2012年02月23日

京のお茶 『こんにちは 赤ちゃん』

昨年、バイロンベイやニンビンなどにパーマカルチャーの視察や、ACO(Australia Certified Organic)に認定されている農場にお連れしたYさんから素敵なプレゼントが届きました。

世界初の「無施肥無農薬栽培」のお茶、その名も『京のお茶 『こんにちは 赤ちゃん』』

わ〜〜花蓮にぴったりだface01

お茶の名前がなんて可愛いんだろうfeel03





ネットで『小米茶園』と検索したら出てきました。 http://www.koyonechaen.com/

『こんにちは 赤ちゃん』以外にも『新茶 おおきに』『静岡のおちゃ 深むし ほゝえみ』、それから『ありがとう』という名前のお茶もある。

すごく愛情が感じられる優しい名前に僕ら夫婦も人目惚れface19icon06

ホームページを読むと、土に一切、肥料・農薬など施さず土を生かす農法だそうです。
ニンビンのパーマカルチャーのようにほったらかし農法でもなく、減農薬栽培でもなく、有機栽培でもなく、合鴨農法でもなく、無農薬栽培でもない、慣行栽培でもない農法です。。っと書いてあります。企業秘密みたいだね。

また、農薬を使わなくても肥料(堆肥、自然堆肥、緑肥、有機肥料、土の補助肥料、ぼかし肥料、発酵菌酵素、下肥、ふん尿、化学肥料、稲わら、草、油粕、骨粉、生ゴミ再利用など)を与えたりするものですが、全く加えず与えず栽培しているんだとか。

そしてそのお味ですが、驚きました。

苦みがない!!一切のお茶の味と断定するあの苦い味がない。。。。。お茶の香りとコクのある味が優しく強く、苦くはないのでした。

じゃあ、あのお茶の苦みは何だろう。。農薬の味なのかな〜〜〜。

お母さんに溜っていた毒素が子供に影響するように、農薬は特に植物の新芽にも影響するのだろうか。するだろうな。

ここの玉露は、茶樹を1988年から無施肥無農薬栽培に切り替え1997年までの10年間は収穫を行わず、毎年、整枝と除草管理だけを行った茶園で育った茶芽で製造したそうです。しかも肥料を撒いていないので、栽培も促進していないから、お茶として美味しく頂ける茶摘みのタイミングを見極めて収穫しているそうです。

このお茶はすごいです。栽培者の愛情と熱意と忍耐がそのまま優しい味になっているかもしれませんね。

お勧めです。Yさんありがとうございますicon12


人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー()の記事画像
釣りたて!キハダマグロ料理
鰹の塩漬け
宝箱料理の教訓
はいキタ〜牛タン
珍味
鳥皮3キロで$2!!
同じカテゴリー()の記事
 釣りたて!キハダマグロ料理 (2014-03-29 07:02)
 鰹の塩漬け (2014-03-11 05:39)
 宝箱料理の教訓 (2014-01-02 22:49)
 はいキタ〜牛タン (2013-09-13 05:54)
 珍味 (2012-07-28 05:34)
 鳥皮3キロで$2!! (2012-07-25 20:59)
この記事へのコメント
自ずと然り


ですね。

自然農法。
と一口にいってもいろいろあります。
自然農法は有機栽培ではないです。


私がいろいろ調べて行き着いたところは
川口由一さんが実践する 不耕起農法。


大地を愛し、その内なる力を信ずる心。

自然と共生・共存するためには
ひとの側にそんな心が必要だと思います。


その土地に合った、またその人に合った自然農法農法のやり方があるのかもしれませんね。


川口さんも試行錯誤の上で今に行き着いています。


農を農業として成り立たせるためにいろんな試行錯誤があったことでしょうね。

農のあり方が今問われていて、たくさんの若いひと達が取り組み初めています。

そのお茶飲んでみたい。(*^o^*)
Posted by なお at 2012年02月23日 08:33
自然農法の製品が大々的に出回ってきてるのかな??^^


自然農法は大地の力を引き出すことに奥義があるようです☆
土地は本来作物を育てる力をもっている。

自然農法を行うには自然をよく観察し
自然を知ることが必要だと言います!

また、大地の力を正常に戻すために
数年何も手を加えずに、自然なままに放置する必要が
あるようです^^

なので、自然農法ができるようになるまでには
非常に時間がかかると言われてます!


大地の力は人が手を加えることでバランスが崩れて衰える。


力のある土地は何もしなくてもしっかり作物が毎年育つそうです^^
雑草すら抜かないって話を聞きます!

というか、自然農法家の人の中には
雑草なんて植物は存在しないと言う人もいるそうです。
どの植物も当然、名前も特徴もあり、役割もある。

また、食べられるものも多数あるそうです^^
極端な話、毒さえなければ、どんなものでも植物は食べられる!
割とどんな木の葉っぱでもお茶が作れますよ!^^

おいらはオリーブの葉でお茶を作ってみたことがあります!
普通の緑茶みたいな味でした^^☆


雑草を抜く行為は農作物を育てる助けにはなっても
大地の力を高め、再生させるためにはマイナスなんだそうです。



日本では自然農法の本なんかも売ってたりします!



お茶の苦味は何でしょうね?^^

ティーパックの紅茶は早く色を出そうとして
お湯の中で振り振りすると苦味が出ます;;

また、ティーパックをカップに先に入れて、ティーパックに
直接お湯を注いでも苦味が出ます;;;

お茶も入れ方次第で苦味が出るのは間違いないです^^;


ちなみに中国茶は特別苦味の強いお茶以外は
案外苦味のないお茶が多いです^^

むしろ、少し甘みすら感じる☆


七草粥は苦味があり、その苦味が薬のように働いて
一年間にたまった毒素を体から流しだすのだそうです^^

苦味はある種の毒素である場合が多いですが
時として必要な栄養素だったりします☆

漢方及び、漢方薬膳では苦味も大事な要素のひとつで
体調次第では摂取するべき味なんです^^


いずれにしても、苦味を持つものをたくさん食べるのは
あまり好ましくないのかもしれません^^;

苦味を伴う植物のアクも毒だから摂取しないほうがよいと言います。
(植物の防衛能力のひとつだそうです)


なんせ、人間が美味しいと感じない種類の味なわけですから
体が拒否していると考えるのが自然です☆


なかなかおもしろそうなお茶ですね^^

お茶の色はどんな色ですか??
Posted by DiceDice at 2012年02月23日 22:23
なおさん
若い方達が森に帰り、土に帰る。これは森羅万象を名前にしている日本人の遺伝子なのかもしれませんね。土そのものも生命体ですから、一辺通りのやり方ではなく、土よって付き合い方を変えたりはまさに理にかなっていると思います。素晴らしい世界だ。

DICEさん
自ずと然りかぁ。。大地の良さを引き出せる農家が存在する事はすごい事ですね。これはタンニンが本当に少ない・・とうか感じないお茶は初めてでしたよ。お茶の色は普通に緑茶の色でした。
Posted by k at 2012年02月27日 03:52
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
京のお茶 『こんにちは 赤ちゃん』
    コメント(3)