2014年03月22日

昼間の土ボタルと仲間たち。

雨が降りそうな日中・・・森へ入ると良い香りがする。それが好き。

で、、、土壁を見るとせっせと土ボタルが夜の補食時に必要な罠を仕掛け始めてた。

通称フィッシングライン・・・釣り糸という意味ですね。

土ボタルのお尻の発光器官からポッと明かりが灯る。

走光性のある双翅目たちが光を目指します。

あっというまに土ボタルの罠にかかると、、、、揺れている釣り糸をたぐり寄せて土ボタルは虫を食べる。そうです。その名の通り土ボタルは釣りをするように虫をとるんです。


ほら・・フィッシングラインです



お次は鹿!!




じゃなくて鹿の角のような葉を持つEilk hornというシダ。ウラボシ科の胞子植物です。その植物の葉っぱが鹿の角みたい。。。

そしてツアーで最後にみかけたのがこちら。

アガマ科のウォータードラゴン君




保護色化しているつもりでも・・・・足元にいました。見えてるよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜笑。見つかって・・・・・ちらっとこっちを見ていますよね。。。可愛い。そう〜〜〜〜〜っとその場を後にしました。



もう少しで陽が出てきそうでした。草の絨毯は柔らかくてフサフサ。。。。苔が大好きです。



人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事画像
ポールさん
バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵
必見です。ユーカリの界面活性剤!!
森の番人〜
今ならもれなく探検隊になれる
樹齢1500年のユーカリの樹
同じカテゴリー(ゴンドワナ多雨林の世界)の記事
 ポールさん (2014-04-30 06:37)
 バーチャルエコツアー 「第4回 気弱なオオトカゲ出現!!その⑵ (2014-04-21 07:08)
 必見です。ユーカリの界面活性剤!! (2014-03-27 05:08)
 森の番人〜 (2014-03-25 08:01)
 今ならもれなく探検隊になれる (2014-03-23 08:10)
 樹齢1500年のユーカリの樹 (2014-03-18 05:46)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
昼間の土ボタルと仲間たち。
    コメント(0)