2011年07月10日

オーラの撮り方

スプリングブルック国立公園は10度から17度くらいの気温で、場所によって気温が違う。

一昨日フリーのジャーナリストとなったTさんと行った時もかなり寒かったです。

レストランの人が言っていましたが、昨日の朝は7時の段階でもマイナス2度だったそうな・・・・・・face10


僕がツアー中にお客様に撮らせて頂いているいろいろな森の中の写真のなかに『オーラ写真』と勝手に名付けている撮り方があります。今回は逆にTさんに撮って頂きました。


@@@@@@@@@@


さむーーーい日が続いていますから、ツアー参加者も当然歩き始めはまだまだ寒い。


そこで僕は薄暗い森の中で、参加者全員に大陽が当たっているスポットに『手の平』を広げてもらっています。


目的は『恵み』を感じる事にあります。


そしてアドバイスを少々。。


目を閉じて・・・・・・・・・・・*1


鼻から呼吸をして・・・・・・・・・・・・・*2


ジワーーーー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・っと数十秒後・・


『温かい』



という参加者の声が必ず聞けるんです。たったそれだけでも冷え込んだ森の中で、大陽の光というか暖かみが『恵み』だと感じるんですね。そして同時に人の身体の心肺機能の向上もできるんです。一石二鳥なのです。 *2参照してください


@@@@@@@@@@@@@@@


さてさて、オーラの写真です





合成ではありません。カラーの変更もしてないです。face02

多雨林の中は暗い!そして光が差し込んでいるひとつひとつのスポットには、『大陽エネルギーのツボ』みたいなものが必ずあります。一見同じ強さの光ですが、弱冠光の強さも異なります。太陽エネルギーのツボは、もっとも太陽エネルギーの強い部分。

そこに手や身体、ひと自身をもですが(白系の服がベスト)太陽エネルギーに触れてみると・・・・・・・・・・・・・・・ほら・・





ボワーーっと光ります。


こんな撮り方をしてみると楽しく『大陽は恵み』と実感できませんでしょうか。


植物も動物も、僕ら地球の子は、大陽が存在して初めて生きていられる存在です。特別な場所で、特別な写真は、想い出以上の価値があると思います。そしてこの写真の撮り方は、自分だけでなくまわりの自然も主役ですから、ぜひ、いろいろな所で試して、オーラの写真を撮ってみて下さいね。



*1『視覚』からの情報をさえぎり、純粋に『嗅覚』『触覚』『聴覚』を活性化させるため

*2 (服交感神経を活発にさせるため、そして香りとして認識できなくても森の成分を吸う事が出来るため ちなみに鼻からの呼吸のメリット情報 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3409847.html )

人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事画像
ポールさん
バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
森の番人〜
今ならもれなく探検隊になれる
昼間の土ボタルと仲間たち。
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事
 ポールさん (2014-04-30 06:37)
 バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵ (2014-04-21 07:08)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 森の番人〜 (2014-03-25 08:01)
 今ならもれなく探検隊になれる (2014-03-23 08:10)
 昼間の土ボタルと仲間たち。 (2014-03-22 09:18)
この記事へのコメント
いや~、いいですね^^

太陽の光の反射に見えるあの光も
もしかしたら、本当に人間のオーラが太陽の光で
見えているのかもしれないですね☆
Posted by DiceDice at 2011年07月10日 22:17
自然からのエネルギーをいつでも敏感に感じ取れる状態でいたいですね♪
五感とそして第六感までをも活かす様な☆
Posted by 小梅小梅 at 2011年07月11日 08:35
Diceさま
確かにひとのオーラのようですね。^^多雨林の中だけでしか試したことはありませんが、神秘的に見えますので好評です。

小梅さま
5感を開く作業は、第6感まで刺激して9感の域まで届くかもしれませんね。
Posted by KK at 2011年07月15日 16:35
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
オーラの撮り方
    コメント(3)