2012年08月05日

愛情





愛情に住む世界や形の違いは関係無し

虫も鳥も動物も爬虫類も、植物もたくさん愛情求めて生まれてくる

全ての生き物のお母さんが安心して住める世界っていいよなぁ




人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(自ずと然り)の記事画像
You tube動画ビジネス活用応用編に行ってきた。
【オースラリアの動物の取り組み】の取材の一コマ。
開催のお知らせ:第23回JESフォーラム『オーストラリアの動物園の取り組み』
オーストラリアファーム体験
カンガルーと住む
シドニーコーチングセミナー6月5日
同じカテゴリー(自ずと然り)の記事
 You tube動画ビジネス活用応用編に行ってきた。 (2014-10-27 07:33)
 【オースラリアの動物の取り組み】の取材の一コマ。 (2014-08-16 06:10)
 開催のお知らせ:第23回JESフォーラム『オーストラリアの動物園の取り組み』 (2014-08-06 10:15)
 オーストラリアファーム体験 (2014-06-10 06:46)
 カンガルーと住む (2014-06-04 06:07)
 シドニーコーチングセミナー6月5日 (2014-05-29 06:05)
この記事へのコメント
母亡き今も、いつも母を、母の愛情を感じています。

子供にとって母というものは、やっぱり特別。

父や兄弟や全ての関わりのかる人々も大切だけど

やっぱり母は特別・・・。
Posted by 小野母 at 2012年08月05日 09:15
そうです。

みんなたくさんの愛情を求めて生まれてくる。

その愛情に応えようとするのが母。


母もまた、子によって母として成長するんです。


子どもが甘えてくることに応えることは甘やかすことではない。


子ども達が求めていないのに、おとなが手を出すことが甘やかしです。


充分に甘えられた子は、しっかりと自立します。
Posted by なお at 2012年08月05日 10:01
お母さんが安心して住める世界って
それは結局、みんなが安心して住める世界のことですよね。
Posted by なお at 2012年08月05日 10:07
小野さん
childhoodが心にじわってしみ出して来ます。

なおさん
ひとだけが優先される仕組みは、いずれ一部の人が優先される社会にすり替わっちゃいますからね。みんなで生きた方が楽しいなと思って。
Posted by k at 2012年08月09日 12:50
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
愛情
    コメント(4)