2010年07月27日

Canyon Warrie Curcuit 17km

ゴールドコーストのスプリングブルック国立公園最大にして最長のウォーキングトレイル。。ゴンドワナの森は奥へ入れば入る程、樹齢1000年を越える樹木が生い茂り、超大陸時代の景観を残しています。表面的に観光したのでは想像をつかない大原生林。その一部をレポートします。

Canyon Warrie Curcuit 17km






⇧はツイン滝



このWarrie Curcuit では、ツイン滝やブラックフェロー滝、レインボー滝、グームラーラ滝をくぐったり通り抜けて、深い渓谷から流れる水が一か所に集まるオアシスのようなicon12icon12icon12のスポットなのです。

それこそ世界遺産区域としてジュラ紀から続くゴンドワナ多雨林の醍醐味を体験できるんですよface01face01

そしてそんなコースをお客様と共に制覇して来ました!

朝7時から開始したトレッキングは、なんと4時PMに終了。9時間かけて歩いた歩いた。しかも7人のうち半数は歩いた経験ゼロ。。

それでも元自衛隊の幹事さんを筆頭に彼等彼女等は看護士として朝晩フル活動しているそうで、体力は十分。

ゴンドワナ多雨林保護区のトレッキングコースは往復10kmを越えるクラスは道なき道の部分が多い。。だからガイドがつかないと遭難するケースも多く危険なのです。


スタート!サーファーズパラダイスの町は何と晴天です
icon01icon01





滝の正面。道はないので岩をよじ上って進む。みんな必死
face02





歩き始めて3時間後の地点。数々の巨木を見て来ましたが、歩道を外れないで(外れると危険)写真が撮れるポイントでパシャ!ストラングラーフィッグ(樹木)と記念撮影。もうすぐ中間地点。






中間地点。Meeting Waterと呼ばれるアボリジナルの方々の聖地であった場所。4つの滝の水がひとつの川になる所です。






約五時間目の地点。約3か所の川を超え、山を2つ超え、亜熱帯雨林やユーカリ林、温帯雨林を超え、もうすぐゴール。






もちろんみんな疲れている。誰一人愚痴らない。それどころか疲れてるけど「力が湧く」っていう。「感動しっぱなし」って言ってくれる。雨が気持ち良いって言ってくれる。自然はすごいな〜〜っと心から思いながら僕もてくてく歩きました。体感する大切さを感じました。






本当に疲れたなぁ〜〜っと思うとこんな景観が。。。。。。飽きません。一生の思い出になるでしょうね。自然に感謝。







残り30分だ。進んだ分だけ感動がある。そんな風に生きていきたいなと思った。みんなもうなずいていました。













終了!!みんなほとんど雨具を使わないで歩いていました。時にヒルと戦いながら。。この雨や霧は森そのものの水分。後にお肌もすべすべになるくらい超天然のモイスチャーなのです。おつかれまさでした。よくがんばったね!face01face01face01





人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事画像
ポールさん
バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
森の番人〜
今ならもれなく探検隊になれる
昼間の土ボタルと仲間たち。
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事
 ポールさん (2014-04-30 06:37)
 バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵ (2014-04-21 07:08)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 森の番人〜 (2014-03-25 08:01)
 今ならもれなく探検隊になれる (2014-03-23 08:10)
 昼間の土ボタルと仲間たち。 (2014-03-22 09:18)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
Canyon Warrie Curcuit 17km
    コメント(0)