2013年08月28日

獣道で星空を見ていると。。

今年の冬はあまり寒くないゴールドコースト。

それでも夜は寒いんだけど夜は別格に空気が澄んでいて深呼吸するのが気持ちがいい。

ツアーとマッサージと出張の12連勤でちょっと疲れてたけど星を見ながらあっという間の何時間かを過ごしたら気持ちがスッキリface02

真っ暗な森の近く。カサッと音がする。

一瞬ドキっとするんだけどここはオーストラリア。熊はいないanimal30。感覚を研ぎすますと。。。。カンガルーが近くを通る気配がする。たまに親子連れのカンガルーの時もある。
野球のボールみたいな生き物が暗い空を滑空する。目の錯覚かと思うほどの早さでユーカリの木から木に移動する時を目撃する事もある。きっとフクロムササビだ。

バコンと頭の上で音がする。

その瞬間、目の前にサーフィンのロングボードほどの折れたユーカリの枝が現れる。数メートルずれていたら即死だ。ユーカリは夜から明け方にかけてよく枝を落とす。忘れていた。そのときからあまり大きなユーカリの下で星を見るのはやめるようにした。


ウサギくらいの生き物が素早く木から降りたり、全力疾走で器用に木に上るのはポッサム。しっぽが巻いていたらリングテイルだ。

不器用にゆっくりと降りたり上がったりしている動物もたまに見る。本人は急いでるのだろうが遅い。。コアラだ。


動物が通る獣道で動かないで星を見ているとなんだか僕も地球の仲間なんだって感じになってくる。有袋類は爬虫類や獣脚類、真獣類によってユーラシアやアフリカ大陸、南米大陸や北米大陸からも住処をおわれた。

そして唯一無二のオーストラリア大陸のみに多く残れた。そして今、4500万年前から続いた繁栄も人間によって住処をまた奪われている。

世界中で有袋類の祖先が絶滅した。生き物は生まれ死んでいく。
その数億年の地球の歴史の上にもきっと今日のように星は見えたんだろう。時間を超えたような不思議な感覚がした。

獣道で星空を見ていると。。

地球にいる事が尊く感じる。




  

2013年08月22日

2013年08月20日

シーワールドの海の世界

じゃじゃん。子供と奥さんに連れられて行ってきましたシーワールドanimal01animal02mark56

一回の入場料は約$80。一年パスを買うとなんと$100ちょっと(しっかり覚えてません)

なので2回も行けば元が取れるという事でお得です。

シーワールドの設立は1972年。時の水上スキーのチャンプであったジョン・ウィリアムスの練習場だった事がきっかけだそうです。ここでは可愛いシロクマやイルカ、アシカ、ペンギン、エイ(にも触れる)などの様々な海洋生物を見ることができます。その他にもコークスクリュー(乗り物としてはかなり古く、僕は小学校の頃からある)や水上ジェットコースターなどの乗り物。巨大なアスレチックジム、恐竜博物館など「海」とは関係ないけど面白いもの。他には夏場には水の滑り台など巨大な水の遊園地も公開されます。

主なショーは3つ。①ジェットスキーショー②アシカショー③イルカショー


ジェットショーはアクロバティック・・と言っても十数年前のストーリー性のある水上スキーショーとは違いかなり時間が短縮されています。が、ジェットスキーの半端ない技術を見せてくれるジェットスキーショーはおすすめ。

②のアシカショーは改善されており最近は面白いと感じるようになりました。その話はまた近いうちに・・・なのでそのときに園内を回るコツを書きたいと思います。

今日は上記のどれでもないのですが本当にすばらしいので紹介したい場所があります。

それは・・・Shark Bay です。





シーワールドは海洋生物の保護や研究もしているのですが、イルカやサメ、エイ、ペンギンのプールの海水は7回以上も濾過をしている非常に綺麗な水なんです。なので5mでも7mの深さでもプールの底が見えてしまいます!!



