2012年10月29日

鹿島アントラーズと世界最大の大仏

朝食後、倒れるように睡眠をとった後は、薬を飲んでから出発の準備。

そして同級生の運転で近くの『鹿島アントラーズ』のスタジアムへ・・・・icon17feel17feel17





この茨城県潮来市の地域だが、約3万人。バイロンベイと同じ位の人口だ。この町の面積はこの町は71.41km²。バイロンベイの面積は566km²だったと思う。それでも人は少なく、蒼い空も綺麗。空気もきれいな場所で気に入った。





辺は車は通るが誰一人歩いておらず、貸し切り状態!


鹿島アントラーズミュージアムに突入!!!ここで歴史を学べる。




鹿島アントラーズのチーム母体は1947年に創設された住友金属工業蹴球団で、1991年のJリーグ加盟時に鹿島アントラーズに改称した。Jリーグ創設時からの加盟チームの一つ。未だにJ2へ降格した事が無く、僕の記憶では読売ヴェルディ(カズ、ラモス、北澤などなど懐かしいね)がだんトツで優勝するであろうと思っていたJリーグ元年。ジーコ,アルシンド、長谷川や本田を中心に大活躍。鮮明に覚えている!!





日本リーグ時代、常勝チームだった読売ヴェルディが世代交代がままならぬまま衰退してくのとは逆に、Jを代表する常勝チームとなった。誰が予想出来たろう。。。face02




鹿島アントラーズが設立出来た事自体当時は『奇跡』だったそうだ。
それを可能にしたのは熱い想いで動く人脈の数々。奇跡は頑張りきらないと発動しない力なんだとパネルを見てジーーンとした。頑張ろうと思った。



常勝チーム鹿島アントラーズは当初(1992)、只単にエンジ色のユニフォームが好きだから、好きだったチーム。

神様ジーコの実兄のエドゥーを筆頭にトニーニョ・セレーゾ(1970年代、『黄金のカルテット』の一人。ブラジル代表で有名な選手だった)なども指揮をとり、レオナルド、現監督のジョルジーニョやビスマルクなどブラジル代表のレジェンドクラスが名を連ねた。





若手育成にも定評があり、2002 FIFAワールドカップで日本代表に秋田豊、鈴木隆行、柳沢敦、中田浩二、小笠原満男、曽ヶ端準などクラブ別では最多の6人が選出された事が記憶に残る。



スタジアムの外にあるジーコ像。。


国内の3大タイトル(Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯)でJリーグ史上最多の15冠(A3チャンピオンズカップ、スルガ銀行チャンピオンシップ、スーパーカップを含めると22冠)を達成。また、それぞれのタイトルにおいて最多優勝回数を誇る。2000年シーズンにJリーグ発足後初の三冠(リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯)を達成。そしてJリーグ3連覇(2007年 - 2009年)を達成している唯一のクラブでもある。

色々な情報やブームが世を騒がせる中、鹿島アントラーズは一環してアジア人枠以外『外国人枠』はブラジル人で統一し、成功を収めている点も勉強になった。



震災後、ドイツで発した内田選手のメッセージ




静まり返ったスタジアム・・・・ひしひしと伝わる緊張感・・・・最高だった。錯覚かもしれないが、ピッチは短いかなと思った。パスワークを重視する現代サッカーには向いているピッチの設計だった。

@@@@@@@@@@@@@

次は宿においてあったパンフレットの中で最も目についた場所へと移動。

一瞬目を疑った。。山道をグネグネ移動中に見えて来たのがこちら。。。。。



浄土真宗東本願寺派本山東本願寺にある牛久阿弥陀大佛。別名牛久大仏!!

うおおおおおおおおぉおおおぉぉぉおおどんだけデカイface30!!孫悟空の世界が頭をよぎった!その巨大さはガンダムの比では無い!あまりにも存在感があり、車内で興奮して大騒ぎface02face30




なんと地上高世界最大の"ブロンズ製"人型建造物であり、ギネスブックには「世界一の大きさのブロンズ製仏像」として登録されている。ギネスブック登録の証明書は大仏像内の5階に展示されていた。





説明パネルには、奈良の大仏(像高14.98m)、アメリカ合衆国ニューヨーク州にある自由の女神像が全高93m(手を掲げた姿勢の像高46.05m)とある。実質的な像高(足元から頭頂までの高さ33.86m)の3倍近くの大きさである。これを創る技術にもおそれいった。。。。





仏像の周辺には、季節事に咲き乱れる植物が植えられていて、いつ来てもゆ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っくりとお花畑につつまれる事が出来るようになっていた。この時期。。。コスモスがたくさん咲き乱れていた。





疲れた身体が癒えていく感覚を覚えた。また格安でお花摘みができるので、ご年配の方々が楽しそうに時を過ごしていた事が印象的だったなぁ。

ちなみに・・・・・・・・・・・・・大仏の真下に立つと・・・・・・・・・・



人間がちいちゃい!!










