2013年05月20日

森の中の天使のハシゴ

ゴールドコーストの地形を形成した源がツィードカルデラ。南半球では最大、そして世界で3番目に大きなカルデラだ。

大きな鍋状の地形によりカルデラ底には無数の水蒸気が出現。





このカルデラの底で多雨林は呼吸をし夜露、朝露が蒸発。

冷たい南風と共にその蒸気が噴出するように1000mの傾斜を駆け上がる。

展望台から顔をだして見下ろすと隕石の固まりのように巨大で真っ白い水蒸気がつき上がって来る。

ドン!!!っとそれなりの衝撃を感じる。

飛行機で見る雲を突き抜ける景色と同じような景色だ。

違うのは僕らが止まっているという事と水蒸気が猛スピードで移動をしているという事。そして全身で体感しているという事だ。

カルデラ展望台と多雨林の中では、同じ時間同じ場所で撮った写真とは思えない光景が広がっていた。

僕らの後方部分は晴れ、カルデラ前方は巨大な雲がうねる。

帰り際、つき上がって来る水蒸気は森を包み込んだ。
  続きを読む

2013年05月16日

周りは鏡

ゴールドコーストの砂浜に現れる広大な鏡。

その鏡をのぞくと空が見えた

雲が見えた

朝焼けも見えた

町だって見えた

砂浜に世界が写っていた

自分の周りの人たちは自分を反映させた鏡なんだ

嫌いなひとは自分の心

好きなひとたちも自分の心

嫌いなひとも大切にできるよ

そんな事を考えながら

空を見上げるよりも鏡の世界に夢中になる





悩みは小さく感じちゃうから不思議だ  

Posted by K at 12:17Comments(2)自ずと然り

2013年05月14日

花蓮:あたしトイレ

結構前からトイレで過ごす時間を多く取っています。

トイレトレー二ングの第一歩は『楽しむ』という事。

目で楽しむ。

話して楽しむ。

聞いて楽しむ。

見つけて楽しむ。

トイレには世界地図と世界の動物の絵をたくさん張りました。

ゴリラ。イルカ。フクロウ。ラッコ。コアラ。ラクダ。オオカミ。猿。世界中の動物がずらりと見渡せます。宇宙から地球を見ているとこんな感じかな??

people12『コアラを探しているんだけど〜〜。花蓮知ってる??』と聞くと・・

people01うなずいて、指を指して『コアーラー』と教えてくれます。

people12『あ〜〜居たねコアラ。ありがとう』っというと誇らしげにうなずく花蓮。

people12『じゃ〜挨拶してみようか』

people01people12『コアラさんこんにちは!』

などなどトイレの中で世界中の生き物に声をかけて時には10分くらい費やして遊びます。

2〜3種類の動物と挨拶した位に『うんちでる?』『おしっこでるかな?』と聞いてあげるとトイレの目的を認識させる事ができます。

子供にとって(大人にとっても)新しくできる事=新しい能力の覚醒。どんどん使いたくなります。

トイレが上手くいくと家族皆で拍手〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜icon22

目的達成の為には楽しむ事、目的を認識する事。そして子供の様子を観察する事だなと思いました。

子供の吸収は早い!負けないように知識と智恵をしぼる毎日です。



たまに大笑いする場面も・・





あ〜すっきりしたicon06
  

Posted by K at 07:04Comments(0)自ずと然り

2013年05月08日

光一筋

土ボタルを見に連れて行った友人から写真が送られて来た。

真っ暗な洞窟の真上から誰かが光を照らす。

生態系の為にはするべきではないのだが、洞窟の上から照らす人間は知らず知らず滝壺をみようとして照らすだけだ。

豪快な滝の音・・・

嵐で流れた流木・・・

弾ける飛沫・・・

そして光・・・





土ボタルは困惑するであろうが、客を連れて来たガイドも滝を照らすし、もうこの洞窟の土ボタルは人間の迷惑さに慣れているのかもしれないね。  

2013年05月06日

自然と呼吸の法

自然との呼吸の仕方があります。

自然界のリズムに合わせた呼吸の法則が存在します。

悪い呼吸の仕方と良い呼吸の仕方ってあるんですね。それは性格にも生活にも心身にも影響するから面白い。

呼吸というのは息を吸い吐く動作。
「酸素と二酸化炭素のガス交換」の事で僕たちの生命維持になくてはならないものですよね。

普通、心臓や臓器などは自分の意志とは関係なくポンポン動いています。けど呼吸だけは生命維持に最も大切なのに『自動的』ではなくコントロールが可能ですし息ができなくなったら死んでしまう。

この呼吸なのですが、普段の生活環境に必ず左右されてしまって本来自分の持っている良さ(治癒能力や免疫能力や記憶力、身体能力、ホルモンバランスや自律神経の調整・・)を消してしまう事が少なくないんですよね。

逆に良い呼吸の仕方をしていけば色々な心身の悩みが解決している例が多いです。

自然界の呼吸の法則にそって呼吸をしていく。。ただそれだけを参加者みんながやるだけで信じ難い体験ができるんです。

呼吸だけで??って信じ難いと思いますけどね。それを実行すると自然界が僕らの存在に反応してくれるんです。それが大事。

呼吸ひとつで「生命エネルギーの循環」を産まれた時の状態に戻して、心と身体に一体を持たせる。呼吸法次第で人間はより大きな存在と結びつく事ができますからね。

こんな体験して原理をお話しするとスピリチュアル系の方はより感動します。普段スピリチュアルではない参加者はそれぞれ表情が異なりますが納得の大感激です。





意図的にそんな空間を創り出すのもインタープリテーションの技術なんです。


  

2013年05月03日

i phoneで土ボタル〜


12年間で最も発光していて驚いた。

いくつか前のブログ記事に昼間の土ボタルの様子を載せたけどここまでとは。。。

かなり久しぶりに行って来ました『土ボタル観賞』

ゴールドコーストでは2001年から2008年まで続いていた旱魃で土ボタルの個体数が約半分に激減していたんですよね。

だから全く個体の多さも期待せずにオーストラリアの友人に頼まれて4人でスプリングブルック国立公園へ行ったのですが。。





いやいやいやいや

驚いた。。。本当に驚いた。森の中であっちこっちで天空の城ラピュタの飛行石のように発光しまくっている。。。。

これほどの土ボタルの数は2001年以降見ていなかった。。2009年以降は雨が多くQLD大洪水やサイクロンなど水難が多かった。 

その分、森の林冠は壊れている部分もあるけど多雨林に必要な湿度を吸収維持できたんだろうな〜





しかしi phoneは凄いなぁ。いや、今のスマホが凄いのか。。!!当然フラッシュは焚かないけど、なんと土ボタルが撮れた!!!多分デジカメや一眼カメラなら三脚がないとブレルだろうけどね。





ちなみに旅行者でこれからツアーでいくなら撮るより見る方が断然優先して欲しい。正直カメラで撮っても加工しない限り感動できる写真は撮りづらい。あの音、雰囲気、空間、湿度、温度、、、見えるものよりも見えない感覚を無意識に感じて初めて感激するものだと思います。

それから土ボタルにはくれぐれも懐中電灯を当てないようにして下さいね。