2013年07月30日

アルバートコトドリ/Albert's Lyrebird

ゴンドワナの森の中を歩いていると。。。フラフラっと目の前をあの鳥が。。。。その名もアルバートコトドリ!





アルバートコトドリ/Albert’s Lyrebird(Menura alberti)もしくは コトドリ/Superb Lyrebird( Menura novaehollandiae,)の2種類しか地球上にコトドリは居なくて、ゴンドワナ多雨林では目撃できるんです。僕も何度か遭遇歴はあります。。

が、、目の前にずっといてくれる事などないので18年間で初めての体験でした。

地味だからね〜〜色が。知らないと汚い鳥だな〜〜っで見逃してしまいそう。。

一度にたった一個しか卵を産まない繁殖力の無さ。。そして約5%の森林のうち0.3%もない多雨林地域のみに生息している希少種でもあります。

さてさて、、、彼は一目散に地面を掘り食べ物を物色し僕など眼中になしface06ここぞとばかりに動画を撮った〜〜。


http://www.youtube.com/watch?v=TKr54Fgr4fM


Lyreの意味は「竪琴」。まるでクジャクのようにオスはレースのような尾羽を持ち、それが竪琴に似ていることから和名の由来となっています。しかも他の鳥の真似のほか、チェーンソーや「カシャ!ウィーーーーン」など昔のカメラのシャッター音や、車の音を真似る事だってできる。真似をするからLiar=嘘つきとも言われたりする。





クイーンズランド州とニューサウスウェールズ州の州境の多雨林に生息するとされるオーストラリアの固有種。10セントのコインにも描かれています。10cを上下に動かすと。。何となく目やくちばし、頭が分かります。ぜひおためしあれ。
  

2013年07月29日

「目覚め」と「消化」のハーブティー

やっとこさパソコン復活





今日の朝の気分は「目覚め」と「消化」。だから「目覚め」と「消化」ののハーブティーicon06作ってみました。

パソコンが使えない間、ニンビン、コアラ探し、クジラ発見、お寿司三昧、、ブログ書いてない間にシェアしたい事が毎日あった。どんどん消化していこうと思います。






すーーっとしたレモンバームミント、ペッパーミントのハーブティーで気分も心もスッキリだ。

写真は友人が作ってくれた時に撮ったもの( ^ω^ )

ガラスのカップ欲しいな〜
  

Posted by K at 06:16Comments(3)自ずと然り

2013年07月11日

第35回ゴールドコーストマラソン2013

大会1週間前は土砂降りだったゴールドコーストの天候も、この日に合わせて調整してくれたかのような走り易い天候になりました!!

2013年7月7日。。

この日は七夕の日、そしてゴールドコースト三大イベントのひとつゴールドコーストエアポートマラソンでしたface02

今年は総勢2万2000人の参加者。そして日本からは約500名が参加したそうです。ちなみに昨年の日本からの参加者は約800人。

今年はマラソン関係の仕事でいつものようにカメラを持ってウロウロできず。。face18残念だ。

招待選手の注目はアフリカ勢と昨年は日本人最高順位の4位,(2時間13分26秒、ちなみに上位はアフリカ勢独占)だった公務員ランナー川内選手。

特に川内選手が招待された理由としてはゴールドコーストを擁するクイーンズランド州が、 埼玉県と姉妹友好提携を結んでいることが背景にあるそうです。でもそんな事が無くても招待されるべき日本を代表するランナーですよね〜。スポーツ選手にあるツンツンとした態度もないしすごく好感が持てます。

公務員ランナー川内優輝選手が2時間10分01秒で初優勝しました。川内選手は昨年は2時間13分26秒で4位入賞の記録を3分以上縮め、大会タイ記録です。本体会でフルマラソン10回目の優勝です。

その他の日本人選手では、伊藤太賀選手が2時間11分52秒で2位に入賞。

女子は赤羽有紀子選手が大会記録の2時間27分17秒で優勝。と日本人選手が大健闘。嬉しい限りです。



次の日の新聞は川内選手の記事一色


川内選手は、日曜日の大会で走り、優勝してそのまま日本へとんぼ返り、月曜日には公務員のお仕事に戻られたそうです。

@@@@@@@




またまた来てくれました。約11kgのスーザフォンを抱えて演奏しながらフルマラソンを走りきる!!走る調律師レオさん!!!!レオさんはスーザフォンに広告を載せてそのお金を寄付にまわしているのです。

今回は仕事だったのでカメラを持ち構えるわけも行かず。。携帯でちょっと撮りました。

レオさんのゴールは見たかったけど、その時間までいる事ができませんでした。。。残念だ〜〜〜。僕がマラソンに感動したきっかけはレオさんの姿をみた事も大きいのです。次回はスポーツマッサージをマラソン前にさせて頂けたらと勝手に願いましたface02

レオさんのブログ:http://hashiruchouritsushi.cocolog-nifty.com/


@@@@@@@

長距離の魅力は分からなかったけど、2011年から見始めたマラソンのおかげでマラソン大会は大好きになりました。
片方の足が無くて松葉杖でフルを走りきった人、マラソンマンと言って年に160ものマラソン大会を走ろうとしている人などたくさん夢をもって走っているね。





ここではみんながヒーローそしてヒロイン。

また来年も楽しみです。  

2013年07月04日

一瞬。本当に一瞬。

ゴールドコーストは晴れ。スプリングブルックは例によってカルデラの底から水蒸気がわき上がり山頂はドンヨリ。

海岸線は26度の気温でもスプリングブルック山頂は15℃前後。南風の影響でより冷えを感じる。

どんより+冷え冷えの環境でお客様と目を閉じて『音いくつ』をしてみた。

冷たい風は柔らかく下から感じる。

小さな7gもない鳥。。ムシクイの仲間たちが近くを通る気配を感じる。

森は下から吹き上がる風によっていつもと違う音楽を奏でていた。

他の観光客は寒いから早歩きで歩く気配を感じる。

深い深い深呼吸法は身体を温めてくれる。

目を閉じるとまるで何かの演出かのように雲が裂けて一瞬だけ大陽が入り込んで来た。

目を閉じて森と共に感じた大陽の恵み。







有り難さを身にしみてゆっくりと森を後にしました。








  

2013年07月03日

コアラの気配

プラプラッとユーカリの散策道をお散歩icon24

細く背の高いユーカリに囲まれた散策道。

ポカポカと陽が暖かい。

時々すれ違うオーストラリア人は手をつなぐお年寄りカップルpeople08people07、ベビーカーを押してる夫婦people13people06people12、犬に散歩させられてるおばあちゃんpeople08animal06

立ち止まったり、ユーカリの木の上部分をずっと眺めている僕を察してか挨拶変わりに『コアラはこの辺りにはたくさんいるよ〜〜』と教えてくれる。

笑顔で赤の他人にも挨拶をしてくれる。オーストラリアのそんな瞬間が好き。

結局コアラは見つからなかったけど、、、歩道から森にかけてたくさんの落としもの発見。

匂いを嗅いでみるとまさしくコアラのface05香り

コアラの気配を感じとれただけでもハッピーです。



  

Posted by K at 08:09Comments(2)自ずと然り