2010年07月23日

極寒!!冷温帯雨林

うぉおおめっちゃ寒かったです。今日のスプリングブルック!本当に寒かった。


とりわけ標高980mの地点にある冷温帯雨林はたった気温7度でした!!しかも午前11時に森に入って気温7度なんて冷蔵庫と同じ温度ではないですか・・・ゴールドコースト海岸線は、27度が最高気温だったそうです。霧がかかったスプリングブルックの山から、日差しがさんさんと当たるサーファーズパラダイスを見て羨ましかったです。

ビールの入った瓶が落ちていて(ゴミなので回収しました)、ビールの表面が凍ってましたもん。。。



さて・・・・・・靄のなかつきすすむと見えて来るのが『樹齢2000年』とされる『ナンキョクブナ』


このナンキョクブナは約1億7000万年前、ゴンドワナ大陸時代に地続きだった証拠としてオーストラリア大陸、南極大陸、南米大陸でも化石が発掘され、現在でも『タスマニア島』、『ニュージーランド』、南米アンデス山脈の『パタゴニア』など、極寒の地域にみられる樹木だそうです。ちなみにこの地域に分布域を持つ生物を『ゴンドワナ要素』と言われます。

そしてナンキョクブナは一部の熱帯のパプアニューギニアでも見られますが、1600m以上の山脈部限定だそうです。



生きた化石、その存在感は圧倒的です。






寒くないと生きていけない遺伝子の森『冷温帯雨林』。。

この寒さが,この森を育みます。

森は生きている。

そして生かされてる。







森がことばを話せたら なんていうのかな

そんな事を 考えていたら 寒さが気にならなくなった。。。                                         



人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事画像
ポールさん
バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
森の番人〜
今ならもれなく探検隊になれる
昼間の土ボタルと仲間たち。
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事
 ポールさん (2014-04-30 06:37)
 バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵ (2014-04-21 07:08)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 森の番人〜 (2014-03-25 08:01)
 今ならもれなく探検隊になれる (2014-03-23 08:10)
 昼間の土ボタルと仲間たち。 (2014-03-22 09:18)
この記事へのコメント
写真も寒そう~!
ゴールドコーストでも山間部は7度にもなるのですね・・・。
「寒さが森を生かしている」・・・。
自然って偉大です!
Posted by カーニ at 2010年07月23日 17:32
カーニさま
山の南側斜面は特に冷えますね〜〜。南極の方から直産の冷たい風があたり、太陽があたらないからです。昼間で7度なら多分夜は0度いくとおもいます。
この地に出会えて本当によかったとおもいます。
Posted by KK at 2010年07月23日 23:29
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
極寒!!冷温帯雨林
    コメント(2)