2014年09月09日

9月9日の記事

バーチャルエコツアーin いわき2014
【オーストラリアの動物園の取り組み】【スプリブルックの奇跡】をインタープリテーションします。



おとなの参加者にお配りするカランビン野生動物保護区のエコバッグ。。

カランビン野生動物保護区も賛同してくれて激安で150枚エコバッグを購入できました。お、お、お、重い・・責任も重い笑

ここで買う物は諸経費を引いてコアラ保護や飼育、野生動物病院の運営費にまわされるんだ。だからカランビン野生動物保護区が無料で提供しますって言ってもエコバッグ代は払うつもりだった。実際にはディスカウント価格でゆずってくれましたww

今後、オーストラリア政府観光局などが絡んで大きなイベントいなれば無料で提供できる可能性もあるって言われたけど、今後もカランビン野生動物保護区の力が必要なときはお代を払うつもりです。その分、コアラ保護や飼育、野生動物病院の運営費にあてて欲しい。

オーストラリアといわき。カランビン動物保護区といわき田んぼプロジェクト。繋がればきっと新らしい動きが出る!

バーチャルエコツアーin いわき2014 今週末です。
エコツーリズム先進国オーストラリアの「エコツアー」を五感を使ってバーチャル体験しよう。

【内容】
エコツーリズムオーストラリア認定エコガイドでありアロマセラピストでもある藤井式バーチャルエコツアー。あっというまに会場はオーストラリア。大自然をみんなの五感を使ってバーチャルに体験しながら楽しめる。

[1]アロマテラピーで太古の森を会場に再現!!「世界自然遺産スプリブルックの奇跡」(45分間)
1007物件を数える世界遺産の中で唯一超大陸時代の‘ゴンドワナ’を冠するのが世界自然遺産【ゴンドワナ多雨林地域】。バーチャルエコツアーの舞台はその一部でありオースラリアのゴールドコーストに位置するスプングブルック国立公園。亜熱帯雨林、冷温対雨林、乾燥帯雨林、温帯雨林など恐竜時代に繁栄した世界が残り、オースラリアの固有であるユーカリの森も存在する。たった一つの国立公園に人が植えたわけでもなく現代からジュラ紀に繁栄した森がそびえる。なぜコアラ、カンガルーなどの有袋類がオースラリアに存在するのか。なぜ800種類を越えるユーカリがオーストラリア全土に分布するのか。時の扉を開ける鍵の言葉‘GONDWANA’。その秘密が明らかになる。

[2]「オースラリアの動物園の取り組み」(45分間)
国土日本の約21倍、人口約2200万人のオーストラリアにはおよそ76を越える動物園ないし野生動物保護区があります。そのほとんどは、近辺に住んでいる固有種を治療する動物病院も兼ねています。普通の観光地としていく動物園でも珍しい動物をただ集めて見せているわけではありません。普段全く語られる事の無いオーストラリアの固有種を守る人たちの取り組みや裏舞台を紹介します。知られざる影の功労者たちの働きや環境のための取り組みに動いている方々の話には、感銘を受けることでしょう。またコアラやカンガルー、ウォンバット、エミューなどの可愛らしい有袋類たちの世界をお見せします。


【予約制】


2014.9/14 sun
open17:30 / start 18:00 (約120分)

会場/いわき産業創造館
( 福島県いわき市平田町120 ラトブ6F/いわき駅前)
参加費/大人500円 (中学生以下/無料)
定員/100名

【予約方法】氏名、参加人数、連絡先をご記入の上、下記までメールを送信してください。
cocoencocoen@gmail.com
[問] 080-6040-8583(大堀)

※ボランティアも大募集!!!興味のある方はメールかお電話にて。

主催/Choose LOHAS Australia
事務局/cocoen 
協力/やびな市・大堀功美子(オーガニックコンシェルジュ)


こちらもよろしく!! 9月12日 第23回JESフォーラム『オーストラリアの動物園の取り組み』  http://ecotourguidekei.go-jin.com/e54405.html

人気ブログランキングへ
東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
9月9日の記事
    コメント(0)