2011年02月04日

パース旅行記 ④ Cervantesを目指して

スワンベル付近のカフェで朝食をとり、カンガルーの銅像と戯れたあと、YHAチェックアウト。

そのまま目的地であるCervantesへicon17で移動。


慣れない道と『北ヘ行けばいつかは着く』という安易な考えで、いくつものHWYの標識に混乱して、なかなかCITY を出れず、やっぱり四苦八苦face20


Indian Ocean Driveに乗りたかったのだけど、レンタカーに付属していた頼りないMAP1枚を片手に迷いに迷ってやっとこさ出てきた道がGreat Northern Highway !!

よし!あとは北に進むだけ!と言う事で車をグングン飛ばすfeel17


見る見る景色がユーカリ(フトモモ科)や、バンクシア(ヤマモガシ科)、アカシア(マメ科)に代表される山火事が必要な樹木が道沿いに見えて来た。。知っている・・けど違う西の植物にかなり興奮した。走り始めて1時間後、さらに樹木は低くなってきた。

そして広がっていく大地・・・・






僕が知る限り西オーストラリアはあえて言うとオーストラリアを代表するもっとも古い地質の場所。火山脈もないし、長い地球の歴史の中で山脈が風化や浸食をうけて今に至る。あまりにも・・幾星霜もの間、浸食されて『山』らしい地形がないのはそのためだ。



カンガルーの骨・・



大地が死にかけていると言っても過言ではなく、養分や水分の少ない死にかけた土地で、、世界的にもまれに見るワイルドフラワーの宝庫と言うから素晴らしい(いつかその時期に行ってみたいなぁ)。その適応能力こそ生命の力を思うとすごく勇気づけられます。。。face01

うわぁ〜〜〜〜植物が低い!!

しかもこんな地質ですか??そして熱い。。岩盤浴みたい





よくこんな所に根を張れるなぁ〜〜〜〜〜〜〜・・・・もしかしてワイルドフラワーのほとんどって窒素固定できるんじゃないか?という疑問がわいてきました。すげーーすげーーーーと一人興奮。説明して・・おくさんも興奮face19feel03。簡単にいうと栄養は菌類と紫外線の力を使って自分でまかなえるという事です。すごいねicon01


こんな景色にゾクゾクする。。







1億8000万年前のゴンドワナ大陸時代、西オーストラリアはインド亜大陸に隣接していた部分で、その地質はジュラ紀もめではない。そしておそらく2000万年前ほどだろうか。。オーストラリアが極度に乾燥し始めた最初の土地が西オーストラリア側だそうです。




これはモクマオウの一種。実がついてるからメスの樹です。『葉』に見える部分は「枝」です。先端のみが『葉』


ウルルでも、西オーストラリア州海岸線全域にも『多雨林』だった形跡が残るけど、多雨林は残っていなかったのは想像通り。でもかつてそこが壮大な森が形成されていたかと思うと感無量でした。

荒野を走る・・もっともっとオーストラリアを走りたいと思いました。





人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ぱーす旅行記2011)の記事画像
ぱーす旅行記⑯ ストロマトライトに逢いたい②
ぱーす旅行記⑮ ストロマトライトに逢いたい①
ぱーす旅行記⑬ 放浪記5 夜のピナクルズ 
ぱーす旅行記⑫ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記4
ぱーす旅行記⑪ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記3
ぱーす旅行記⑩ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記2
同じカテゴリー(ぱーす旅行記2011)の記事
 ぱーす旅行記⑯ ストロマトライトに逢いたい② (2011-05-14 21:14)
 ぱーす旅行記⑮ ストロマトライトに逢いたい① (2011-05-06 20:22)
 ぱーす旅行記⑬ 放浪記5 夜のピナクルズ  (2011-04-21 17:34)
 ぱーす旅行記⑫ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記4 (2011-04-14 03:18)
 ぱーす旅行記⑪ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記3 (2011-04-11 11:52)
 ぱーす旅行記⑩ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記2 (2011-03-31 09:13)
この記事へのコメント
読んでるだけで、なんだかおいらも大興奮ですよ!!

植物の不思議と地質学、そんな話をいつかKさんから
聞きたいです!!

あ、Kさん知ってますか?WAにはLiving Stoneがあるって^^
ってか、もしかして、今回、それも見たのかな?

おいらが知ってるのはパースの南のManduraって
街の近くにある湖?的なところにいます^^
珊瑚のようなものらしいですが、違うみたいです。
Thrombliteって名前だったと思います。

日本語のサイトは見つけられず、英語のサイトのみ。
オーストラリアの学者が研究中とかって話も聞きます。

おいらも一度見てみたいものです^^
Posted by DiceDice at 2011年02月04日 20:34
DICEさま
オーストラリアはまさにガラパゴス島そのものですね!ThrombliteってStromatoliteの一種でしょうか。実はWAにはStromatoliteを見に来たんです。
Posted by k at 2011年02月06日 19:26
スペル間違ってました^^;;

Thromboliteです!!

http://en.wikipedia.org/wiki/Thrombolite

英語のWikiですけど、おいらはこれくらいしか
まともな情報がネットでは仕入れられませんでした;;

見てみてください!!!
Posted by DiceDice at 2011年02月07日 16:09
DICEさま
ありがとう〜〜〜〜恩にきます。
Posted by k at 2011年02月08日 21:08
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
パース旅行記 ④ Cervantesを目指して
    コメント(4)