が居た。。害鳥として朱鷺が日本人から見られていた時代から野生の朱鷺に餌を与え続けた。『なぜあんな鳥に餌を与えるんだ!??』周りの人間は変わり者扱いしたそうだ。そして人に懐く事のないはずの野生の朱鷺が宇治金太郎さんの手からなら直接食べ物を取るようになった。宇治金太郎さんが餌場に行くのが遅れると朱鷺は途中まで迎え出るほどになったそうだ。

なんという信頼関係なのだろう。。。。。

稲作文化が日本に生まれてから忌み嫌われていた朱鷺にとってヒトは敵そのものだ。

宇治金太郎さんと朱鷺の間で千数百年の呪縛を破り『信頼』が生まれたのだ。




バイオトープ。市全体が一帯となって佐渡の生態系をもり立てようとしている感じを受けた。住民の生態系に対する理解は驚く程深い。



そして・・保護の重要性が国際的にも日本国にプレッシャーを与え・・・・・政府は宇治金太郎さんに『保護(捕獲)をせよ』という厳命を下したそうだ。

自然のままに自然の生き物が生きられなくなる苦痛を宇治金太郎さんは理解していたのではないだろうか。ある種の人間が培う自然界との信頼関係は理屈でも理論でも科学でも永遠に解き明かされる事はないと思う。

きっと朱鷺は宇治金太郎さんの人生の一部であっただろうし、朱鷺にとっても宇治金太郎さんの存在は人生の大事な宝物だったであろうと感じた。

保護をする為に捕獲しなければいけない・・捕獲すればこの朱鷺はもう仲間にあえない・・・捕獲すればもう空を飛ぶ事もない。。広い海や自由に行けた場所へはもう飛んでいく事はできない。。




トキふれあいプラザ・資料展示館


1968年・・・・・悲しみを胸に秘め宇治金太郎さんは最後の野生の朱鷺を抱きかかえた。暴れなかった。そして朱鷺は人工飼育下の施設へと送られたそうだ。朱鷺もわかっていたと思う。もう『いつも』はないと言う事を。宇治金太郎さんは施設へは死ぬまで出向かなかったそうだ。

『こんなに信頼してくれているのに』・・宇治金太郎さん朱鷺を裏切ってしまったという後悔が残り、年に何度も神社に参って朱鷺の長寿を祈っていたという。。宇治金太郎さんは1984年に81歳で亡くなった。最後まで『ごめん、本当にごめん』朱鷺に謝りながら亡くなられたという。

僕は『保護』という言葉が嫌いだ。保護という言葉は何とも上から目線で嫌いだ。
ツアー中、国立公園や世界遺産条約の説明にも『保護』という言葉を使うが、あえて一言自分の意見をいわせて頂いている。保護は『監視下』に置くという事。人は生かされている立場。植物と動物の命を『頂きます』という立場。保護をする立場ではない。

僕らにできる唯一の真実は、共に生き共に存在する事だけなのだ。結局それ以外は崩壊を招くのみだと生態系が教えてくれた。


野生で生まれた日本最後の朱鷺の名は「キン」、トキ観察員の宇治金太郎さんの名前をとって「キン」と名付けられた。

2003年10月10日、日本のトキが絶滅した・・・・キンは自由に飛び立っていた。きっと宇治金太郎さんに所へ真っ先に行ったのかもしれない。






旧新穂村に「佐渡市トキの森公園」がある。この公園に隣接する「佐渡トキ保護センター」は環境省が新潟県に委託し、トキの保護増殖事業を行っている施設。1967年に開設され、93年に現在の場所に移転した。公園内にある、保護センター併設の「トキ資料展示館」では、トキについてのさまざまな情報を紹介している。