分厚いガラスを掃除している人。みんなの見せ物になってましたicon10icon10




プールの底の小石を綺麗に吸い取って張り付いた苔をとってました。この人は掃除機をかけている人のパートナー。この人はサメを追っ払う役なのです。ようくみるとクサリカタビラを着てる。。万が一サメに教われたときにちぎられないように。。。とのことです。

そして今回はサメの餌付けをプールの中でしている人たちもいました。動画とってあるのでクリックして臨場感をお楽しみください。http://www.youtube.com/watch?v=aq73vC42yvE

僕はダイビングはしないので余計に感動しました。優雅に生き物が泳ぐ海。光が射して本当に綺麗。今度は真剣に写真とってこようっっとface02。  

Posted by K at 15:09Comments(2)自ずと然り

2013年08月11日

カンガルー料理

今日は日本から友達が来ました。

なのでオーストラリアの固有種を召し上がっていただこうとカンガルー狩りへ。。。。じゃなくてスーパーへicon01フィレがおすすめ。

カンガルーは固い、臭い、不味い。。と評判ですが肉質と調理の仕方でかなりの品となります。

カンガルーの肉は栄養的にはタンパク質とミネラルが豊富で、脂肪分が約2%と少ないから食べやすいんです。

1)少し岩塩で肉をもむ。

2)表面をカラッと焼いて、その後は蒸す。

3)お皿に焼いたお肉の塊を乗せて余計な血を出す。

4)薄切りにする。

たったこれだけで美味しいカンガルーが食べれます。

ちなみにいつもはイチゴジャムを作るのですが買い忘れ。

なので、赤味噌ソース。ガーリックヨーグルトソース、ニンニクとネギとコリアンダーを醤油で色付けしたものを作りました。

でもやっぱり・・・・最後は、別皿に入れたお醤油が美味しかったなぁwww完食face29



  

Posted by K at 05:14Comments(11)自ずと然り

2013年08月06日

夜明けの時間

冷え込む空気

闇の時間から光の時間へかわっていく景色

鳥たちのさえずり

緑の香りがいたるところから香ってくる

見えなくなっていく星々

藍色とオレンジ色の空

今日も命の躍動を感じる

夜明けだけの貴重な瞬間

動かないものも感じてみて

今だけの貴重な時間がみえてくるよ




  

Posted by K at 05:38Comments(1)Sence of Wonder

2013年08月01日

今年の土ボタルの状況



一言・・・・「多い」


今年の土ボタル(の発光)は過去10年間で最も多いと思います。

まぁ通年発光はしているのですけどもだいたい6月〜10月の雨の降らない時期(ゴールドコーストでは自然発火防止のファイアーコントロールの時期)は発光するツッチーが少ない。

ツッチーの発光原理はその他の発光生物と同じく①体内で発光する為の液体を作り、②体の発光器官の中で、③発光する為の液体と酸素と水分を混ぜ合わせ、④発光をコントロールする。。のです。だから湿気がないと光らないし、光れない。

そういう理由で乾燥する6月〜10月の時期はラミントンやスプリングブルックまたは、ナチュラルブリッジに行ってもほとんどで光っていない。

しかも2001年から2009年までというのは干ばつが続き(日本の小麦製品も値段が上がった)多雨林も壊滅的なダメージを受けていました。

2009年のあとは豪雨が多かったのですが、2010年、2011年と雨の割にはツッチーの発光も思ったほどではなく心配していたのです。

昨日、今日雨が降っているから光っているもんじゃないんです。

しかし

今年はすごい!今の時期でも何と森に入るとツッチーの発光する群生がドンっと見える。




洞窟やツインフォール周辺にも夜、光る気満々のツッチーがいた


今の時期ってさ。。ツッチーは少ない。星空は綺麗!っな時期なんだけど今年は「ツッチーすごい」「星空すごい」!!。

だから夜も楽しいです。