2011年10月24日

エコガイドの言葉・・・22 マンネリ化防止成分

マンネリ化防止成分にもいろいろな種類があるのですが、今日はその一つを紹介します。
feel17

久しぶりにフラフラ〜〜っと一人でパーリングブルックの滝へと行ってきました。

パーリングブルックの滝へと続く道は、約4km。それほど長い道なりではなく、初めてスプリングブルック国立公園に行くひとには、ほどよいトレッキングコースです。高低差は約120m。余裕だと思いますfeel11

僕は、一人で行く時は朝早く森に入ります。ツアーで行くのでなければ、日の出前には森に着いていたいですね。

日の出前は、鳥達の時間ですanimal28animal32animal26animal34

まだ薄暗い中で目を覚ますハンター達のさえずりは、目を閉じて聞くと心を癒しますicon12

グルゥ、グルゥと鳴いて広範囲に歩き回ってえさを探す飛べない鳥『オーストラリアン・ブラッシュ・ターキー』

ツガイで居る事も多く、笛を吹いたような声が特徴で、カラフルな『レインボーローリキート』

樹木の上から馬鹿にするように、笑い声wあげるような声で鳴く『ワライカワセミ』

仮面ライダー『剣』の頭みたいな鳩『クレステッド・ピジョン』

ヒタキの一種でなんともその名前は貴族を感じさせる『イースターン・イエロー・ロビン』

ストックウィップ(オーストラリアのカウボーイ(ストックマン)が使うムチ)を知っている人しか納得出来ない声を出す『イースターン・ウィップ・バード』

『ウォークウォークウォークウォークウォークウォークウォークウォークウォークウォークウォーク』と鳴き続け、聞く者を急かそうとする原始的な鳩『ウォンガピジョン』

白と黒の模様で、まさしくフロートを奏でるような声で『初めて声を聞く者だけ(?)』を魅了する『キャラワン』『マッッグパイ』そしてモリツバメ科の『パイ・ブッチャーバード』

その他にもたくさんの野鳥がオーケストラのように早朝の森の中で奏でるのです。

ひとりずっと森の中で動かず座っています。息もゆっくり、身動きしないで座っています。鳥も僕が人間とは思わないらしく(笑)かなり近くまで寄って来ます。1時間でも2時間でもそのまま、そのまま。。。nature03

お尻は痛くなりますけども、人が森に出入りする頃にはもう演奏会はおしまいface02。貴重な時間を過ごさせて頂きました。


最初は、ずっと一か所に座って動かないと『暇』『つまらない』『何もない』と感じていました。

景色だって変らないし、ただ座っているだけだし、時間の無駄だし。。。



なんで『つまらない』と感じるのかなface18

なんで『暇』と感じるのかなface30

なんで『何もない』と感じるのかなface14


何時間も動かない事でだんだんと『暇』『つまらない』『何もない』という心と向き合えるようになりました。

本気で自分と向かっていました。


自然の中で音が聞こえて来て、、、それが葉のこすれる音だったり、さえずりだったり、生き物達の気配だったりする。

風に流れて来る香り感じてきたり、温度を感じてみたり。

自然の中にとけ込んで『その場にあるものを探せる』ようになってくると面白い。

どんな枝が落ちているのか?nature04どんな葉っぱが落ちているのか?nature17その色は?nature18香りは?nature22土はあるのかな?food48

そんな事を考えていたら、落ちている枝や葉っぱは『木が落としている』ものなんだと考えるようになってきました。

人の目線では『落ちてる』が樹木達から見れば『落としてる』のですね。

やがてそれらは分解されて地に染み込む。そして根でまたそれを吸い上げるという事に気づいたのです。

そしてまた分解してくれる生き物達の世界も知りたいなと思いました。

気づきや発見は面白い!

その瞬間、僕の中では、たかが森は『宝物の森』となったのです。


無駄な時間が貴重な時間となった瞬間でした。






・・・・・それぞれの動物の理論はさまざまです。なぜ象はあんなに大きいのでしょう。ハマグリはなぜあのような生き物なのでしょう。カワセミだって、コアラだってなぜあのようなものなのでしょう。

動物達の地球と言う本で読んだ文章です。


『生き物の理論はまさに多種多様です。自分たちにとって分かりやすいものもあれば、共感できないと思うものも少なくないと思います。ですが、全ての生命の理論は、生き残る為の揺るぎない進化の歴史です。