朱鷺保護センターHP http://www4.ocn.ne.jp/~ibis/

トキの森公園(トキふれあいプラザ・資料展示館)Hp http://www.visitsado.com/00sp/0809/toki1.shtml  

Posted by K at 22:44Comments(0)JAPAN TRIP 2013

2013年04月23日

そして季節が変わった。

夏から冬へ。。。icon16

亜熱帯のゴールドコーストは、四季がはっきりせず、1年を通して26℃が平均気温。

夏でも28℃が普通の気温。朝晩の寒暖の激しい5月から10月くらいまでの『冬』でも冬でも28℃の日がある。

特にゴールドコーストは2012年の10月から1月末のEX-cycloneまでは蒸し暑いのに雨が降らない寝付きの悪い時期が続いた。

2月はずっと雨。バンダバーグでは大洪水再び。。洪水のトラウマが残るQLD はかなり警戒された。

3月は雨季らしくスプリングブルックではほとんど雨だった。

やっと訪れた季節交代の時期4月。4月は夏の高い気温=水蒸気の形成が著しい季節、、、、ようは雨の多い時期から、雲ひとつない日々が続く低い湿度の季節、、、冬へと転換されていく時期である。その雲の長さは東京〜大阪区間なら簡単に覆う程のものだ。

奇跡の自然現象『モーニンググローリー』ほどではないにしても夏の終わりを告げる自然現象が見れた。





上空高く湿度の高い『夏』が、温度の低い『冬』の空気に押しやられていった。





冬の空気は身に見えない巨大な圧力を『夏』にかけていく。舞台の幕が開くように白い壁(夏)は北へ北へ移動していった。





この数百キロ続く雲のカーテン〜〜目に見えてみえる季節の変わり目。季節交代劇を目の前で見えるのは感激する。





写真はゴールドコーストとブリスベンで別々の友達が撮影したもの。

遠く水平線から、さらに遠く地平線まで永遠と続く雲。壮大なオーストラリアの事だ。500kmくらいの直径は余裕であるだろう。
こうして年をまたいで過ごした夏も完全に終わり。2012年は本当に幕を閉じた気がした。

*写真提供はハイライズからの写真はSさん、ブリスベンはWさんです。ありがとう。  

Posted by K at 10:06Comments(2)自ずと然り

2013年04月21日

4月のゴールドコーストのイベント

4月のゴールドコーストも色々なイベントが町である。

サーファーズパラダイスフィスティバルやANZAC、イースターやテーマパークのイベントなど様々だ。

人間界のイベント以上にゴールドコーストの4月は自然界のイベントが豊富だ。

特に雲観察に最高の月で、毎日が大陽と雲のイベントだ。

なぜなら朝方と夕方は上空と大地の気温差が激しくなる為、1年を通しても滅多に見られない雲の形が多いから。

そしてもう一つは、その滅多に見られない雲の形に大陽の光が当たり幻想的な光景が広がる。

刻一刻と様子が変っていく、一瞬たりとも同じ色はない。

2分も見逃せば全く異なる色となる。

まるで天の羽衣のよう雲。。

はたまたオーロラのような雲。。。

見入った人も多いはず。

4月のゴールドコーストは朝と夕方は必見なのだ。





写真提供はSちゃん!ありがとう〜〜
  

Posted by K at 23:10Comments(4)自ずと然り

2013年04月18日

エコガイドもセラピストも・・

ガイドもセラピストも役割は同じ。





ヒトに感動を創るということです。





結果、受ける側にとっても心身ともにリラックスエーション以上の感激と感動が自然と湧き出て来る。

エコガイドもセラピストも知識、技術、智恵、経験を駆使できれば、その余韻は参加者やクライアントやお客様の人生観に大いに影響する。

エコガイドもセラピストもまずは、目の前の人が何を求めているか見極めなくてはならない。

見極めなければ、『ただの説明』あるいは『型はまりアロママッサージ』に成り下がってしまう。自分勝手さ、もしくは無神経さが出ている型がハマり過ぎたガイドやセラピストほど無惨なものはない。

エコガイドの役割はエコの種まき。セラピストの役割は幸せの種まき。ならば共にツアーや施術を始める前のプランニングにこそ最も気を配らなくてはいけないなと思う今日この頃。
  

Posted by K at 05:37Comments(0)Sence of Wonder

2013年04月14日

ちょっとひと休み





どうしようもなく気持ちが疲れた時は、(風邪ひかないように)厚着して(濡れすぎないように)レインコートを着て芝や木の根もと。それから森の地面に座るんです。

1時間でも2時間でも座ります。

そんな時こそ忍耐強く座るんです。

そのうち余計なもやもやが流されて。

気がつけば、純粋に雨の音や風の角度や温度や強さ。

森や野の香り、草や地面、ユーカリの香りがどんどん強くなっていくんです。

肩こりや首の重み、頭の重たさがス〜〜〜〜〜〜〜っと消えていくんです。

まるでオーケストラのように色々な音がする。

舞台をみているように落ち葉も草も水たまりも躍動する。

止まる事のない壮大な時間を虫レベルで感じる。

気付けば分かる。

分かれば変る。  

Posted by K at 04:53Comments(3)Sence of Wonder

2013年04月11日

昼の土ボタルが凄い@Q@

いやいや。。森の土ボタルが最高に凄い事になってた。

2月はずっと雨icon11icon03

3月は結構雨だったと聞きました(僕は日本でしたので)。。

何が凄いのかって??





