2011年02月12日

ぱーす旅行⑥ 到着サヴァンテスの町

パースから迷いながらGreat northern Hwyを通り、Brand Hwayからやっとこさ到着した町サヴァンテス



泊まった宿はこちら


Cervantes Lodge http://www.cervanteslodge.com.au/index.htm

すごく綺麗な宿でここに泊まれるバックパッカーは幸せです。で我々は2階の部屋でした。






余り知られていない町ですが『地球の歩き方』に1行だけピナクルズに近い町とあり、ネットで調べた所、ロブスターは捕れるわ、インド洋に面してるわ、なんと町の近くに(5km)Stromatolite(!!!)の生息区域があるわ、もちろんピナクルスに近いわ、、という事で宝物の香りがぷんぷんface01する地域なのです。


ニュージーランドの親友に『世界遺産や国宝だけじゃない。大事なのは身近なところの「遺産」とその大切さに気づき受け継いでいくか』
と教えられた事があります。まさにその通り、よーーく探すと目から鱗の新事実なんてたくさんあるんじゃないかな。



町の名前は1844年に沈没したアメリカの捕鯨船から命名されたそうです。

人口:約500人

町はとてつもなく小さいのですが、所々インド洋に面して大豪邸が立ち並びます。この町ではロブスターが水揚げされるのですが、おそらくロブスター御殿でしょうface19その日記は後ほど。




唯一の飲み屋であるタヴァーン。カウントダウンとか、金曜日の夜になると、昔ながらの雰囲気で町の人間が一気に集まるのでしょうね。僕らが言った時はガラガラ。お店の人やる気無し。。。。face24



タヴァーンから見下ろした町。焼けてしまうと思うほど強烈な直射日光にクラクラします。




一番大きなスーパー。日常雑貨からお土産まで扱っていました、高かったけど、お水と夜食を購入。




お腹空いた。。。タヴァーンに行ったけどやる気がないみたいなので、フィッシュ&チップスのお店へ。。。誰もいない。。。返事もない。。。

結局僕が店の人を探すハメに。。隣接する店をまわって『フィッシュ&チップスのお店の人知らない????face07』と聞きまくりました。


この町はロブスターで有名な町。専門でなく一般のオーストラリア人にとってロブスターもCRAY FISH(大きめのザリガニ)も同じものなのでしょう。Cray fishは主に淡水のザリガニの事。ロブスターは海岸線の岩場などを寝床にする海のザリガニの事。共に大きな鋏が特徴で、イセエビ科はその鋏がありません。サヴァンテスではイセエビ科のロブスターがワサワサと捕れるんです。

フィッシュ&チップス屋さんも専門だと思いますが、オーストラリアではロブスターもCRAY FISHも同じと言う感覚で良いんだと思います。おいしければよし!



ロブスターの揚げ物mark60





400gのT-ボーンステーキ



ロブスターもステーキも歯ごたえよく!!美味しく頂けました。これからの出来事に期待できる味でした。















人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ぱーす旅行記2011)の記事画像
ぱーす旅行記⑯ ストロマトライトに逢いたい②
ぱーす旅行記⑮ ストロマトライトに逢いたい①
ぱーす旅行記⑬ 放浪記5 夜のピナクルズ 
ぱーす旅行記⑫ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記4
ぱーす旅行記⑪ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記3
ぱーす旅行記⑩ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記2
同じカテゴリー(ぱーす旅行記2011)の記事
 ぱーす旅行記⑯ ストロマトライトに逢いたい② (2011-05-14 21:14)
 ぱーす旅行記⑮ ストロマトライトに逢いたい① (2011-05-06 20:22)
 ぱーす旅行記⑬ 放浪記5 夜のピナクルズ  (2011-04-21 17:34)
 ぱーす旅行記⑫ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記4 (2011-04-14 03:18)
 ぱーす旅行記⑪ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記3 (2011-04-11 11:52)
 ぱーす旅行記⑩ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記2 (2011-03-31 09:13)
この記事へのコメント
うまそう^^

なかなかいけてる街ですね^^

Cervantesってヨーロピアンな香りのする名前☆
セルバンテスっていう風にも読めそう。
って、確か有名な作家さんだったような・・・。
Posted by DiceDice at 2011年02月12日 21:34
DICEさま
さすが!その為かCervantesの町中のストリート名は『ドン・キホーテ』
の小説にでてくるものが命名されていますよ。
Posted by k at 2011年02月13日 05:36
マジッっすか!!!おもしろい!!!^^

よし、これを機にドンキホーテを読もう^^(笑)

ちなみに、ピナクルスのあるほうからは少し離れて
内陸のパースよりにある

「New Norcia」

っていう街はベネディクティン派のキリスト教の
スペイン人の宣教師つくった街で、建物がスペイン風だとか!
地ビールもあるそうです^^

たぶん、Great Northern HWY通ったなら
通過してるはずですよ^^New Norcia!

ちなみに、Norciaって言う名前はベネディクティンという
ベネディクティン派の教えを作った人が生まれ育った
イタリアの街の名前です。

きっと新聖地として街を作り上げたかったんでしょうね^^

ちなみに、フランスでの話し。
フランスのベネディクティン派のキリスト教徒たちが
作ったお酒がベネディクティンという今でもあるお酒☆

ヨーロッパのお酒って教会のモンクによって作られた
お酒がけっこうあって、元々は薬として作られたモノが
多いんですよ^^

だから、ベネディクティンも薬草やハーブがたくさん
使われているお酒なんです☆
Posted by DiceDice at 2011年02月13日 11:17
DICEさま
New Norciaは通ったような通ってないような。。GINGIN方面に抜けたんですけど。。西オーストラリアは宣教師が多かったんですね。知らなかったです。ベネディクティンていうお酒も初めて聞きました。ありがとう。
貝殻が砂岩のようにな壁になってる教会はどこにあるんだろう。
Posted by KK at 2011年02月16日 17:32
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ぱーす旅行⑥ 到着サヴァンテスの町
    コメント(4)