2011年02月09日

EcoGuide On site verification

明日は4人のエコガイド志願者の査定をします。。。っということでただいま4人分の書類とインタープリテーションの書類まみれface23

>

今回はゴールドコーストが誇るエコツーリズム協会の上級エコツアーオペレーターとして認定を受けている・・

Tour Gold Coast/ Aries Tours http://www.tourgc.com.au/au/index.aspx


の現役土ボタルツアー担当ガイドさんたちの能力実証(実技)をスプリングブルック国立公園ナチュラルブリッジ地区で審査します。


EcoGuide Australia Certification Program – EcoGuide Australia III という資格がエコツーリズムオーストラリア協会(http://www.ecotourism.org.au/ecoguide.asp)にありまして合格をするとはれてエコツーリズムオーストラリア協会認定エコガイドと名乗る事ができる+よりエコロジーを考えたツアー(観光)を提供できる(可能性を秘めた)ガイドになれるということです。






上記で合格すると・・と書きましたが、現場での能力実証(実技)に至るまでの行程で、セルフアセスメント含めた能力査定段階で、推薦者へのインタビューや物理的な証拠提出と本人の面接が含まれます。そこまで行い初めて現場での能力実証(実技)を行いますから、まず不合格はありません(よほどの事がない限り)。

足りない部分があれば指摘し、サポートし、勇気づけます。そっちの方が伸びる可能性が高いし、レベルも上がってくれる可能性も大きい。だから資格をとったから『もういい』ではなく、資格をとってからがスタートなのです。
ここ数年、On site verification(現場での能力実証)そのものが実行されておらず、書類が受理された時点で『エコガイドの認定』がおりてしまっているガイドが多々いるので今後、ケアンズもゴールドコーストもエコガイドの『能力実証』を追試していこうと考えています。

もともとオペレーターのエコツーリズム認証制度やエコガイド認証制度ができた理由は、1980年代、世界的に「エコツーリズム」の言葉の乱用が始まり、オーストラリアでも「エコツーリズム」「エコツアー」「エコロッジ」などの言葉をむやみに乱用し、営業、営利目的だけで使う業者が現れ始めました。

オーストラリアは豊かな自然を利用した観光が最も重要な産業のひとつであると認識しています。そのため、各ツアーやそのエージェントによって質の差が浮き出しになる事を防ぎ、業界全体で上質のサービス/ツアー運営を目指そうと言う事で1991年に観光業界を中心とした非営利団体であるECOTOURISM AUSTRALIA協会が発足しました。






紛いものツアーエージェントに対し、本物を目指す観光業者から全体の質の低下が危惧され、その差別化を願う声がつよくなりました。そこでECOTOURISM AUSTRALIA協会は世界で初、そして当時世界唯一のエコツーリズムオペレーターの認証制度を開発しました。

それがオペレーターに対してThe Eco Certification Program

ガイドに対して EcoGuide Certification Program なのです。

我々、エコガイドやエコツーリズムオペレーターの役割とは道案内だけでは済まされない重要なものであり、まさにツアーや会社の質、果てはオーストラリアの地位を決定するものでもあると思うのです。エコガイドとして、エコツーリズムオペレーターとして憧れられるか(=職の繁栄、環境の持続性向上)見向きもされなくなるか(全ての衰退)、現在の志し、あり方が今後を決定して行くと思うのです。









QLDの洪水被災者への支援はこちら
http://www.centrelink.gov.au/internet/internet.nsf/emergency/qld_flooding_dec10.htm

NSWの洪水被災者への支援はこちら
http://www.centrelink.gov.au/internet/internet.nsf/emergency/nsw_floods_jan11.htm

VICの洪水被災者への支援はこちら
http://www.centrelink.gov.au/internet/internet.nsf/emergency/vic_floods_jan11.

人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(Sence of Wonder)の記事画像
ポールさん
庭に来るカンガルー
朝露のハンモック
出張先は自然の中
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
ハローを探す
同じカテゴリー(Sence of Wonder)の記事
 ポールさん (2014-04-30 06:37)
 庭に来るカンガルー (2014-04-12 07:06)
 朝露のハンモック (2014-04-11 12:02)
 出張先は自然の中 (2014-04-04 07:20)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 ハローを探す (2014-02-21 05:56)
この記事へのコメント
セルフアセスメントは取り寄せたんですけどねー。5年前?に。
その後会社が変わって、On site verificationが不可能なので、やめてたんですが、必須ではなかったんですね。(いや必須なのかな?)
んー、気が向いたらまた開いてみようかな。
Posted by chiemomochiemomo at 2011年02月10日 10:44
chiemomoさま
On site verification。。うーーーーーん。。。
『エコガイド』たる実力をいかんなく発揮しているエコガイドが必要です。chiemomoさま宜しくお願いします。
Posted by k at 2011年02月10日 20:57
自分としては今はただ動植物のガイドでエコツアーをやってるわけではないと思ってます。10年前は環境教育で食べていましたが。
マスツアーをエコツアーとして認定するというところで、不思議に思うところもあります。
機会があったらいろいろお話を聞かせてください。結局面倒くさがってるだけなので、なにかモチベーションの上がるお話とか。
Posted by chiemomochiemomo at 2011年02月11日 17:40
chiemomoさま
ぜひいろいろとお話したいです。現地の素材の魅力に負けたガイドの仕方、運営の仕方をしているとリピーターが来ないで衰退が決定的になります。

エコガイドとはエコの種まきをする仕事。

観光も多種多様化してきた今、いろいろな『形』があって面白い。だけど信念だけはゆずらないで欲しいと思います。信念は重力ですから、その重力に惹き付けられて輪ができて、環となって和になると信じています。

安易な観光開発は土地の生態系を破壊す事もしてきました。そしてお金を生産しない部分には全く会社として手を加えない事・・(例えばガイドトレーニングはガイド任せなども含まれます)。。ですが土地を旅する事は、当たらし価値観の広がりや平和への象徴にもなりますからエコツアーの信念を伝える『時』がいまなのかもしれませんね。

ぶっちゃけchiemomoさまがEA認定エコガイドになる事は僕にとっては非常に心強いんです。
Posted by KK at 2011年02月14日 19:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
EcoGuide On site verification
    コメント(4)