フィッシングラインが長い!

よ−〜〜く見ると長めのツララのような糸が垂直に垂れています。結構ネバネバするんですよ。

これはフィッシングラインと言いまして、そのまま釣り糸と言う意味です。土ボタル(ヒカリキノコバエ)は、幼虫時代にお尻の発光器官を発光させて、双翅目(ハエなど)の走光性(光に近寄っていく習性)を利用して餌食になる獲物に飛んで来てもらうんです。

feel17ブ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン

そしてほどなく飛んでいる虫が土ボタルの光に近づくと。。。。。。。。。。。。。。フィッシングラインの罠に絡まり、捕獲終了〜〜〜〜〜〜〜というわけです。夜になると輝く幻想的な光は『罠』だったのでした。

通常森の中の土ボタルが垂らすフィッシングラインの長さは約3cm程度。あまりに長いと絡まってしまうのですね。絡まった糸を切るのも修復するのも一苦労face30animal35

そういうわけでございましてニュージーランドの森(A.L)もタスマニアの森の土ボタル(A.T)もゴールドコーストやケアンズの森の土ボタル(A.F)も森の中の土ボタルは平均して約3cmほどのフィッシングラインしか垂らさないモノなんです。

ワイトモ(A.L)やタスマニア(A.T)、シドニー(A.R),メルボルン(A.B)の鍾乳洞ならば、風が立たないので絡まる心配無用〜〜〜〜〜〜。っと言う事で5mmくらいの土ボタルでもフィッシングラインの長さはなんとなんと1本約20cm〜30cmの長さなのです。

さすがに20cm〜30cm程の長さはありませんが、いつもの3倍程の長さでした。

2009年5月あたりから降雨量が高くなり、2000年〜2009年までの旱魃が嘘のような回復です。

昼間にこうして長いフィッシングラインを多く見られる夜の土ボタルは光る気満々!!!。。。。とんでもない数の光を見る事ができるのです。今の時期、土ぼたるツアーに行くお客様はラッキーですね!!  

2013年04月08日

『帰って来た』という感覚


森にとってはどうなのかと思ってしまうけど、帰って来た感覚を覚えたのはゴールドコースト空港に着いたときでも、家に帰った時でもありませんでした。

旅は良い。

新しい世界を知るから。

旅は良い。

再会もできるから。

ホッとできる場所があるという事は幸せな事なんでしょうね。

純粋に、ここにまた戻って来れてホッとした。

不思議と心からホッとした。



  

Posted by K at 05:44Comments(5)自ずと然り

2013年04月06日

懐かしさがたまらん!

ほよ〜〜〜

『森永コーヒー』で検索すると。。。なんとこのようなホームページまである時代face19 https://takuhaimilk.ne.jp/products/coffee/

砂糖・果糖ぶどう糖液糖、乳、製品乳、ココナッツオイル、コーヒー、デキストリン、食塩、カラメル色素、香料、乳化剤・・・冷え性や疲れ、しかも慢性疲労や砂糖の中毒症状、むくみ、便秘の本質的な原因になっちゃう・・・・・・・風呂で汗かいて・・・・これを飲む・・・なんとも矛盾な話icon10icon10icon10icon10icon10icon10

1970年代産まれの僕らの世代は劇的な変化する食文化の時代。ハンバーガーなどのファストフードが人気を集め、添加物が蔓延し、飲料水を飲まない日はなく、親も全く気にせずそれらを与えた時代。壮大な添加物による人体実験の幕開けの時代なのだ。

大人は子供の頃に体験した経験をもとに、現在を生きる(物事の)判断基準にする。良い事であれ悪い事であれね。

だからね・・・・


お風呂に入って、熱くても我慢して(させられて)、あと何分したら出ても良いって約束して、辛い思いをして、お風呂から出てから飲むこの味がたまらなかった。




この懐かしさがたまらん!