大仏様の横を通る。本気で見上げるほど大きい。。きっと『こち亀』に登場する神様もこんだけ大いのだろうなぁ。。。

内部にはパネル展示等があり、釈尊や大仏の成り立ちなど歴史や仏教の世界について学ぶ事ができる。釈尊のお骨も展示されていた。




マーブルで作られた入り口





中に入ると・・・・・・・・・・・・・・・・・・


思わぬ世界が広がった。。。。ものすごく演出が効いてる。。




1階:光の世界(Infinite Light and Infinite Life)。。観想の間:浄土の世界を観想する(思い描く)空間。





ここを通り階段で2階へ上がる。宇宙船をイメージした。





階段にはこのようなパネルが。。。香りの演出は無意識に感じるから大事だよね。意識さて『魅せる』部分と無意識な感覚に訴える部分の調和が素晴らしい。花蓮に会いたくなった。




2階:知恩報徳の世界(World of Gratitude and Thanksfulness)
念仏の間:毎週土曜日、ここで法話がある。阿弥陀如来への報恩感謝の気持ちを籠めて写経を行う空間。写経席は77席もある。










3階:蓮華蔵世界(World of the Lotus Sanctuary)
約3,300体の胎内仏に囲まれた金色の世界。「蓮華蔵世界」とは極楽浄土のこと。






4・5階:霊鷲山の間(Room of Mt.Grdhrakuta)
ここには仏舎利(釈尊の遺骨)が安置されていた。




四方に窓があり、東西南北を見渡せる。特に大仏正面には細長い窓が3か所あるのだが覗くと同じ景色が見える。これは角度が違えど真の道はひとつという意味。

圧倒される迫力と金色に満ちた演出にハァ〜〜っとため息face19。怒られてしまうかな???どちらかというとアトラクション的な要素が楽しかったです。拝観した後はうさぎや猪の子供を飼育している場所へ移動/





子供も大人もご年配も、だれでも楽しめる要素がありました。

ちなみに拝観料はミニ動物園もついて・・800円face05

http://www.ushikukankou.com/ushikudaibutsu.htm

次の日から仕事だ。情熱、自然、文化、命に触れエネルギーを充電出来たと思った。その後、池袋まで送ってもらい。。。。

なんとビジネスホテルは、西口の路地ありキャバレーpeople27people21(?)や風俗people08に囲まれた場所だった。。黒い服を着て四方八方に何人も呼び込みが出ている立地。。。face07face07

たった一日でいろんな世界を見たicon10icon10

人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(日本遠征2012)の記事画像
日本の鉄道
日本リメディアルセラピー協会と日本エコツーリズム協会
やっと回復・・
同じカテゴリー(日本遠征2012)の記事
 日本の鉄道 (2012-11-08 04:53)
 日本リメディアルセラピー協会と日本エコツーリズム協会 (2012-10-31 23:49)
 やっと回復・・ (2012-10-26 09:16)
この記事へのコメント
風に揺れているコスモスがいいね♪

癒やされました。


今、子ども達と手話をつけて歌っている歌の3番目に
コスモスの花が出てきます。


…コスモスの花が咲き乱れて、世界中を包むよ…

それと被りました。o(^-^)o


サッカー少年達にはたまらない場所ですね。(^w^)
Posted by なお at 2012年10月29日 11:56
こんなに多くのコスモスを見たのは初めてでした!!
ほんとうに世界がつつまれていた優しい雰囲気だったんですよ。
そし鹿島アントラーズのミュージアムも懐かしくも初めての場所なので楽しかったです。
Posted by KK at 2012年11月01日 06:07
牛久大仏だ!
私も2回行った事ある~。あんまりでっかくて笑っちゃいましたよ。

鹿島神宮には行った??
Posted by eno at 2012年11月05日 22:38
enoちゃん
確かに・・・・おれらも笑っちゃった。。。

あぁ神宮までは時間がなかったんだ〜。次には行きたいな。
Posted by k at 2012年11月08日 04:36
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
鹿島アントラーズと世界最大の大仏
    コメント(4)