2013年11月09日

巨大トカゲ ゴアナ登場

景色も素敵だけど、森のさえずりや香りも素晴らしいけれど、やっぱり生き物との遭遇はドキドキわくわくします。

暑ーーーい夏の訪れ。

今年はジャカランダもポインシアナも咲くのが1ヶ月以上早かったです。


そしてこれから夏の主役と言えば。。。スプリングブッルク国立公園ではこの子。世界最大のオオトカゲで人も襲われてしまうほど大きいコモドドラゴンの近縁種ゴアナ!!




レースモニターもしくはゴアナと言われています。名前のモニターとは追跡者という意味です。蛇のように獲物の温度を感知してエサになる小動物を地を這うようにゆっくりと追跡します。開拓時代、オーストラリア中にいるこのオオトカゲを見た入植者はイグアナ(Iguana)の仲間と思ったそうです。それがなまり現在のゴアナ(GOANNA)という言葉に変化したと言われています。

舌は途中­から二股に分かれるタイプのトカゲでオーストラリアには25種類います。スプリングブ­ッルク国立公園にもよく出没。でもねゴアナはとても優しいんです。この日は1m30cmくらいの子がでてきました。

「まだあどけない可愛い子ですね」っというと参加者から驚きの声が。。。思わずシーっとジェスチャーface06

確かに。。。慣れていないと遠くからチョロチョロと割れた舌をチラつかせてノシノシと歩いてきたら怖いわな。。。


スプリングブッルク国立公園でBBQの設備を使い(決められた合法エリア)をしていると肉を狙って「ワライカワセミ」「マッグパイ」「キャラワン」などが肉を狙いジーーーーーーーーーーーーーーーーーっと見てます。その視線が嫌です笑。そしてこのオオトカゲも距離を保ち様子をうかがいにでてきます。

慣れているオーストラリア人はこのオオトカゲが近づいても全く相手にしていません。それよりも飛行する鳥に気をつけないと肉を一瞬で取られて泣く思いをしますよ。

近づかない。脅さない。えさを与えない。生態系に影響することを考えながら自然を大切にしたいですね。ちなみにこの動画はゴアナの方から近寄ってきたので撮りました。 



人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事画像
ポールさん
バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
森の番人〜
今ならもれなく探検隊になれる
昼間の土ボタルと仲間たち。
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事
 ポールさん (2014-04-30 06:37)
 バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵ (2014-04-21 07:08)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 森の番人〜 (2014-03-25 08:01)
 今ならもれなく探検隊になれる (2014-03-23 08:10)
 昼間の土ボタルと仲間たち。 (2014-03-22 09:18)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
巨大トカゲ ゴアナ登場
    コメント(0)