2013年10月11日

クジラウォッチング最高の時期

昨日はバイロンベイに行ったのですが、見渡す海でザトウクジラがブリーチングと言って巨体を空に舞い上がらせていました。20頭以上は見たんじゃなかろうか。今はクジラウォッチング最高の時期ではないだろうか!!!


バイロン岬の湾。そこは南極から北上してきたザトウクジラ達の休憩所であり、出産する神聖な湾なのです。我が物顔であらゆる土地を自分のモノとする人間が登場する遠い昔。。。数千万年前から、海洋生物たちはこの湾を聖地としてきたのです。

とりわけ南極が寒さを増すシーズン。地球上最大種のほ乳類たちは南極から5000km以上も離れたこの湾を出産区域に選びました。

大きな湾は速い潮の流れをせき止め、生まれたばかりの赤ちゃんクジラや年老いたクジラ、傷ついたクジラを包み込みます。この湾で英気を養ったクジラは、南に流れる潮に乗り、また南極へと帰っていきます。

1940年代から始まった捕鯨の津波は、静かだったこの湾をも飲み込みました。

自然とクジラが集まる湾は瞬く間に捕鯨の中心地と化しました。ブラバーと言うクジラ特有の脂肪分を人間が狙い、大量のザトウクジラの死体があげられました。当時の資料では10m以内のコクジラは捕鯨を見逃されたようです。ですがザトウクジラの寿命はおよそ80年とされます。当時、親を殺されたクジラが大きく立派になり今日もこの湾を通っているのだろうかなと、ふと思う時があります。

石油化学の発達とともに時代はブラバーを必要としなくなりました。もしその発達がなければ恐らく否応無しに捕鯨は続いたのではないかな。

時代は流れてクジラは捕鯨から保護へ。捕鯨資源から観光資源へ変わりました。

バイロン湾はボートやクルーザー、ジェットスキーの乗り入れも禁止。ゴールドコーストでは豪華に見えるボートやクルーザー、ジェットスキーもバイロンの湾に浮いていると異様で邪魔なものに見えるから不思議です。

オーストラリアや世界中で大人気のツアーであるクジラウォッチングのクルーズやイルカへの餌付けなどもバイロンの湾一切禁止しています。


バイロンの湾ではザトウクジラは観光資源でもない。クルーザーが猛スピードで近づいてきて、間近で観光の為に人間に監視される事も無い。乱暴な言い方かも知れないけど、時にクルーザーは狂ったようにザトウクジラを追う事があります。もちろん法律は厳しく、100m以内には近づいてはいけないし、逆にザトウクジラから船に近づく事が多いです。クジラも友好的です。だけど近づいてほしくない時だってあると思うな。


バイロンの岬では毎日、ザトウクジラの数、大きさ、などが数えられて岬に来る観光者はある程度、情報は見れるようになっていますが、あくまでも岬から人間は見ているだけ。ただただ地球に生きる同じ生命体として尊重されているのです。

暖かく、海も砂も綺麗で住みやすい場所は人が人の環境を作ります。だけどバイロン市はそうさせない。トップの人間にはきっと莫大な金額になる開発オファーがたくさんあると思う。だけどバイロンに住んでいる人がそうさせない。世界にひとつはそんな場所があっても良いと思う。

そんな優しいバイロンが好きです。




人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(LOHASバイロンベイ)の記事画像
やっぱバイロンだよ
今日はバイロンベイだ!
ハローを探す
Tropical Fruits World 旬の果物☆
アボカド4兄弟
バイロン岬〜毒蛇に注意〜
同じカテゴリー(LOHASバイロンベイ)の記事
 やっぱバイロンだよ (2014-04-26 07:28)
 今日はバイロンベイだ! (2014-04-24 05:44)
 ハローを探す (2014-02-21 05:56)
 Tropical Fruits World 旬の果物☆ (2013-11-27 07:35)
 アボカド4兄弟 (2013-11-06 06:22)
 バイロン岬〜毒蛇に注意〜 (2013-10-31 05:39)
この記事へのコメント
こんにちは。
旦那君が来週1日だけバイロンに行くことになり、クジラ見れるのを楽しみにしています。クジラが見やすい時間帯とかはあるんですか?
わたしは、バイロンベイには1回しか行ったことないけど、海も空も、きらきらして、すごく素敵なところだったなー。
Posted by カオリ*カオリ* at 2013年10月11日 20:59
かおりさん
はい!朝日の出てくる時間帯か荒れてる日中の海がいいですよ。
Posted by KK at 2013年10月13日 17:14
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
クジラウォッチング最高の時期
    コメント(2)