2012年02月10日

スプリングブルックの奇跡①

話が前後しますが、家族をツインフォールに連れて行く前に3回程一人で山に行きました。

3日間で500mmの豪雨のあと、トレッキングコースを3キロ弱歩く行程の一日コースのオプショナルツアー’スプリングブルックの奇跡’は催行中止になりましたface08

その為、雨の去ったあとを見計らい安全上の調査に行きました。

もしツアーが催行可能ならば、関係者などに連絡を入れる為に関係者が出勤するまでに把握しておく必要があるべく、朝6時くらいにスプリングブルックに向かいました。普通ならあり得ない早さかも知れませんが、その分、普段ならありえない光景に巡り会える確率も上がるのでウキウキですface02





森はもちろん霧がかかっていて車を降りた瞬間からなんとも言えない心地良い温度と香りと湿気・・・・・・・新鮮そのものicon06

当たり前ですが、トレッキングコースは再開されましたが、この時間帯と前日の豪雨の為か森には誰もおらず貸し切り状態。

いつもの道は霧に覆われ薄暗く鳥のさえずりは、オーケストラかコーラスのように静寂なはずの森に響きます。




ツインフォールの裏にさしかかると初めて分厚い雲のすき間から大陽が・・face29そして雨量の多いときのみ出現する滝にちょうどよく大陽が注ぎ弱冠虹が出てきました。そしてすぐにまた雲がすき間を埋めてしまい大陽の光は消えました。





帰り道、この場所で初めて霧に覆われた森に後光が注ぐ光景に包まれました。



雲動きが活発で、まるでスポットライトのように目紛しく光りさす方向が変わる!!!たまに突っ立っている僕にも光が当たる。うわ、すごい。。っと思っても言葉が出ませんでした。




初めて見る光景によじ登ってくるヒルの存在も忘れてボーーーーーーっとなりました。普段からよく通るコースでも時間帯や条件が異なるだけで見た事のない景色が出現する所も森の魅力ですね。

いつまでもこのままでいて欲しいけど次の瞬間には消えてしまいます。

自分がいるその場所で、その時間を、そして環境を大切に生きるという事。

またこんな光景に巡り会いたいので今日も大切にしようと思います。

続く。



人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事画像
ポールさん
バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
森の番人〜
今ならもれなく探検隊になれる
昼間の土ボタルと仲間たち。
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事
 ポールさん (2014-04-30 06:37)
 バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵ (2014-04-21 07:08)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 森の番人〜 (2014-03-25 08:01)
 今ならもれなく探検隊になれる (2014-03-23 08:10)
 昼間の土ボタルと仲間たち。 (2014-03-22 09:18)
この記事へのコメント
森の歓喜を肌で感じてきましたね。o(^-^)o


ひとが入らない森に入って森の素顔を見たような…

容易に素顔を見せてくれるのは、森に警戒させていないから。
けいちゃんの心が森に開かれているからでしょう。


自分の目で安全を確かめてくるガイドさんがどれくらいいるでしょう。
安全を保証することは最低必要不可欠なことです。
ハザードは仕方がないけれど、リスクは取り除いたり、最小限に抑えることができるからね。

根っからのガイドですね。!(b^ー°)
そういう仕事をしたいものです。
どんな仕事についていてもね。
Posted by なお at 2012年02月10日 06:05
まさに奇跡ですね~!!!
夏海
Posted by ケニー長嶋と仲間達2012ケニー長嶋と仲間達2012 at 2012年02月10日 11:44
なおさん
いつこんな光景になっているのかなと思ってしまいますと、森から離れられなくなってしまいます><

安全最優先させないと、いままで積み上げた物も一瞬でパーになりますからね。危険度を下げて自然と付き合うには、手間は不可欠です。

もちろん、このような時間は僕一人の時間として森と付き合えますから、僕にとってもありがたいのです。

夏海さん
素敵でした。。。。ほんとうに素晴らしかったです。
Posted by KK at 2012年02月14日 05:07
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
スプリングブルックの奇跡①
    コメント(3)