2013年10月10日

森のルビー

透き通るほど真っ白く背の高い木の落としもの


落ちていたのは、そら豆ほどの大きさの樹液のルビー。


これはブルーマウンテンアッシュというユーカリの木の樹液。見つけたのはゴールドコーストのスプリングブッルク国立公園標高700mの地点。

ブルーマウンテンアッシュというとシドニーのブルーマウンテンを多い浮かべる。そのまんまブルーマウンテンにちなんでいる。ブルーマウンテンで名付けられたからだ。

だけどオーストラリアの東海岸線山岳部にの600 から1,200 mそして年間雨量 900 から 1400 ミリの場所にの間にはたくさん生えている。

赤いのはタンニンという赤ワインで知られる成分。

食べてみたけど苦い苦いface27

森を歩いているとたまにこんな宝石に出会えるものです。





人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事画像
ポールさん
バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
森の番人〜
今ならもれなく探検隊になれる
昼間の土ボタルと仲間たち。
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事
 ポールさん (2014-04-30 06:37)
 バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵ (2014-04-21 07:08)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 森の番人〜 (2014-03-25 08:01)
 今ならもれなく探検隊になれる (2014-03-23 08:10)
 昼間の土ボタルと仲間たち。 (2014-03-22 09:18)
この記事へのコメント
樹液って落っこちてるものなんだ。
樹にくっついてる樹液しか見たことないよ、しかも茶色。
密度が高くて重いのかな。

樹液、食べたことないけど甘いものだと思い込んでいた。

赤い色はこの樹が持っている成分の色?
花や実と同じく食べてもらう為につけた色?

樹液を食べてもらってこの樹はどんな利益があるのかな?
どう循環するのかな…

まだ見ぬ不思議に出会うと興味がどんどん広がるね。

ゆっくりと心ゆくまで見つめる旅がしてみたい。
変な表現だけど、じっくりと森のいろいろを見つめてみたいんだ、今。
Posted by なお at 2013年10月10日 08:55
なおさん
木が斜めだったんじゃないかな??
僕も樹液は茶色だと思っていましたけど真っ赤なんです。このユーカリの樹液は血のような真っ赤なので気持ち悪いくらいですよ笑

森を見つめるたいという事は、森羅万象の真理を見つめたいという潜在意識があるのかもしれませんね。
Posted by KK at 2013年10月13日 17:11
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
森のルビー
    コメント(2)