2012年01月21日

enoちゃんのWarrie circuit 17km①

たまーーにブログにもコメントをくれるenoちゃん

知り合ったきっかけは、2010年の夏に’スプリングブルックの奇跡’に参加してくれました。その時のツアー担当がたまたま僕でした。

そしてenoちゃんがゴールドコーストに来たきっかけはNHK番組の’関口知宏のファーストジャパニーズ’を見てスプリングブルックの森に行きたくなったから・・という事です。有り難い有り難い。

でもファーストジャパニーズの番組では僕がどこの会社に属しているかという情報は全くないので、ゴールドコーストに来てから偶然参加したツアーがツインフォールの滝裏まで行くツアーで、偶然担当が僕だったという経緯なわけです。

そんなわけで今回、2010年に続けて2011年の11月にもお友達を連れて帰ってきてくれました。



そして今回は通常のツアーにはない行程・・・・・スプリングブルック国立公園最長のトレッキングコースであるWarrie circuit 17km完歩する事を目的として来豪してきました。




軽く1キロの地点



2010年と比べ、2011年はほどよく雨が降る程度でちょうど良い湿気加減。また、オーストラリアのトレッキングコースは平坦な距離も少なくなく一旦日本の山登りを体験したら、10kmや20kmの距離ならすぐに歩けてしまいます。



まだまだ軽く2キロの地点。シメ殺しのイチジクを横に。



以前、Warrie circuit 17kmを案内したグループは約8時間かかって完歩しました。その時は普段全く歩かないという方々も一緒だったので、無理せずゆっくりと歩きました。が、今回来たenoちゃんご一行は、Warrie circuit 17kmに挑戦する為にトレーニングとして高尾山を選び、そこで鍛えられた体力を作ったそうです。どのように披露してくれるか楽しみでした。




7キロの地点。残り10キロ!






Warrieの意味は『水が集める場所』という先住民族の言葉だそうです。Black fellow fall, Twins fall, Goomerhala fall, Rainbow fallの集まる地点、ここで休憩です。

ん!思ったよりもみんな疲れていない。顔の血色も良い。油断は禁物ですが残り10kmも問題無さそうface01。特にトレッキングコースの距離が長いときは、いかに無事故で帰還させられるかを大事にします。滑って転び捻挫したり、骨を折ってしまったり、毒をもった蛇に噛まれてしまったり。。。想定もしておいた方がいい。



イチジクの樹と一緒に!icon06





Warrie circuitはゴンドワナ多雨林のど真ん中に行ける・・・深い緑の中で神々しい景観が続きます。ユーカリがこの世に登場するずーーーと昔から存在する原生林です。そんな事を想っているだけでも森の中では感じ方が違います。





正直言ってスプリングブルックの奇跡にはみんなに参加して欲しいです。ゴンドワナの森に圧倒されたり、癒されたり、森と人間の関係に感動したりする・・そんな演出も兼ねてエコガイド達が設計したツアーだから、普通にあまり期待しないで参加した参加者もえらく感動して帰られます。





Warrie circuitのトレッキングコースは、距離が距離なのでやっぱり万人向けではありません。ツアーにも元々なないしね。でもだからこそ、少人数だし、自ら自分に挑戦できて、ゴンドワナ多雨林の核心にも挑戦できるから素晴らしいのかなぁっと感じます。もっとこのようにゴールドコーストだからこそ体験したいという挑戦者が増えたらいいね。

ツアーは演出も含めて、お料理で言うとコースメニューを楽しむようなものかな。エコガイドは料理人。

Warrie circuitのコースは、お料理で例えるとBBQかな。エコガイドはサポーターで、参加者が自ら味をつけていく・・自らがゴンドワナ多雨林と作ったストーリーは一生忘れない感動になると想うなぁ。


続くface02


人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(オーストラリアの国立公園巡り)の記事画像
キャラバンカー楽旅①日本からオーストラリアへ〜
最近のマックは便利だ。。
出張先は自然の中
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
森の番人〜
今ならもれなく探検隊になれる
同じカテゴリー(オーストラリアの国立公園巡り)の記事
 キャラバンカー楽旅①日本からオーストラリアへ〜 (2014-07-30 05:58)
 最近のマックは便利だ。。 (2014-04-08 06:05)
 出張先は自然の中 (2014-04-04 07:20)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 森の番人〜 (2014-03-25 08:01)
 今ならもれなく探検隊になれる (2014-03-23 08:10)
この記事へのコメント
凄いタイミングですよ(笑)うれしい~。
今さっきブログ開いた~。
Posted by eno at 2012年01月21日 21:48
素敵な場所ですね☆

森の中にすっぽり包まれている感じ。


森の中のひとという精霊になって、大地を木々を水を風を駆け巡る感じでしょうか。


森の中のオアシスにたどり着いて ふっと森と一体化した感覚になっている。
行ったことないけど、この日記読みながら心は森の中を駈けてました。(*^o^*)
Posted by なお at 2012年01月23日 07:59
いいな~!森!散策^^☆


おいらがKさんのツアーに参加するのはいつのことだろう^^w

やりたいことが多すぎて、ままならない今日この頃です(笑)
Posted by DiceDice at 2012年01月23日 10:59
enoちゃん!
さすがの、タイミングだね。遅れたけど(2ヶ月も)続編も書かさせて下さい。

なおさん
精霊という言葉ピッタリです。哺乳類は昔この森の存在からうまれました。原始林の中で僕らの遺伝子が響きました。

DICEさん
一度行こう!DICEさんはここに来なくてはいけないよ^^。ッと言う事はDICEさん早く来てね!
Posted by KK at 2012年01月27日 05:59
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
enoちゃんのWarrie circuit 17km①
    コメント(4)