2011年12月09日

B.R.N.P③

STEEPな坂を上る途中でも感動したface19


行かれる方は、早く上がる必要はないから自分たちのペースを大事にしてゆっくりと登って欲しいです。




これが花崗岩質の表面


このような岩質なのでクツの裏にひっかかり登りやすいです。そして横道にそれないように白線が所々書かれていますから、その白線通りに行けば問題無しface29。逆に危ない冒険心に注意です。踏み外したり、横道にそれたら真っ逆さまに転げ落ちる所も多いです。

さてさて第一の坂を上りきり後ろを振り向くと・・・・・・・・





森の蒸気は雲そのものになっていたicon02icon02icon02そして今だ形成中だ。まるでふわふわの雪みたい。オーストラリア大陸最大の花崗岩地帯をユーカリの森が覆い尽くしているのだが、その表面をまた白い水の粒子がお化粧をするように覆い尽くし始めていた。

この景色を目の前にするだけでも最高の幸福感を味わえた。

さぁ進もうfeel14頂上まであと半分。

坂を上がりきるとまたユーカリが森を創っていた。





僕らにはまるで神話世界の神殿への入り口のように見えた。





僕らには想像つかないほど昔の地球の歴史を辿る事の出来る神殿なのだ。

その入り口から中へ進む。。



ものの10分程歩くと・・・何億年という風化のために森林が形成できなくなっていて世界がまた開けた。

深い真緑の世界から、灰色と蒼の世界・・・・・・・





ここから先は似た写真になって申し訳ないのだがご容赦下さい。





先ほど僕らの来た時間帯から形成されていた水蒸気は完全に『雲海』となっていた。





見渡す限りの雲海はまさしく雲の上にいるような感覚だ・・・スプリングブルックでは体験できない。。地球がぼくらに足下以上に遠くを見ろと言っているようだった。この瞬間より前に来ても、この瞬間より後に来ても見れなかった景色。。おそらく完璧に近いタイミングでこの景色に遭遇しているであろう。





続くface29

人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(オーストラリアの国立公園巡り)の記事画像
キャラバンカー楽旅①日本からオーストラリアへ〜
最近のマックは便利だ。。
出張先は自然の中
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
森の番人〜
今ならもれなく探検隊になれる
同じカテゴリー(オーストラリアの国立公園巡り)の記事
 キャラバンカー楽旅①日本からオーストラリアへ〜 (2014-07-30 05:58)
 最近のマックは便利だ。。 (2014-04-08 06:05)
 出張先は自然の中 (2014-04-04 07:20)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 森の番人〜 (2014-03-25 08:01)
 今ならもれなく探検隊になれる (2014-03-23 08:10)
この記事へのコメント
ここは、入り口。

忘れ去られた何かを思い出すための‥。

雲海を渡って行けたなら きっとたどり着く。
大切な何かに。


そんな神秘的な匂いのするところですね。
Posted by なお at 2011年12月09日 08:24
すっっごくきれいですね!!
Posted by 夏海 at 2011年12月09日 11:30
凄い!!写真を見ているだけで吸い込まれそう~。
私、一度雲海を見てみたいってずっと思ってたんですよね~。

冒険はまだ続くのですね!続きも楽しみです。
Posted by eno at 2011年12月09日 21:15
なおさん
その時は勝手に入れるけど、勝手に入ってはいけない雰囲気を感じました。

だからちょっとお辞儀してそれから入りました。


夏海さん
人間は二人だけでした。雰囲気や景色は本当に素晴らしかったです。


enoちゃん
雲海は僕も初めて体験したよ!
3人で初日の富士山に挑戦してみたらどう?報告待ってます♡
Posted by KK at 2011年12月13日 05:23
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
B.R.N.P③
    コメント(4)