ひとは経験に生きるのだ。
  

Posted by K at 05:36Comments(0)JAPAN TRIP 2013

2013年04月04日

理性が勝った日

3月15日 早朝、東京を出て新幹線で新潟県に移動。

上越新幹線に乗るのは山形へ行った小学校5年生以来だったのです。それも夏休みicon01
3月は友人から雪が多く積もっていると聞いていたのですが、どこまで積もっているのか想像もあまりできず。。

新幹線の中はスノーボーダーバカリで満席。

出発してから約1時間ちょい。。。。真っ暗なトンネルを越えると。。。。。。。。。。。。。。

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


雪景色!!!!!!!!!!

僕の中で時間が止まった。

おもちゃの世界のような。。ジオラマの世界のような。。。。ドラマの世界のような。。。。。。現実をちょいと逃避してしまっているような。。。思考回路は見事に現実のものではないと判断してしまっている。未だ信じられない雪国の景色。

なんて綺麗なんだろう。。。。。。氷河期の世界だ。

氷河期を実感した。

今、、、世界は氷河期の時代なのだ。だって氷が残っているから(そのままです)。

地球の歴史を辿ると氷や雪の存在しない時代の方が圧倒的に長いんだ。





家が埋まってる。。。真っ白い。。。27年ぶりに雪を見ました!!!

思わずふらふらぁ〜〜〜っと高岡駅で下車しようと思ったけどジェットフォイルに間に合わなくなるicon10icon10

ひさしぶりに理性が勝った!極めて珍しい。

  
Posted by K at 23:34Comments(0)JAPAN TRIP 2013

2013年04月02日

第67回エコツーカフェ終了2013/3/28

日本滞在最後の講演。思えば3月13日のJESフォーラム、16日の佐渡エコツアーガイド講習会、18日の上市町講演、21日のアロマクラフト講座、22日の大阪ヴァーチャルエコツアーなどなど。。なかなかオーストラリアをアピールできる機会が少ないのでここぞとばかりに関係者にお願いし舞台をセッティングして頂きました。少しでも日本とオーストラリアの交流の糧になればと思います。





(予約)は満員御礼でスタートした日本エコツーリズム協会主催『第67回エコツーカフェ』。エコツアーとアロマセラピーの関連性をお話しさせて頂きました。

森は巨大なアロマポッドですから、、、例え人間の嗅覚に感じなくても鼻で呼吸をすると免疫が向上してホルモンバランスが自動調整されていくのです。解剖生理学的にヒトの身体が自然から受ける恩恵やシステムを知るとより説明やガイディング、インタープリテーションや雨など環境条件に自信を持てると考えています。



この写真は講演後、参加者と少しお話をしていて時間が遅くなり、最後まで残ってくれた友人とJESの方々と共に撮りました。

会場は・・・・・・・で〜〜〜〜〜んface19アサンテサーナカフェです。

無農薬無化学肥料で作られた国産の玄米と旬の野菜、雑穀と保存料を使わない調味料で作られているそう。。。
コーヒーや紅茶は、海外のオーガニック認証を受けたもので、美味しく、しかも毎日飲むものですから安全/安心。。そしてicon06



しかもカフェ店内では、日本国内外の様々なLOHASアイテムが並ぶ。どれも東京都内でも滅多に見れないものばかり。。あ、、写真はない><ちなみに講演の準備そっちのけでした(注意されてきちんと準備しました)。

しかもしかしかもYOGA&草食ランチの企画や。。。




農作業できるこんな企画の情報まであり、都内という箱のなかで自然との距離を縮めたい!という方にぴったりなカフェです。




玄米のおにぎりと付け合わせも優しい味で、ホッとしました。




http://www.p-alt.co.jp/asante/archives/cafe/  

2013年04月01日

京都:座敷花蓮みーつけた

黄土色の壁にチョコんと


何も言わずに立っていた


ちらっと見ると


ニッコニコ


綺麗なお目目でこっちを見てる


優しい優しいお目目でこっちを見てる



ほら幸せ見〜〜つけた
  続きを読む
Posted by K at 09:48Comments(0)JAPAN TRIP 2013