2012年01月18日

雨の前触れ

昨日、一昨日とシトシト一日中雨のゴールドコーストでしたicon03icon11

昨日はなんと半日の世界遺産観光なのに3人もヒルに噛まれて血が滴っていましたface02まぁヒルにしたら稼ぎ時に我々が森に入ったんだけど・・face11

先週はずっと蒸し暑かったゴールドコーストの内陸・・南半球最大のカルデラではこんな現象が・・・・






降り注ぐ太陽の下・・・巨大な釜状の地形では水蒸気がうねりをあげて舞い、誕生していました。

『こうなったらもうすぐ雨ですface02

壮大な景色の上空で、ゴールドコーストの雨の源の誕生を目のあたりにしたお客様は感動していました。


オーストラリアは東海岸線に都市が集中しています。それは日本の21倍の大陸なのに東海岸線にしか整った山脈がないからです。。雨が定期的に’創れる’地形が内陸や西には無いからなのです。

普段の生活では雨は『嫌face21』ですが、僕らは生きている以上、環境に生かされているのですね。浴びれる位の水量がある事(・・・・ダムだって・・・・ゴールドコーストの2001年から2006年までのようになってしまったら枯れ果ててしまいます・・・・)に感謝した昨日でした。

飲み水になるくらい・・・綺麗なゴールドコーストの多雨林の雨。

生命の源にいつも行ける事に感謝して・・・・・



人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事画像
ポールさん
バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
森の番人〜
今ならもれなく探検隊になれる
昼間の土ボタルと仲間たち。
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事
 ポールさん (2014-04-30 06:37)
 バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵ (2014-04-21 07:08)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 森の番人〜 (2014-03-25 08:01)
 今ならもれなく探検隊になれる (2014-03-23 08:10)
 昼間の土ボタルと仲間たち。 (2014-03-22 09:18)
この記事へのコメント
ヒルの稼ぎ時ですか…(゜∀゜;ノ)ノ


ナメクジよりもヒルの方が苦手かも(°□°;)


水蒸気がうねりをあげて舞う…まさにそんな写真ですね。

その場にいたら、きっと、ずっとその様子を眺めていたでしょうね。
生きてる。
水も雲も風も太陽も…
その中に私たちがいる。

自ずと感謝の気持ちが湧き上がってきますよね。
Posted by なお at 2012年01月18日 08:12
ゴールドコーストは数日雨が続いているようですね。
雨の源の誕生が見られたなんて、すごいですね!
Posted by 夏海 at 2012年01月18日 10:45
雨季のケアンズですが、少々雨は少ないような気がします。
ケアンズもそうですが、カンカン照りが続くと入道雲がモクモクしてきたり、白かった雲が灰色になって重い感じになってきたら・・・はい、ストームもしくはスコール状態になります。
サンシャインコーストに住んでいたときは、グレーとかミドリの雲がゴジラのテーマとともに向かってくるときって、大雨か雹でしたね。
初めてミドリの雲を見ましたときにはビックリ。
今は熱帯のケアンズなので、雹を見ることがないので、ホッとしてます。
自然の力には驚かされっぱなしです。
Posted by は。 at 2012年01月18日 10:47
なおさん
その数時間後には雨が降ってきました。そして参加者共々しっとり肌になりましたよ〜。行きている限りは環境に生かされていますから、多雨林からの恵みを感じたツアーでした。

夏海さん
ゴールドコーストは降ったり止んだりですが、昨年よりマシです笑

は。さん
ケアンズのスコールはさすが熱帯!っという感じですもんね。
確かに真緑もしくはオレンジは雹ですね!!ひさしく雹は降っていませんが、テニスボール大のものもたまに降ってきますから恐ろしいです。
Posted by k at 2012年01月21日 20:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
雨の前触れ
    コメント(4)