2013年09月13日

はいキタ〜牛タン

スーパーにめっちゃ安く牛タンが売ってる。

これを自分でさばく。利益は関係ないから薄く切る必要はない。。。トンカツなら薄い方が肉の味がして美味いけど牛タンは厚い方が味がある。。。ので焼き肉屋の3倍はある肉厚に切る。

健康的な牛の舌はピンク色。

人間だって舌をみただけで症状が分かるくらい「舌」は健康のバロメーター。舌がやけに白い。むくんでいてよく舌を噛む。舌を見ると歯の跡がついている。。。などなど怖いくらい健康が反映されるのです。





見事な霜降り部分。





塩は最後までしない。肉汁が出てしまい肉が硬くなる。大体、食卓で待っている人間はこの香りだけでやられてしまう。ぐぅーの音もでなくなる。





レアでも構わない。レアにするべき美味さを味わえる。これで完全にノックアウトされる。今まで焼肉店の牛タンはなんだったのだろうという美味さを家庭で味わえる。

おすすめです。  

Posted by K at 05:54Comments(3)

2013年09月09日

幸せ探し at Byron

幸せ感ってストレスより見つけにくい

でも探したら結構見つかるんだよね。

広い心の海の中

今日も一日ハッピー探しの始まり

気づきの始まり

自分に正直にいこう





















バイロンでは調査の為でもあるが国立公園レンジャーや生物学者、ボランティアのマリーンレスキュー隊がクジラを観測しています。クジラの尾っぽの裏部分は人間の指紋のように個体別に異なります。そこまでは見えていないけど一日中バイロンを通過するクジラの数を調べています。

今は南極に帰るクジラと未だに北上中のクジラが交差するんです。今の次期のバイロンおすすめですよ〜〜〜。


北上するザトウクジラ。壮大なパフォーマンスはしていなけど、、、なんだかな。。この2頭。。。幸せそうなんだ。クリックして見てみてね。
http://www.youtube.com/watch?v=T0hNSzqC6o4  

2013年09月04日

動画:カンガルーのキックボクシング^^

友達の家に行く途中、野生のカンガルーの群れを見つけたface19

EASTERN GREY KANGAROOだ。西オーストラリアにはWESTERN GREY KANGAROOがいますよね。若干東よりも西のカンガルーの方が耳が長い。

さて、、野生のオオカンガルーの部類はライオンやアザラシ、鹿や象のように「群れ」をつくる。当然オスたちもいるが、飛び抜けた強さを持つボスがいて何匹ものメスを所有する。カンガルーは出不精だが、ライオンはそれぞれのメスとハネムーンに行く(古い・・じゃなくてリーダーに古くから付き添っているメスたちも了承してる)、ハネムーンから帰ってきたらまたすぐに別のメスとハネムーンに行ってしまう。それを繰り返す。だからリーダーのオスはかなり窶れ、げっそりとなる。

野生のカンガルーの危険度はほぼ認知されていない。実はとんでもなく危険なのだ。野生のカンガルーは時としてアフリカでいう「カバ」に相当するほど危険なのだ。関東出身の僕の世代は「カバ」は「園長先生」のイメージがある。そう西山登志雄さんのことだ。

「下手したら殺される。。。」カバという動物は、アフリカではレンジャーが最も気をつけている危険極まりない動物なのだ。

動物園でしかカンガルーに触れあう事がない場合が多く、「ダラケてる」「優しい」「ゆっくり」なイメージある。確かに野生種もそうなのなだが決定的な違い・・・・それは、「人になれていない」という点だ。


巨大に肥大した胸を砂や土、草になすり付けて「自分の色」をつけている。好き勝手にメスといちゃついてる。他のオスは常にリーダーの行動を気にしながら群れにいる。

何よりもボスはどう見てもデカイ

大人の僕たちができる事は人間の子供を群れに近づけないようにする事。侵入者には巨大なしっぽと強力な足で「背伸び」をし、大胸筋を広げてボディビルダーのようにそびえ立ち睨む。



1)距離を置く
2)小さく屈む、もしくは座る
3)カンガルーが驚くほど大きな声を出さない



もし数m目の前で戦闘態勢に入られたら、ゆっくりとリーダーの目を見ながら後ずさりする事だ。20m以上離れれば追っては来ない。逆にいきなり猛ダッシュで逃げ出すとあっという間に追いつかれて「半端ではないケリ」を受ける事になる。

人間を蹴り殺したケースは聞いたことはないが、犬などの話は聞く。何より僕の犬がカンガルーにケリ殺されている。2日間ほど敷地内の森から帰ってこなかった。。心配して探しにいったら倒れて絶命していた。獣医曰く外傷がほとんどなかったが内臓破裂で一発でアウトだったそうだ。しっかりと供養して埋葬した。

さてさて、前置きは長くなってしまったけど、カンガルーといえばボクシング。しいて言えばキックボクシングなのだが、ボクシング・カンガルーの旗はオリンピックやコモンウェルスゲームズ、などでお馴染み「オーストラリアのスポーツの旗」となっている。

今回動画として映せたのは、次期リーダー候補生たちの試合だ。喧嘩する事でお互いの力量を計り、群れないでの位置関係が自然と決まるためこの動画のような行為は大切だ。

http://youtu.be/5otcXk47Fik

次期リーダー候補生の熱き戦い。群れの者たちは一切関与せず「どうでもいいモード全開」だがボスだけはしっかりと見守っているのも見逃さないでほしい。  

Posted by K at 07:01Comments(1)自ずと然り

2013年09月02日

豪人ブログに詳しい方・・

豪人ブログに詳しい方・・

you tube に動画を載せているのですが、豪人ブログには動画がはれません。

どなたか知っている方、動画を載せる方法を教えてください〜〜face12face12

よろしくお願いします。

k

  
Posted by K at 07:30Comments(2)自ずと然り