2014年01月02日

宝箱料理の教訓

新年明けましておめでとうございます。

正直に言うと新年ですがめでたい気分ではなく、やりたい事がやりきれなかった年でした。大事な人たちを亡くした年でもありました。しかも濡れ衣でオーストラリアのブラックリストにのせられてしまい店舗を借りたり、携帯を新規契約したり、ローンを組んだりなどができません。裁判で無実を主張しようとしているのですが警察もダラダラとして無実の証拠がそろっているのに動いてくれない。だからかな。。。気持ちが乗らない。。。

うだうだする僕に妻が作ってくれたもの。。。

おせちですface19

この節目の儀式であるお節は有り難かったです。少し元気になりました。ひとつひとつの料理に深い意味がある。新年を迎えるのにとても大切な気持ちを持てるのですよね。お節料理は教訓の宝箱だと思います。

僕はエコガイド=生態系を考えた行動をとるガイドさん。。をしていますから自然の中から得る情報や自然からのメッセージを自分の感性や知識、経験に照らし合わせて参加者に説明して伝えます。

ただ単にこれは何とかの樹ですよっというのではなく、由来やその樹木が生きてきた環境も説明し分かりやすく伝えるようにします。そして人間が生きる上で大切な哲学も感じ取れれば自然と言葉になって出てくるんです。

自然が遊び場で先生で師匠で友達。。そして恐れる存在なんですね。

リメディアルマッサージも同じですね。たとえば腰痛や肩こり。。そこは結果なのでその部分だけを押したりしても絶対に治らない。身体から発するメッセージを感じ取り原因を探る事が大切です。見えるものの裏にある存在を感じ取る。。その点ではエコガイドとリメディアルマッサージセラピーには共通点がありますね。

そんな仕事柄、一品一品に意味のあるおせちは僕の中で大きくなりました。

妻が説明してくれたお節という宝箱のメッセージを心に刻んで前進したいと思います。





黒豆
「まめ(真面目)に働き、まめ(健康)に暮らせる」ようにとの意味があります。黒には魔除けの意味もあるそうです。


きんとん
「栗金団」という字と色から財産、今年も富を得れるようにとの意味が込められています。栗が無いので妻はサツマイモにミルクを足して優しい味を作ってくれた。


だて巻き
江戸時代、長崎から江戸に伝わった「カステラ蒲鉾」が、伊達者(シャレ者)たちの着物に似ていたので伊達巻と呼ばれるようになったようです。また、昔は大事な文書や絵は巻物にしていたので、おせち料理には巻いた料理が多くあります。

海老
長寿の願いを込めて入れています。腰が曲がるまで長生き出来ますようにとのことです。





昆布巻き
「よろこぶ」の語呂合わせから入れられるようになりました。





完全なお重箱ではありませんが、なれないオーストラリアで頑張って作ってくれた妻に感謝。

今年は「継続をする」がテーマです!よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(自ずと然り)の記事画像
You tube動画ビジネス活用応用編に行ってきた。
【オースラリアの動物の取り組み】の取材の一コマ。
開催のお知らせ:第23回JESフォーラム『オーストラリアの動物園の取り組み』
オーストラリアファーム体験
カンガルーと住む
シドニーコーチングセミナー6月5日
同じカテゴリー(自ずと然り)の記事
 You tube動画ビジネス活用応用編に行ってきた。 (2014-10-27 07:33)
 【オースラリアの動物の取り組み】の取材の一コマ。 (2014-08-16 06:10)
 開催のお知らせ:第23回JESフォーラム『オーストラリアの動物園の取り組み』 (2014-08-06 10:15)
 オーストラリアファーム体験 (2014-06-10 06:46)
 カンガルーと住む (2014-06-04 06:07)
 シドニーコーチングセミナー6月5日 (2014-05-29 06:05)
この記事へのコメント
初めて書き込みをさせてもらいます。
年末にゴールドコーストに旅行し、バイロンベイの観光や翌日送迎をしてもらった方向音痴のオオノです。 その節は大変お世話になりました。
初めてのゴールドコーストが楽しく、戻ってからネットを見ているうちにこのブログを見つけました。
 
藤井さんの豊富な知識や話術に感動していましたが、このブログでの写真にも感動。
なかなか自由には行けない身ですが、ぜひまた行ってみたいと改めて思いました。
その時には、ぜひ藤井さんのツアーに参加したいものです。

お忙しいと思いますが、お体に気を付けご活躍ください。
Posted by kumi at 2014年01月03日 14:16
新年明けましておめでとうございます。

こちらのブログにコメントさせていただくのは初めてです。

奥様のお心遣い、素敵ですね。私も人の妻として、夫への心遣いを見直すきっかけとなりました。

ここ3年ほど、日本でのお正月にはご無沙汰していて、日本の友達がFacebookに投稿するおせち料理やお雑煮を見て、まさかのホームシック気味でしたが、気を取り直して、来年は暑さを言い訳にせず、自分で作ってみようかな、なんて思った次第です。

今後共どうぞ宜しくお願いいたします。
Posted by Kayo RosmarinusKayo Rosmarinus at 2014年01月03日 19:36
おおのさ〜〜ん。
明けましておめでとうございます!
年末最後のバイロンベイツアーに一緒に行けて嬉しかったです。
ぜひまたゴールドコーストに遊びにいらしてくださいね。
これからもブログにオーストラリアをシェアしていきますのでブログにも来てください。

たかぎさんにもよろしくお願いします。またお会いできる日を楽しみにしております。


かよさん
ぜひぜひ〜〜。一緒に作りましょう〜〜〜。僕は味見係ね。
糠がなかった時代はビールにパンを入れてきゅうりを漬けていました。ぬか漬けの味になるんですww
今年もよろしくお願いします!
Posted by KK at 2014年01月04日 04:34
お返事ありがとうございました。

ブログの内容と違うコメントで申し訳ないのですが(最初もそうでしたね・ごめんなさい)、許可をもらってからと思って。

自分でもブログを作っているのですが、今旅行の記録を書いています。
その中にこのブログのリンクを張ってもいいでしょうか?
自分では撮れないオーストラリアも見てもらいたいなと思っています。

 http://blog.goo.ne.jp/da-kumi114 に載せるつもりです。

 (一度書き込んだのですが、反映されなかったみたいなので再度投稿します。ダブっていたら消してください)
Posted by kumi at 2014年01月04日 17:52
おおのさん
もちろんです〜〜〜。ブログ楽しみにしていますね!よろしくお願いいたします。
Posted by KK at 2014年01月06日 06:54
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
宝箱料理の教訓
    コメント(5)