我々人間は自分たちの理論こそ正しいと信じて来たと思います。動物たちの理論などは考えた事もなかった。多年草で生きるか、一年草で生きるか、花をいつ咲かせるか、胞子でふえるかなど、植物にも理論があります。

それらは人間の理論とは違います。でもそれを理解しようとする事こそ現代に必要な生きる知恵の一つです。』



ただの森が『宝物の森』になった瞬間から、ツアーで話す言葉も行動も生き方も『生命を伝えたい』という脈が流れ始めました。


こんな感じで、スプリングブルック国立公園やラミントン国立公園の原生林は僕を育ててくれています。


鳥を探すのもいいけれど、原生林の中で自然の運と出会いに任せて動かないのも『オツ』ですよface29



今日のマンネリ化防止成分は、、自分の中の『気づきと発見』ですface02


人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(Sence of Wonder)の記事画像
ポールさん
庭に来るカンガルー
朝露のハンモック
出張先は自然の中
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
ハローを探す
同じカテゴリー(Sence of Wonder)の記事
 ポールさん (2014-04-30 06:37)
 庭に来るカンガルー (2014-04-12 07:06)
 朝露のハンモック (2014-04-11 12:02)
 出張先は自然の中 (2014-04-04 07:20)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 ハローを探す (2014-02-21 05:56)
この記事へのコメント
自分と向き合う時間が必要だったんですね、今。


人生の中で、無駄はある意味必要なものだと思っています。
他人から無駄と見えるもの、時間ばかりではありません。
子ども達がたくさんの紙や廃材を使っていろんなものを作ることも、最終的にゴミになるから無駄と思われがちだけど、
結果ではなく、その過程に意味が在るからね。

それが無駄と感じるかどうかは、目に見えない価値をどれだけそこに見出せるかということなんだろうなと思います。

時には、そんな無駄も必要です。
いえ、それはもう無駄なんかじゃないんだけどね。^^
Posted by なお at 2011年10月24日 11:38
わたしも〇〇(場所)は何もなくてつまらない~、というのはあまり好きではないです。いろいろあるじゃん!と思ってしまうので。。早朝の森もいいですね!
Posted by 夏海 at 2011年10月24日 12:05
無駄って無いよね。
 移動しなければ見えないもの。
 動くと見えなくなるもの。

 動くと感じるもの
  動かないで聞こえるもの

 心臓の音が聞こえてくる静寂。
  雑踏の中のしずけさ。
Posted by ハブ at 2011年10月24日 21:57
なおさん
今だからではなくて『いつも』で〜す。
同じ(と思ってしまう)毎日のなかに『気づきと発見』がたくさんありますから。

夏海さん
それはありますよね〜。どこぞこは何もなかったという言葉は、聞き捨てならないです笑。
感性を広げて自分ならではの時間を過ごせたら幸せですね。

ハブさん
たった一つの場所にも多角度で楽しめる事がいっぱい詰まっている気がします。

色んな角度から楽しめたらまさしく旅の達人ですね。生き方の達人ですね。
Posted by k at 2011年10月26日 06:52
日本の学校関係者にとって、秋は超多忙の季節です。
文化祭、体育祭、次年度予算・・・アレコレアレコレ

久しぶりにこちらを訪ねました。
溜め込んだ分、読み応えあり!
この読み方もまた楽し。

最近オーストラリア中毒で禁断症状がでています(笑)
何を求めているかというと、青い海でもOZビーフでも
コアラでもカンガルーでもありません。
鳥の声なんです。
森の中に入って、どこからともなく聞こえてくるあの鳥の声。
日本のこの街中にいるはずないのに、聞こえるのです!私には。
ね!禁断症状でしょ(笑)

そろそろAUSの空気を吸わせろ=!と身体が欲してるのでしょうね。
ひとっ飛び、行きたいなぁ。
Posted by 小野母 at 2011年10月26日 10:50
小野母さま
お久しぶりです!お元気ですか?Sちゃんも元気ですか?

日本は催し物の秋。かなりご多忙の様子ですね!僕は文化祭とか行った事が無いので行ってみたいです。

僕も小野母さんと同じく森の体内で、ただただ一人の人間になれるあの瞬間が好きです。

オーストラリアの大地はいつでも優しく向かい受け入れてくれますから。

一段落しましたら是非来て下さいね。

花蓮も待ってます。体調を崩さないように頑張って下さい。
Posted by k at 2011年10月27日 07:18
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
エコガイドの言葉・・・22 マンネリ化防止成分
    コメント(6)