2011年04月14日

ぱーす旅行記⑫ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記4

極寒の風が吹き荒れる中、ようやく大陽が顔をだしてくれた後はゆっくりと心地のいい暖かさが包んでくれました。

強力な直射日光や紫外線、乾燥と強い風が吹き荒れるこの大地は、本当に異世界のようでした。


太陽エネルギーの恵みを母子共々実感して何を感じたのでしょうか。それはわからないけどこの場所に調和して得られるものは大きいと思います。






次々に光が墓標に当たる。。





その光景は不思議で・・・・・・






僕にはなぜか・・・・







墓標が未だに生きている生命体に見えた。。。。






その光は僕らにも平等に分け与えられました
人間の時間にとっては『100年』という単位は長い。100年前の生活と今は違うし、100年後の生活はものすごく『違う』別世界なのでしょう。科学は欲望を叶えてくれるから、きっと100年後はもっとひとは住みずらくなって困っているでしょう。
だけど46億年の歳月をかけた地球にとって100年は無に等しい単位。100万年だって対した時間ではない。それほどスケールの大きい地球のリズムは想像し難い。だけどひとつだけ分かっていて確実なことがある。





それは例え人類が環境を壊しに壊し、オゾン層も破壊し、核戦争も起こして何千種という生命を死に追いやり、大地も海も汚染させ、(とっくにこの時点でひとは生きられない)人類をも絶滅させたとしても、、、例え何百万年、何千万年も地球が酷熱の星と化しても必ずどこかで『生命』は生き延びるということ。このピナクルズの世界のように。

生物や植物層は今と異なるはずだけど、長いときの果てに地球が住みやすい状況になった時に、また地球に生命は満ちる。


『ひと』が生きる時代なんて地球には無に等しい時間でしかない。人類は滅びる可能性を自分たちで広げている。『生き残る』ために役割分担のバランスが均等している今の地球において、人智を越えた愚かさを露出しているのではないだろうか。

本当に危機に面しているのは、地球環境でなく間違いなく『ひと』のほうなのだ。。。。





ピナクルズを歩いて・・・・・ひとつの答えが出て来ました。


人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ぱーす旅行記2011)の記事画像
ぱーす旅行記⑯ ストロマトライトに逢いたい②
ぱーす旅行記⑮ ストロマトライトに逢いたい①
ぱーす旅行記⑬ 放浪記5 夜のピナクルズ 
ぱーす旅行記⑪ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記3
ぱーす旅行記⑩ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記2
ぱーす旅行記⑨ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記1
同じカテゴリー(ぱーす旅行記2011)の記事
 ぱーす旅行記⑯ ストロマトライトに逢いたい② (2011-05-14 21:14)
 ぱーす旅行記⑮ ストロマトライトに逢いたい① (2011-05-06 20:22)
 ぱーす旅行記⑬ 放浪記5 夜のピナクルズ  (2011-04-21 17:34)
 ぱーす旅行記⑪ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記3 (2011-04-11 11:52)
 ぱーす旅行記⑩ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記2 (2011-03-31 09:13)
 ぱーす旅行記⑨ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記1 (2011-03-30 12:45)
この記事へのコメント
鳥肌が立つほど美しい空と浮かび上がるピナクルズ。
その地球の歴史を感じさせてくれる場所でKさんは人類の事について考えていたんですね。
人が淘汰される運命にあるのなら、確かに地球の中のほんの1ページにすぎないことなんでしょうね。
人はその行く末を予感しながら、どう生きていくのでしょうか。
Posted by 小梅小梅 at 2011年04月14日 09:23
人類は自然の流れから外れたけれど

外れたことも人類の進化の流れの一部だと信じてます^^
そうでなければ、ここまで科学も学問も進歩しなかったでしょう。

方向こそ間違っているけれど、科学技術や知識は
人間が進化する上で生きていくうえで必要なもの!^^

でも、ここが一つの進化の分岐点だと思います。

自然と共に生きる方向に科学、経済、そして生活スタイルを
少しずつ変えていかなきゃいけない。

その流れ自体はある☆
あとは、流れに勢いをつける^^

そしたら、もう前に進むだけだ!!^^
Posted by DiceDice at 2011年04月14日 23:16
小梅さま
西にて、いろいろ感じました。それこそDICEさんの言うように土地に合わせたのライフスタイルを得ることが大切になってきます。西オーストラリアの東海岸のような不動産物件乱開発に驚きました。『水』の確保はどうするんだろうと思いました。


DICEさま
6度目の大量絶滅のためにひとは生まれて来たのでしょうか。。。考え過ぎですね^^欲の制御って難しいですね。流れるままに・・それも自然の原理の中で・・・
Posted by KK at 2011年04月19日 17:11
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ぱーす旅行記⑫ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記4
    コメント(3)