2011年04月21日

ぱーす旅行記⑬ 放浪記5 夜のピナクルズ 

ピナクルズの夕陽、それから朝陽を体験して、そして昼は別の場所で遊んで、夕方は休憩・・・・

その後、21時過ぎ・・・『待ってる??people09』・・・・『一緒に行くpeople10

奥様の体調が気になったのですが『待っているのは嫌!』の一点張り・・というわけで夜のピナクルズ散策に出発しました。

明日で満月になるというコンディションなので街灯いらずで外は明るい明るい。月明かりの下、我々はピナクルズを目指しました。

宿からicon17で20分。あっという間にピナクルズ到着。


夜のピナクルズは全く人気もなく、強く冷たい風が吹き荒れる中、、、おくさまが『怖い』というかと思いきや・・・月明かりに負けない星々だけがきらめき、月光に照らされたピナクルズに大感動!!


『え?え??え??』・・・・・・・・・・『ここ地球だよね』・・・・・・『異世界みたいだね』・・・・・・・『別の星みたい』・・・・

『地球って本当に素敵なのね』


目をキラキラして『怖い』どころではなく生まれて初めて体感する夜の砂漠にうっとりしてくれました。






まわりは僕らだけでした。星包まれ、、、ピナクルズに包まれ、、、、、月に照らされ、、、、、、、、、言葉のでない・・・というより言葉は必要なく・・・・・・・この場に居れる感動だけがこみ上げてとまりませんでした。




いつまでも大切にしないといけないものがある。そんな空間に浸れる幸せをおくさまとお腹の赤ちゃんと体験できました。






それは世界遺産でもなく、国立公園でもなく、遠い世界のものでもない。本当に大切にしないといけないのは『自分の住んでいる環境』なのですね。居て当たり前だと思っている家族、職場、友人、そしてそれを包み込んでくれる自然環境。。


ひとは船は造れるけど海は造れません。

道路は造れるけど、酸素は作れません。

ひとはどんどん地球の資源を使っちゃう。数十年の便利性の為に46億年の歴史の中で育まれた生命のバトンを断ち切っちゃう。

本当に地球の事を分かっている専門家なんていないのにさ。







エコロジー(生態)に配慮したツアー(リズム)(観光(業))ってとても大切なお仕事なんだと実感しました。


人間には元々五感で周りを感じる能力が有るのに、現代人はうまく機能していない。…と言うか感じてる事を認識する余裕がない事が多いかもしれないです。。


視野がどんどん狭くなり自分しか見えなくなってる。結果、自分が大事な考え方になり、周りへの配慮、思いやりが二の次になってる気がします。


本物のエコガイドの役目は、眠っているみんなの五感のスイッチをオンにしてあげることなのです。。教科書通りの言葉を並べる事ではないのです。その方法として、植物、動物、地形の案内だっり・・・・・または香りや音だったり・・・目に見えるものと目に見えないものを組み合わせて、余韻の残る素晴らしい一品になるようなツアー構成を心がけています。







綺麗な花を見て綺麗と思う。受動的じゃなく自発的に自然と触れ合う。答えを見つけるヒントを与えて、自身で答えを掴む喜びを感じてもらい、エコガイド自らも参加者と楽しむことが大事。

自然の偉大さ、大切だってこと、人間も自然の一部ってこと。一人一人が自分で理由を掴めば、理屈じゃなくきっと周りに優しくなれると思う。 自然と共生し、周りにもその感動を!と思う気持ちが一段と強くなりました。




人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ぱーす旅行記2011)の記事画像
ぱーす旅行記⑯ ストロマトライトに逢いたい②
ぱーす旅行記⑮ ストロマトライトに逢いたい①
ぱーす旅行記⑫ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記4
ぱーす旅行記⑪ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記3
ぱーす旅行記⑩ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記2
ぱーす旅行記⑨ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記1
同じカテゴリー(ぱーす旅行記2011)の記事
 ぱーす旅行記⑯ ストロマトライトに逢いたい② (2011-05-14 21:14)
 ぱーす旅行記⑮ ストロマトライトに逢いたい① (2011-05-06 20:22)
 ぱーす旅行記⑫ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記4 (2011-04-14 03:18)
 ぱーす旅行記⑪ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記3 (2011-04-11 11:52)
 ぱーす旅行記⑩ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記2 (2011-03-31 09:13)
 ぱーす旅行記⑨ ピナクルズ ナンバン国立公園 放浪記1 (2011-03-30 12:45)
この記事へのコメント
やり方は違うけれど、やりたいことはおいらと一緒ですね^^


おいらは中医学を通してみんなの幸せのお手伝いをすること!
幸せとは心の豊かさだとおいらは思ってます^^
だって、幸せだって感じて思うのは「心」だから☆

そのためにはまず、健全な肉体と精神☆
心の健康は体の健康、体を元気にすれば、心も元気になる!
また、逆もしかり!

健康とは日常生活から得られるもの!
おいらは中医学を勉強して、具合が悪い人の助けを
しようと思ってますが、その人の生活や生き方が
変わらないことには、同じことの繰り返しです。

おいらは考え方や、健康を維持向上させるための
生活スタイルなんかの知識を広めて生きたいと思ってます☆

そのために、食べ物のこと、自然の循環の中での人間の
生き方、人間の進化や、歴史や哲学的なことまで、生きる上で
必要だと思うことは何でも勉強していくつもりです^^

どんな生き方をするか?どんな生活をするか?
それは人それぞれ。でも、知らなければ、改善もできないし
選ぶこともできない!

知るだけではダメだけれど、最低限、知る必要があると思います!
後は自分に合わせて応用していくだけです!
同じ人はこの世に一人もいないのだから^^
Posted by DiceDice at 2011年04月21日 22:26
満月が大好物の私としては、とってもうらやましい時に素晴らしい体験をしたのですね。
でも逆に新月の時だったら美しい星空が広がっていたのかもしれません。

人の五感は日常の生活に追われ能力が弱まっているのでしょうね。
でも、自然に触れた時にそのスイッチが入る感覚はわかります。
そのお手伝いをする仕事っていうのは、人に忘れていた何かを思い出させる素晴らしいお仕事ですね。

私も今週末は自然に触れてスイッチを入れてきます!
Posted by 小梅小梅 at 2011年04月22日 08:40
DICEさま
ライフスタイルの広がりは世界の広がりを意味しますね。これからは不安定な政治や職場に疲れきって『生き方』を求めるひとがより多くなって来ます。ライフスタイル研究家を立ち上げるのも面白いね。


小梅さま
満月までもう一日でした。おしかったなぁ〜。
使わないと弱まるのは筋力と同じかもしれません、明るい場所では、耳や嗅覚を研ぎすます必要もないですからね^^

気づくだけで楽しく過ごせるんだから、気持ちのあり方って大事ですね。
Posted by KK at 2011年04月27日 18:02
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ぱーす旅行記⑬ 放浪記5 夜のピナクルズ 
    コメント(3)