2010年08月04日

世界遺産エコツアー『スプリングブルックの奇跡』

Kは、、

実際どんな仕事(ツアー)をしているの?どこでブログに載せる写真を撮ってるの?っという質問もありましたので、少し紹介させて頂きます。。
僕のフィールドになるのがゴールドコーストの山脈部にある、「スプリングブルック国立公園」「ラミントン国立公園」です。この両国立公園は、『ゴンドワナ多雨林保護区』という名称で1994年、ユネスコ世界遺産に認定を受けていますface01face01
所属しているガイド会社(バス屋)はクレストツアーズという所です。その会社主催の『スプリングブルックの奇跡』ツアーを担当しながら、ポチョポチョと写真を撮って来ます。、、

僕のフィールドである「ゴンドワナ多雨林保護区」は、世界で唯一、「亜熱帯雨林」「冷温帯雨林」「温帯雨林」「乾燥帯雨林」4種類の多雨林が残っている大切な場所なんだって。そして「ユーカリ林」を含めたら5種類の森林(植物相)が存在する。難しいでしょう。。5種類の植物相だからなに?って感じになりますでしょうか。興味を持ちづらいかもしれない。

専門的な生態系ので、より分かりやすく、より楽しめるように、このツアーは3つのコンセプトで構成されています。。①ユネスコ世界遺産のなかで②自然体験を通して③エコツーリズム・オーストラリア認定エコガイドが楽しませる。



ガイドや/旅行業者の仕事の本質って何だろう・・・・・・・ガイドの仕事って道案内じゃないんだよね。ガイドの仕事とは、土地のファンを増やす事。その土地のリピーターを増やす事なのです。感動を創る仕事でもあるし、人の幸福度を上げる仕事なんだ。観光を感幸にする仕事です。「見せる」ではなく「魅せる」事が大事だ。face02。感動はリピーターを増やす。逆であればどんなに素晴らしい海や森があってもリピーターは来なくなるface10。だから1回1回のお仕事が次回のお仕事の為の種まきでもあるのです。それには、旅行業者、自治体、地元民、含めて素晴らしいガイド育成の為の土台とならなければ意味がないのですね。


では、どうぞゆっくりと楽しんで下さい『スプリングブルックの奇跡』バーチャルエコツアー

①カ所目 パーリングブルック滝
植物相:亜熱帯雨林/ユーカリ林
パーリングブルックフォール展望台に到着して、まずは「森の声」を聴く。。。森の香り、水の在り処、鳥の声、など普段意識しない「視覚」意外の感覚を養って、いざ森へ。。。みなさまもやってみてね。約3分目を閉じてたたずんで「音」を聞いてみて下さい。



⇧フィールドトレーニング中の写真。この人たちは全員「EAのエコガイド」を保持している。クレストでは、ガイド30名中、このツアーを担当できるのは6人のみ。査定官の立場からみても、この人たちは「サービス」「ガイド術」「販売」の力が高い。


いざ!往復200mの散歩道。。もう「聴く力」が強くなってるから、森の鼓動がバンバン伝わって来るよ。そして、、、



森を抜けた瞬間。。。。絶壁が、、そしてこの景色!face06


②カ所目 フォレスト・オブ・ドリーム

植物相:亜熱帯雨林

場所は変わって「野鳥の餌付け」。これは楽しいよ。鳥が苦手な人もいるけど、わぁ〜〜きゃぁ〜〜言いながら盛り上がりますね。

キングパロット(和名:キンショウジョウインコ)

⇩クリムゾンロゼラ(和名:アカクサインコ)




餌付けの様子。ここでは、餌付けが認可されている旨を伝えてから、餌付けをしすぎると起こりうる問題を説明。責任をもってから楽しむ事の大切さを考えて頂きます。


③か所目 ベスト・オブ・オール

植物相:冷温帯雨林

標高980m。。だけど時により1300m級の冷え込みになります。。ゴールドコースト最高峰「BEST OF ALL LOOKOUT」..ここはゴールドコーストでもっとも冷え込む場所。夜は氷点下まで下がり、今の時期は日中でも10度前後の地域。なにしろ植物の相が「冷たい温度の雨の林」ですからね。タスマニア島などに行かないと体験できない森なんだ。その証拠にジャン⇩



樹齢2000年のナンキョクブナ。。かつてオーストラリアと南極が一つだった証拠となる樹木。この場所が、冷温帯雨林の最北限なのだ。さ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜む〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い。。。。face07


その極寒の森を突き抜けると、、、⇩絶景!!!!!「南半球最大のカルデラ」




④カ所目 プチエコ教室
12時のランチの前に「プチエコ教室」開催。エコって何だ?から始まるプチエコセミナーですicon22




・・・・ランチ後・・・・


⑤か所目 ツインフォール 3km ウォーク

ここはすごいぞ!たった往復3km①でユーカリ林と②亜熱帯雨林と③裏見の滝が体験できるのですから。

オーストラリア大陸を起源とするコアラの森「ユーカリ林」





ユーカリの香りを探す





そしてスタートから歩いて15分後、、、⇩ゴンドワナの森が見えてくる


1億7000万年前のジュラ紀、ゴンドワナ大陸を起源とする森「亜熱帯雨林」






スタートから40分後、、見えて来たツインフォール




滝の表⇩しぶきが最高






この瞬間がわくわく






滝の裏⇩癒し度数MAX!!face08





っとまぁ日常の景色をみつくろってみました。いかがでしたか?楽しんで頂けたら嬉しいです。森もハッピーだと思いますface02face02face01


人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事画像
ポールさん
バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
森の番人〜
今ならもれなく探検隊になれる
昼間の土ボタルと仲間たち。
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事
 ポールさん (2014-04-30 06:37)
 バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵ (2014-04-21 07:08)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 森の番人〜 (2014-03-25 08:01)
 今ならもれなく探検隊になれる (2014-03-23 08:10)
 昼間の土ボタルと仲間たち。 (2014-03-22 09:18)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
世界遺産エコツアー『スプリングブルックの奇跡』
    コメント(0)